男性が離婚したいと思う瞬間とは?

縁があってせっかく一緒になれたのだから、できることならこの人とずっと一緒にいたいと思うことができれば最高です。しかし、男女の関係というものは、いつまでも付き合った頃のように情熱的なものではありません。それはカップルであっても夫婦であっても同様です。長く一緒にいると、飽きてくることもありますし、お互いの嫌なところが見えてくることもあります。
特に結婚をしてから相手の本当の姿が見えるとあれほどまでに魅力的に見えていた相手が、どうでも良い他人に見えるようになってしまうことがあります。家族になったにも関わらず一緒に暮らす他人のように相手のことが思えるようになると、男性は離婚をしたいと思うものです。このようなことは誰にでも起こりうることですが、意外に早い時期に離婚をしたいと思う瞬間があり一度このようになってしまうと急激に気持ちが冷めていくということは多いものです。男性側が冷めていても女性側の方にまだ気持ちが残っていれば、修復の可能性もありますが互いに関係が冷えきってしまうといつ別れるかというのが秒読み段階になってしまう傾向にあります。
今回は別れのパターンの中でも、男性が離婚したいと思った瞬間についてお話いたします。

男性が離婚したいと思うきっかけとは?

離婚の自由として平成29年度の統計(参照:離婚弁護士ナビ)では、男女共に「性格の不一致」が1位のようです。その他、様々な離婚事由がありますが、大切にしてもらえないということが、男性の離婚のきっかけというところです。それでは、男性の離婚したいと思う瞬間について詳しくみていきましょう。

自分に対しての扱いが酷いと感じた時

結婚したばかりの時はそんなことがなかったのに、時間が経つにつれ邪険に扱われていると感じた時、離婚という文字が浮かんでしまうようです。愛情を感じられなくなると男性女性関係なく別れたいと思うことは当然でしょう。

セックスレスの問題を感じた時

夫婦となってから何度誘ってもセックスを断られたり、不快感を表されると結婚そのものに対して疑問を感じてしまいます。セックスを夫婦のコミュニケーションや愛情表現だと思っている男性にとって、セックスレスという状況は本当に苦しいものです。離婚を考えてしまう一つの原因になります。

妻の金遣いが荒い時

夫が仕事をしている最中に友達同士で高いランチに行ったり、生活費を考えずに高価な化粧品やアクセサリー、エステ等で無駄なお金を費やしている場合は、離婚したいと思うことが多くなるでしょう。生活費や養育費のために溜めていた貯金を使い込んだり共有財産を自分のものにしようとすると「婚姻を継続しがたい理由」となります。

家事や子育てをしない

自宅に帰ってきて食事が用意されていない、家事が全くできていない、子供に対して十分な教育やケアがされていないなど、このような状態であると離婚したいと思うのはしょうがないでしょう。

妻との性格の不一致を感じた時

付き合っている時は感じなかったが、一緒に生活してみて生活スタイルや価値観などが違いすぎると思った時に、離婚をしたいと多くの男性が感じるようです。この場合、理由はない、あるいはわからないのですがなんとなく夫婦としての相性がよくないと感じている男性がほとんどでしょう。離婚事由の中でこれが一番多い事由になります。

他に好きな人が出来た時

現在の妻に様々な不満を抱えていて、たまたま魅力的な女性が現れてしまったら。。。別れたいと思う気持ちも理解はできます。妻以外に好きな人ができることで、生活にハリができ今までの生活を続けるよりも離婚して新しい人生を歩みたいと思う男性も多数いるようです。

愚痴、不満ばかり言われる時

仕事で疲れて家に帰ってきた途端、愚痴や不満を言われるとゲンナリしてしまいます。毎日家族のために一生懸命働いているのに顔を見るたびに色々言われ続けるとメンタルにもこたえます。そうなると離婚したいと思ってしまってもしょうがないのかもしれません。

妻との離婚を決意したら

冒頭でも申し上げましたが、何かの縁で愛し合って結婚したわけです。その結婚相手と一生夫婦生活を続けることが、あなたにとって何よりも幸せな人生になるでしょう。
しかし、もう我慢ができないと感じてしまったら、離婚して新しい人生を歩むことも一つの選択肢です。妻に問題があり改善の余地がない、話し合っても解決しない等であればそれは仕方のないことです。別れさせ屋M&Mでは「別れたい」というあなたの思いに寄り添って相談を受け付けております。24時間365日無料相談を受け付けておりますので、あなたからのご相談をお待ちしております。

「別れたい」というあなたのご相談受け付けております!

NO IMAGE