別れさせ屋への依頼をやめたほうがいい人の特徴。現役の別れさせ屋が徹底解説

2023.12.12

こんにちは。

別れさせ屋M&M代表の吉野です。

この記事の監修・執筆者
author
別れさせ屋M&M代表 吉野 颯海

別れさせ屋M&M代表。数多くの調査・工作成功実績から、年間最優秀コンシェルジュを別れさせ屋・復縁屋両部門で多数獲得し、代表に就任。現在は後進の育成につとめる。

別れさせ屋を検討されている方の中には、別れさせ屋への依頼はやめたほうがいいのかな?

こんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実際、私達にご相談をいただく方の中にも、この方は当社に依頼をするのはやめておいたほうがいいなと思う方もいらっしゃいます。

そこで今回は、現役の別れさせ屋が語る「別れさせ屋への依頼をやめたほうがいい人」について詳しく紹介をしていこうと思います。

この記事で紹介する内容
  • 現役の別れさせ屋が語る「別れさせ屋への依頼をやめたほうがいい人」
  • 現役の別れさせ屋が語る「別れさせ屋に依頼したほうがいい人」
  • 別れさせ屋の利用を迷っている方へのメッセージ
別れさせ屋M&M
満足度、成功率、トラブルがない別れさせ屋として、 インターネットアンケート調査で3冠を獲得
N.1満足度が高い N.1成功率が高い N.1トラブルがない
受付時間:電話10:00-24:00 / LINE・WEB 24時間 別れさせ屋サービスの詳細を見る ※ 大変申し訳ございませんが、未成年の方はご契約が出来ませんのでご容赦下さい。

現役の別れさせ屋が語る「別れさせ屋への依頼をやめたほうがいい人」

当社でご依頼者様の窓口を担当している専属コンシェルジュ達にアンケートを取ったところ、別れさせ屋への依頼をやめたほうがいい人として、以下の人物像が挙がりました。

別れさせ屋への依頼をやめたほうがいい人
  • 持っている情報が少ない・正確ではない人
  • 暴走してしまう人
  • 自分を変える覚悟がない人
  • 対象者がハニートラップに引っかかる姿を見たくない人
  • 自分でできることをやりきっていない人

こうした意見について、詳しく説明していきます。

持っている情報が少ない・正確ではない人

氏名
吉野

対象者となる人物の情報が少ない、あるいは持っている情報が正確ではないという方は、依頼をやめたほうが良いしょう。

理由は、成功までにかかる費用の予想がつかないからです。

正確な情報が少ない場合、調査にかかる日数が増えることで費用がどんどん増え、成功までたどり着けないことがあるのです。

参考例①

元彼女を現在の彼氏と別れさせたいという依頼を想像してみてください。
こうしたケースでは、まず対象者(元彼女の現在の彼氏)の調査を開始します。
通常、対象者の情報をご依頼者様が持っていることは少ないため、元彼女と対象者が会っている現場をおさえ、対象者の自宅住所や職場、行動パターンを特定していきます。
その際、ご依頼者様が元彼女の現在の仕事の休みの曜日などの情報を持っているかどうかで、調査・工作回数は変わります。
例えば、休みの曜日が特定できていれば、その曜日に対象者と会っている可能性が高いとして調査することができます。 しかし、そうした情報をお持ちでない場合には、彼女の自宅に張り込み、対象者と会うまで何日も張り込みをすることになり、実働回数が増えてしまいます。

氏名
吉野

このように、対象者の情報を持っているかどうかで実働回数に差が出ることはイメージできたのではないでしょうか。
さらに実際の依頼で問題になりやすいのは、以下のようなケースです。

参考例②

元彼女が引っ越してしまって自宅が変わっており、足取りがつかめない。

参考例③

元彼女に聞いていた職場や住所が嘘だった。

マッチングアプリなどでの出会いが一般化した現在では、元恋人の正確な情報を知らない、あるいは聞いていた情報が嘘だったということも多いです。

このような場合には、そもそも対象者と接触すること自体が難しくなってしまいます。

氏名
吉野

私達も探偵ですので、少ない情報から聞き込み調査や、SNSなどから分析調査をし、相手を特定するということは不可能ではありません。
しかし、そこにかかる日数は予想できないほど多く、別れさせ工作成功までにかかる費用が莫大なものになってしまう可能性が高いです。

こうした理由から、情報が少ない、あるいは持っている情報が正確ではない人が、別れさせ屋を依頼することはあまりおすすめできないと考えています。
もし、ご自身のお持ちの情報に不安がある場合は、まずご相談ください。

暴走してしまう人

氏名
吉野

気持ちが先走って暴走してしまう方も、別れさせ屋への依頼はやめたほうがいいでしょう。

依頼の遂行が困難な状況を作ってしまう可能性が高いからです。

参考例①

夫とその不倫相手を別れさせたいという例を考えてみましょう。
依頼中に、夫から不倫相手の情報を無理やり引き出そうとして、余計なことをしつこく聞いてしまうというケースがあります。

氏名
吉野

このような場合、夫は妻を警戒してしまい、調査員や工作員が活動しにくくなることも少なくありません。
他にも以下のような行動に出てしまう方もいらっしゃいます。

参考例②

調査員がつきとめた不倫相手の情報から、ご依頼者様が相手の自宅まで不倫相手を見に行ってしまい、不倫相手にその様子を目撃されてしまう。

氏名
吉野

この場合も、相手から警戒されてしまい、その後の接触や工作が難しくなってしまいます。
ご依頼者様のお気持ち的として理解できることではありますが、当社を信用いただき、過剰な行動にでないようご協力いただく必要がございます。

ここで紹介したケースに限らず、ご依頼者様の気持ちが暴走してしまい、独断的な行動をとってしまった結果、調査・工作がうまくいかなくなるということがあります。

そのため、自分勝手な行動をとらないようにしていただけない方は、依頼をやめたほうが良いと考えています。

自分を変える覚悟がない人

氏名
吉野

自分を変える覚悟がない方も、別れさせ屋への依頼はおすすめできません。

ご依頼者様の最終的な目的を達成するためには、ご依頼者様自身が自分を変える覚悟を持つ必要があると考えているからです。

別れさせ屋に依頼をいただく方のほとんどは、別れさせた後に自分が付き合いたい・復縁をしたいという方々です。

復縁したい場合は特にですが、別れてしまった原因が、ご依頼者様にあることも少なくありません。

氏名
吉野

こうしたケースでは、いくら私たちが対象者を別れさせ、復縁の後押しをしたとしても、別れの原因であるご依頼者様自身が変わらなければ、関係を継続させていくことは難しいのです。

もし、調査や工作の結果から、ご依頼者様自体に何かしらの問題があるとわかれば、それを改善するためのアドバイスやお手伝いも当社では実施しています。

しかし、「自分自身は全く悪くない」「自分が変わる必要がない」とお考えの場合は、依頼が成功したとしても長期的な関係維持は難しいため、別れさせ屋に依頼するのはやめておいたほうがよいでしょう。

対象者がハニートラップに引っかかる姿を見たくない人

氏名
吉野

対象者がハニートラップに引っかかる姿を見たくない方も、別れさせ屋への依頼はおすすめできません。

別れさせ屋に依頼をすることで、ご依頼者様が精神的な負担を感じてしまうためです。

参考例

パートナーと別れたいという依頼の場合、パートナーにハニートラップを仕掛けるということが少なくありません。
ご依頼者様によっては、パートナーがハニートラップに引っかかる姿を見ることで、ショックを受けてしまうという方もいらっしゃいます。

氏名
吉野

別れたいという気持ちから依頼をされているはずですが、対象者であるパートナーのそうした姿を見るのは嫌だという方もいらっしゃいます。

もちろん、ハニートラップだけが別れさせ工作の手段ではありませんが、そうした工作に対して抵抗がある場合は、依頼はやめておいたほうがいいでしょう。

自分でできることをやりきっていない人

氏名
吉野

自分でできることをやりきっていない方も、別れさせ屋への依頼はおすすめできません。

別れさせ屋を使うのは、できるだけ最後の手段として考えて欲しいからです。

ポイント

別れたい相手に別れて欲しいと伝える前に、別れさせ屋を検討するのはおすすめできません。
別れたいという気持ちを伝えるだけで、自分が思っているより簡単に別れられることも少なくないからです。

氏名
吉野

自分ができることをやりきって、それでも駄目だと思ったら当社にご相談ください。
ただし、別れたいと相手に言うことで、暴力を振るわれたり、脅迫されたりするような可能性がある場合は別です。

ポイント

別れさせから復縁したい場合も同様です。
元恋人と別れて、相手に新しい恋人がいたとしても、まずは復縁したいという自分の気持ちを相手に伝えましょう。
自分の素直な気持ちを伝えるだけで復縁が叶うこともあります。

氏名
吉野

まずは、自分ができることをやりきった上で、ご相談いただくことをおすすめいたします。

ただし、やりきろうと思って状況を悪化させるような行為はNGです。

相手の自宅や職場におしかけるような行為などは、復縁を難しくさせてしまうため、節度をもった範囲でやりきるようこころがけてください。

また、シャイで自分ではできないという方のサポートもしていますので、お気軽にご相談ください。

現役の別れさせ屋が語る「別れさせ屋に依頼したほうがいい人」

一方、別れさせ屋に依頼をしたほうが良い方についても、専属コンシェルジュよりアンケートを取りました。

別れさせ屋への依頼をしたほうがいい人
  • 自分ひとりではどうしたらいいかわからない人
  • 自分でできることをすべてやったが諦められない人

自分ひとりではどうしたらいいかわからない人

氏名
吉野

自分ひとりではどうしたらいいかわからない方は、別れさせ屋への依頼を検討してみてください。 経験豊富な当社のコンシェルジュが、ご相談に乗り、解決への手助けをいたします。

  • 不倫関係の問題だから、人には相談できない。
  • 社会的な立場があるから、人には知られたくない
  • こんな悩み、友人や知人には相談できない

など、誰にも相談できず、自分ひとりでは解決できないようなこともあると思います。

そのような場合に一人で悩んでいても先に進めないことも多いので、依頼するしないは別として、まずご相談ください。

当社への相談は、匿名でおこなうことができ、ご相談いただいた内容が口外されるということもございません。

第三者である私たち別れさせ屋ができるお手伝いについてご提案させていただきます。

自分でできることをすべてやったが諦められない人

氏名
吉野

自分でできることをすべてやったが諦められない方も、別れさせ屋への依頼を検討してみてください。

自分だけではできないことを実行するために、私たち別れさせ屋は存在します。

  • 自分で別れるための努力をした。
  • 復縁するために自己改善をしたけど、過去のわだかまりが消えず復縁できない

など、自分ではできることをやりきったにもかかわらず、上手くいかず、でも諦められない場合は、ぜひご相談ください。

自分一人では解決ができないケースでも、第三者が介入することで解決できることは多数あります。

別れさせ屋の利用を迷っている方へ

別れさせ屋の利用を迷っている方は多いでしょう。

迷っているのであれば、やめておいたほうが良いとも言えますし、迷っているならやるべきだという考え方もあります。

そういう場合には、自分が今なぜ迷っているかを考えてみてください。

別れさせ屋への依頼に悩む理由
  • 本当に別れさせられるのだろうかという不安
  • 別れさせ屋への依頼は信用できない
  • 費用が高額だから不安
  • 誰かを別れさせるなんてことをしてもいいのか

こうした悩みがある方は多いと思います。

こうした悩みに対する当社の意見を紹介させていただきます。

本当に別れさせられるのだろうかという不安

別れさせ屋は本当に誰かを別れさせられるのだろうかと不安に思う方は多いのではないでしょうか。

結論として、別れさせることは可能です。

しかし、残念ながら当社の依頼成功率は100%ではありません。

依頼が失敗する例①

調査・工作中に、相手への気持ちが冷めてしまい、ご依頼者様が途中で依頼を諦めてしまう

依頼が失敗する例②

工作後に、対象者にその日のことを詳しく聞き、怪しまれてしまい、結果自分から依頼を暴露してしまう

依頼が失敗する例③

ご依頼者様がお持ちであった情報が間違っており、調査が思うように進まず諦めてしまう

しかしながら、こうしたケースを除けば、高い確率で依頼を成功させることは現実として可能です。

まずは、現在の悩まれている状況についてご相談ください。

専属コンシェルジュが、状況に合わせたご提案・ご助言をいたします。

氏名
吉野

他社でよくある別れさせ屋の失敗事例については、「別れさせ屋の失敗例とM&Mでの対策」で紹介していますので、参考にしてみてください。

別れさせ屋への依頼は信用できない

別れさせ屋自体が信用できず、依頼を迷っている方も多いと思います。

実際、当社でも業界の中には、悪徳業者と言える業者がいると考えています。

悪徳業者例①

料金を支払わせて何もしないという業者

悪徳業者例②

動いているふりをして何もしていない業者

悪徳業者例③

違法行為をしている

私たちはそうした業者とは違うということを理解していただき、安心してご依頼をいただくため、以下の取組を実施しています。

  • 実働回数型料金システム
  • リアルタイム報告
  • 写真付調査報告書
実働回数型料金システムとは?

実働回数型料金システムは、1回の実働あたりいくらという料金システムです。
そのため、いつ動くかということが明確であるため、「別れさせ屋がいつ動いているのか不安」という状況になることはありません。
専属コンシェルジュとご依頼者様が話し合い、実働するタイミングを決めるため安心して依頼をいただけます。

リアルタイム報告とは?

また、依頼当日はリアルタイムでの報告を実施しています。
調査開始と調査終了はもちろん、調査・工作の状況にあわせて、調査・工作中にも報告をしています。

写真付調査報告書とは?

調査・工作終了後、原則2営業日以内に写真つきの報告書を提出しています。リアルタイム報告で報告しきれいていない実働の詳細を知ることができます。

当社では、このような取り組みをすることで、ご依頼者様が安心できるような体制を作っています。

しかしながら、調査や工作をする際には、対象者が現れず空振りしてしまうというケースもあります。

こうしたケースは、対象者の行動によって左右されるため、どうしても発生してしまい、いくら報告をしたとしても、それを「実働していない」「詐欺だ」と言われてしまうことも少なくありません。

氏名
吉野

実働タイミングは、ご依頼者様とよく話し合った上での結果ですので、こうしたケースが一定数発生することについてはご理解いただけますと幸いです。

このように、当社ではご依頼者様が安心してご依頼できるような体制を構築し、サービスの提供をしています。

費用が高額だから不安

別れさせ屋の費用が高額だから不安で、迷われている方も多いと思います。

実際、当社への依頼金額は安くありません。

氏名
吉野

別れさせ屋への依頼は、その費用をかけてでも成し遂げたいという強い覚悟が必要です。
自分が望む結果と、費用を天秤にかけて迷うのであれば、その気持は本気だとは言えないでしょう。

高額な費用に悩むのは当然なことではありますが、金額面で悩まれる場合には、依頼をやめておいたほうがいいです。

依頼が成功したとしても、後悔したり、そのことがしこりとして残る可能性があるからです。

私たちもできるだけ費用を抑えられるよう努力していますが、仕事柄どうしてもたくさんの人間が長時間拘束されてしまうので、人件費負担が大きくなり、料金が高額になってしまいます。

費用が高額で別れさせ屋への依頼を悩まれている場合には、本当にその費用を払ってまで成し遂げたいかということを、今一度冷静になって考えてみてください。

誰かを別れさせるなんてことをしてもいいのか

誰かを別れさせるなんてことをしてもいいのかと悩まれる方も少なくないでしょう。

できることなら、誰かを傷つけずに、みんなが幸せになることが望ましいと私たちも考えています。

しかし、一度きりの人生で、後悔しないために、そうした選択をすることも良いのではないでしょうか。

また、私たちの行う工作は、暴力や脅迫など、無理やり誰かを別れさせようとするものではなく、最終的な決断は対象者たちの意志によるものであることを理解してください。

ハニートラップにしても、対象者がホテルに行った結果、それが別れの原因になりますが、対象者自身に浮気をする意志がなければ、別れることには繋がりません。

確かに、別れのきっかけを作るのは、ご依頼者様であり当社の工作です。

しかし、最終的には対象者自身の判断の結果が、別れに繋がります。

そこに対して罪悪感を感じてしまうのであれば、別れさせ屋への依頼はやめておいたほうがよいでしょう。

こうした罪悪感を受け入れて、乗り越える覚悟がある方は、別れさせ屋への依頼を検討してみてください。

CONTACT

カンタン3分!別れさせ屋M&Mへの
無料相談はこちら

まずはお気軽にM&Mへご相談を!

別れさせ屋M&Mへのご相談は全て無料となっております。
工作について不安なことは、どんなことでもコンシェルジュがお答えいたします。
匿名でのお問い合わせも可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

匿名OK

無料相談・お問い合わせ

まずはあなたが抱えている不安・不満をコンシェルジュにぶつけてください。

  • LINEでかんたん相談
  • 電話で今すぐ相談
  • LINEでかんたん相談
  • 電話で今すぐ相談

受付時間:電話10:00-24:00 / LINE・WEB 24時間

メール相談フォーム

お名前
メールアドレス
性別
年齢
お住いの地域
ご希望内容
メッセージ本文
  • ※ 上記のメールフォームがご利用頂けない場合にはこちらのアドレス(info@m-m-m-m.jp)に直接ご連絡下さい。
  • ※ 大変申し訳ございませんが、未成年の方はご契約が出来ませんのでご容赦下さい。