不倫相手を奥さんから奪うための下準備

不倫相手が奥さんと別れやすいタイミング

不倫相手を奥さんから奪いたいと思っていても、不倫相手にも奥さんに言いだすタイミングも考えていたり、結婚しているからこその都合もございます。相手の都合を無視して強引に奪おうとしてもうまくいく確率は当然低くなるでしょう。既婚男性にも別れやすいタイミングというものがあります。そのタイミングについて解説します。

夫婦関係が冷め切っている時

これは当たり前ですが、夫婦関係がうまく行ってない時です。小さな衝突が絶えない、一緒にいても全く口をきかない、嫌なところばかりが見えてしまうなどこんな風になってしまったら夫婦関係の終わりも近いと言えます。家庭自体が居心地が悪くなってしまうと男性は一刻も早く逃げたいとなります。こういう時は、アプローチ次第では奥さんから不倫相手を奪いやすいでしょう。

年末年始など行事の時

飲み会、イベントなどの多い年末年始は狙い目です。既婚男性の心がとても浮わつきやすい時期です。この時期は、クリスマス、大晦日など純粋に恋愛がしたくなる時期だからです。

子供に対して手がかからなくなった時

子供が小さい場合、母親だけでなく父親も大変です。幼稚園児はまだ目が離せません。小学生の場合は、できる限り学校行事などに参加しなければならないので子供中心の生活になってしまいます。このような時期に、無理に離婚を迫ってもタイミングが悪いだけでうまくいかないのは目に見えています。子供がいると簡単に別れますとは言えません。子供自体にも悪影響を及ぼす可能性もあります。ですから、子供が親から手離れしていった時期なら離婚もしやすいと思います。

不倫相手を奥さんから奪う方法について

たまたま好きになった人が既婚者であった。不倫だから諦めるのか、どうしても諦められない、一緒に幸せになりたいと思うかはそれぞれでしょう。もし、あなたが不倫相手を奥さんから本気で奪いたいと考えているのであればご相談をお待ちしております。

不倫相手の奥さんの不幸を願ってはいけない

不倫相手の奥さんは、言わば恋敵です。憎い気持ちになるのは理解できますが、決して不幸を願ってはいけません。人の不幸を願うようになると、どんどん心の中に溜まってしまい実際に行動に起こしてしまいます。直接その人に危害を加えなかったとしても、あなた自身に返ってくることがあります。恋愛とは自然に惹かれあったもの同士での縁です。

一線を引く

最近は不倫であっても、恋愛ですので婚前交渉は普通です。ある意味当たり前の行為です。ですが、不倫相手を奥さんから奪って結婚をしたいと思ったり、結婚を意識したりした場合は一旦肉体関係はストップさせたほうが良いです。どこかで自分なりに一線を引いたほうが良いと言うことです。

力づくで強引に奪ってはいけない

不倫相手が中々奥さんと別れてくれない場合、焦ってしまうのは理解できます。しかし、ここで不倫相手を強引に動かすのは良くないことです。「どうして早く別れてくれないの?」と思うかもしれないですが、これ行為自体が全てを終わらせることになってしまう可能性があります。離婚は時間と労力が必要になります。不倫相手にとって、一緒になりたいと言う気持ちと離婚の問題を片付けなければならないと言う重たい気持ちは、別次元で動いているので、時間がかかると言うことはしょうがないことです。

現在の不倫相手の全てに感謝する

現在、あなたが愛している不倫相手は、自身の力だけでそのような姿になっている訳ではありません。過去の恋愛経験や現在の奥さん、母親、その他様々な人の影響を受けて形成されているわけです。それに嫉妬するのではなくて、素晴らしく魅力的な不倫相手を形成してくれた過去を含めて全てに感謝できるようになりましょう。

不倫も一つの愛の形です

不倫で相手を奪って幸せを掴むこともできます。不倫だからといって幸せになってはいけないということはありません。略奪愛が成功した例も世の中にはあります。人間の縁というものは不思議なもので、どこでどうなるかわかりません。ただ、力づくでどうにかするといった方法はお勧めできません。どんなにもどかしくても焦ったり、やけを起こしたりするのはやめましょう。本当の幸せというものはお互いが幸せになることです。静かに成り行きを見守っていく姿勢でじっくり待つほうがお互いのためにも良いでしょう。

別れさせ屋M&Mでの相談内容として多く、対応実績も豊富にございます。
無料相談は24時間365日承っております。

別れさせ屋M&Mの無料相談はこちらから

NO IMAGE