別れさせ屋

別れさせ屋の工作手順や接触方法が知りたい!

何としても別れさせたい人がいる。自分の力ではどうにもできないそんなときには、別れさせ屋の出番です。

入念なリサーチ、下準備のもと工作を行う別れさせ屋に利用することで、ターゲットの関係にヒビを入れて別れへと導くことができます。

そんな別れさせ屋ですが、いざ利用するとなるとどのような工作や手順で行われるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、そんな別れさせ屋への依頼から実際に接触し工作を実行するまでの流れについて解説します。

別れさせ屋は「別れ」のプロフェッショナル

別れさせ屋とは、読んで字のごとくカップルや夫婦の別れを成立させることを生業としており、別れに関するプロフェッショナルです。

元々愛し合っていて一緒にいることを選んだ二人だとしても、どちらか片方の気持ちが離れていくことはありますし、あるいは思いを寄せる第三者がいて、パートナーと別れて欲しいと強く願うこともあるでしょう。

結婚でも交際でも一緒にいることを選ぶことは簡単なのに、いざ別れるとなると厄介なものです。別れるという選択をするためにはお互いの思いが同じでなければならないからこそ、なかなか別れられないケースも少なくありません。

別れさせ屋は、自分の力ではどうすることもできない、あるいはできるだけスムーズに別れたい方に心強い存在です。

別れさせ屋への相談の流れ

別れさせ屋の手を借りたい!でも、何も知らないままではなかなか依頼に踏み切ることができないと思います。

気になる点はいろいろある中で、まず第一歩としてどのような形で相談するのか気になるでしょう。

いくら別れのプロである別れさせ屋でも、別れさせたい旨だけ伝えてだれでも別れさせられるわけではありません。実施の工作に入る前には、誰を別れさせたいのか、現在どのような状況なのか、別れさせることは可能かどうかなど相談して決めていく必要があります。

そこでまずは、別れさせ屋に相談する流れからご紹介していきます。

話を聞き、可能性を見極める

別れさせ屋に相談する際には、誰を別れさせたいのか(ターゲット)や、現在の状況(夫婦やカップルの関係性や依頼者との距離感など)、可能であれば別れさせたい理由など別れに関する全体像を相談し、話を聞いて別れさせ屋側が別れさせることが可能なのか、あるいは不可能なのかを判断します。

例えば、依頼者とターゲットが現在不倫関係にあり、ターゲットの夫婦関係が既に破綻している状態なのであれば別れさせることは可能と判断されますし、反対に依頼者がターゲットに片思いしていたり、怨恨から円満である二人を引き裂くことを望んでいるのであればあまりに可能性が低く、困難と判断されます。

全体像を相談した上で、まずは実際の工作に進むことが可能なのかを判断することが、別れさせ屋への依頼のスタートラインとなります。

可能と判断された場合には、最終目的を決める

別れさえ屋に概要を相談し、別れさせることが可能と判断された場合には、最終目標となるものを決めていきます。

ただ単に別れさせたいだけケースもありますし、別れさせた後にターゲットと接近したい、あるいは初めから略奪婚がしたいと思っているのかなど、依頼者が求める最終目標によって工作の進め方が異なります。

そのため、依頼者が別れさせて最終的にどうするかを決めた上で具体的な工作内容を決めていくのが一般的です。

工作がスタートしてターゲットと接近すると、ゴール地点を変更することが難しくなるのであらかじめ意志を固めておく必要があります。

期間と料金を決め、契約成立

別れさせ屋のゴールは別れさせることですが、状況や関係性などによってゴールに至るまでの期間や難易度は同じではありません。

別れさせ屋の料金は別れまでに要する期間や工作の内容によって異なるため、それほど難しくなく期間や料金もかからないケースもありますが、複雑なケースであれば期間も工作員の動員数も多くなります。

どれだけ期間やお金がかかっても良いから別れさせて欲しいという場合であれば即時契約となりますが、やはりあまりに期間や料金がかかってしまうと精神的にも経済的にも負担となります。その上、いくら工作を続けていても必ずしも別れさせることができると確約を得ることはできません。

そのため、契約前にどのくらい可能なのかという期間や予算をあらかじめ決めてから契約となります。

別れさせ屋が行う工作手順

別れさせ屋と契約をしたら、いよいよ実際にどのような工作で練るのか具体的に決めていきます。

工作の外枠は依頼者の希望を聞く場合もありますし、別れさせ屋が進めやすい方法となる場合もあります。万が一、『このような形で進めたい』という要望があれば、あらかじめ相談しておくようにしましょう。

具体的な工作内容はそれぞれ異なりますが、流れ自体は同じ要領となります。

では別れさせ屋の工作はどのような手順で進められるのでしょうか。主な流れを解説していきます。

①事前調査

別れさせ屋の工作を実行する上で、最も重要となるのがターゲットの情報収集です。

一般的に、対象者を1~2週間程度調査し、工作員や接触するポイントを見極めていきます。

「いつ」、「どこで」、「どんな方法で」、「誰が」を踏まえた上で接触するのが良いのかを把握するために入念に調査を行います。

ここに、具体的な調査内容を挙げてみましょう。

  • 行動パターン
  • 行動範囲
  • 交通手段
  • 通勤時の様子
  • 交友関係(友達や職場など)
  • 趣味や立ち寄る店など
  • 性格

ターゲットの生活環境や生活スタイル、取り巻く環境などをリサーチした上で、実際にどのような形で、誰が接触するのが良いのか工作内容の外枠となるものを構成していきます。

②目標の詳細を決める

前述したように、別れさせ屋では最終的にどうなりたいのか、ゴールとして望む形を決めることが重要となります。

基本的には依頼者が望むゴールを目指すことにはなりますが、場合によっては調査をして、依頼者の生活スタイルや交友関係、性格などから依頼者が望む最終目的を実現することが困難であると判断されることもあります。
困難であると判断された場合には、適宜変更する柔軟性も必要となります。

ちなみに、いくら依頼者が望む形があったとしても、法律を犯して犯罪をする(あるいはそれに近い)工作や方法は当然違法となるのでできません。

あくまで合法の範囲内で行う必要があるため、必ずしも望む形になるとは限らないことは念頭に置くようにしましょう。

③チーム(工作員)を決める

工作内容と並んで重要となるのが、誰がターゲットに接触するのか、動員する工作員です。

いくら工作自体が完璧だったとしても、実際に工作を行う工作員が工作内容やターゲットに合っていないようでは工作通りに進めることができません。

例えば、工作内容がハニートラップの場合。工作員とターゲットが恋愛関係になり、結果として別れを選択するというシナリオであれば、当然工作員はターゲットの好みのタイプでなければなりません。

成功させるためには工作内容はもちろん重要ですが、接近して工作を実行する工作員の腕にかかっていると言っても過言ではありません。だからこそ、ターゲットをしっかり調査した上で、動員する工作員を選択する作業は入念に行われます。

④工作の流れを決める

調査内容に応じて、実際の工作内容を詳細まで決めていきます。

この際、大まかな概要を決めた上で、いつどんなトラブルが起こっても対応することができるよういくつかのパターンを用意することが多いです。

よくある工作の流れがこちらです。

  1. ターゲットと工作員が接近する
  2. 仲を深めて連絡先を交換する
  3. 電話やLINE、メールなどを通して信頼関係を築く

ターゲットとの信頼関係が出来れば、あとは工作案通りの方法で別れを選択する方向にもっていきます。

ただし、距離を縮めてターゲットの思いや性格を知る上で、方向性を変更せざるを得ない場合もあります。

⑤工作員によるリハーサル

別れさせ屋が考えた工作が、全てシナリオ通りに進むとは限りません。

工作の実行は人同士のことだからこそ、思ってもいなかったトラブルやハプニングはつきものです。だからこそ、いつどんなトラブルが起きた場合にも焦らず対応することができるように、入念なリハーサルが行われます。

リハーサルに関しては、考えられるあらゆるトラブルはもちろん、これまでに他の案件で実際に起こったハプニングも踏まえて行われます。

それでも予想を超えたハプニングやトラブルに関しては、経験豊富な工作員ならではの対応力で乗り越えるのでご安心ください。

別れさせ屋の接触方法

別れさせ屋の工作内容はどのようにターゲットに接近するのか、3つの方向性に分けられます。

ターゲットの性格や状況など、事前調査をもとに作成されるのですが、言ってみればどのような形で接触するかは別れさせ工作の根幹部となります。

ターゲットにとって非日常な出会い方では違和感を感じさせてしまい、いつも以上に注意深くなってしまっては工作を進めづらくなってしまいます。そのため、ごく自然な形でかつ日常で起こりうる形で接触する必要があります。

では、3つの接触方法についてそれぞれご紹介していきます。

その1:物理的な接触

一つ目の接触方法が、時間や場所、ターゲットが置かれた状況などを利用した「物理的な接触」です。

例えば、ターゲットの通勤時に立ち寄る店や通勤手段で毎日顔を合わせるように工作したり、ターゲットが通うジムに通うなどして顔見知りになれば、自然と話ができる関係性になることができます。

誰にでもありうる出会い方だからこそ、ターゲットが疑うことはありませんし、自然な形で会話をして仲を深めていくことができます。

年齢が近く同性であれば家庭やパートナーのことも話せる仲になりますし、職種が同じであれば仕事の相談にのって信頼関係を深めることも可能です。

信頼関係を深めた上で、別れる方向に導いていきます。

その2:感情的な接触

別れさせ屋の工作として、最も多いのが感情的な接触です。これは恋愛感情や男女間の欲求を利用した方法であり、俗にハニートラップと言われるものです。

ターゲットの好みのタイプをわざと接触させてアピールすることで、自ら『別れたい』、『別れてこの人と一緒にいたい』と思わせる方法です。

恋愛感情の上で人の気持ちが浮つくのは必然とも言える流れであり、そこに経験豊富な工作員ならではの甘い言葉や誘惑をプラスすると、パートナーから気持ちが離れていきます。

あとは別れに向かって促していくことになりますが、恋愛感情が根底にあるのでスムーズに工作が進みやすい傾向にあります。

その3:人為的な接触

人為的な工作とは、ターゲットの仕事上の付き合いや、行動パターンを踏まえた上で行われる工作のことを指します。

この場合、まずは対象者を取り巻く人間関係や環境に近しい人に接触していきます。例えば、仕事上の上司と知り合いになったり、同僚と仲を深めて一緒に飲みに行く機会を作るなど、本人ではなく周りから徐々に固めていき、ターゲットへの工作を行います。

元々恋愛関係に興味がないタイプや、ハニートラップに引っかかることのない確固たる意志を持ったターゲットに効果的な方法です。

見知らぬ人からの声には全く耳を貸さない人だとしても、身近な人のアドバイスは素直に聞きいれるタイプの人も少なくありません。

工作がスタートした際のお約束

別れさせ工作がスタートしたら、あとは別れさせ屋にお任せであとは関係ないという考え方は失敗の元。実は、依頼者であるあなたにもすべきことがあります。

別れさせ工作は、最終目標に向かって一緒に取り組む姿勢が成功のカギとなります。

続いては、依頼者側が守るべきお約束についてご紹介します。

対象者への接触はご法度

別れさせ屋に依頼し、工作がスタートしたら、どのような状況か気になりますし、何とかして自分がターゲットやその周囲の状況を確認したくなる気持ちも分かります。

でも、工作が始まっている以上、依頼者がターゲットに接近するのは厳禁です。

仮に工作自体がシナリオ通りに進んでいたとしても、依頼者がターゲットに接近したことによりターゲットの気持ちを逆なでしてしまったり、工作がバレてしまう危険性も考えられます。

それではこれまでの努力や我慢が水の泡になってしまうので要注意!

工作がスタートしたら、基本的に直接会うことはもちろんのこと、連絡ツールやSNSなどに関しても接点を持つことは控えましょう。

随時情報を得たら報告すること

工作が始まったら、別れさせ屋も独自の情報収集を行いますが、依頼者であるあなたも別途情報を知り得ることがあるでしょう。

別れさせ屋の工作を常にリアルタイムの状態で遂行するためにも、情報は一つでも多いにこしたことはありません。

そのため、何かしらの方法でターゲットやその周辺に関する情報や変化を知り得た際には必ず即時別れさせ屋に連絡するようにしましょう。

あなたにとって不利なことでや言いたくないこともあるかもしれません。でも、言わなくても良いという判断が、失敗の元となりかねません。そのため、常に依頼者と別れさせ屋の間で情報を共有するよう心がけましょう。

まとめ

別れさせ屋という存在自体は知っていたとしても、いざ依頼するとなるとその手順やターゲットへの接触方法は気になりますし、やはり納得した上で依頼したいのは当然のことです。

別れさせたいと思っても、何の経験も知識もない一般人ができることは限られていますし、別れさせたいと思うあまりに逆効果に繋がってしまう危険性も。

プロの探偵のサービスである別れさせ屋に依頼いただければ安全に交錯することが可能です。

別れさせたい!と強く願う方は、ぜひ別れさせ屋の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*