別れさせ屋

交際相手に対して「もう無理」と思った瞬間とは?

付き合っていて「あれ?なんか違うかも」と度々思いながらも、一度は好きになり付き合った人なので、決定的な何かがないとなかなか別れるまでの気持ちが及ばないのは男女ともの共通事項だと思います。では、「これはもう無理」と思わせる決定的なことはどのようなことがあるのでしょうか。

交際相手に対して「もう無理だ」と思う瞬間とは?

せっかく何か縁があって付き合うことになったのですから、長く付き合っていきたいと思うのは普通のカップルであれば誰もが思うことであると思います。ですが、付き合う期間が長くなるとお互い付き合い始めた頃に比べると新鮮さなどが段々なくなっていき、お互いがお互いに対して気遣いがなくなってしまうものです。それでも、別れるまでには至らないのがほとんどですが、度をすぎると「もう無理」と思ってしまいます。ここからは、その度がすぎて交際相手に「もう無理」と思わせる行為について解説いたします。交際相手に「もう無理」と思われないためにも自分の行動を振り返ってみましょう。

記念日を忘れられる、スルーされる

誕生日やクリスマスはカップルにとって記念日であり特別な日であります。そんな記念日や特別な日を忘れられると忘れられた相手にとっては悲しくなります。愛されているのかどうかも疑わしく思ってしまいます。

会話の量が減る

会話の量が減ると自分に対しての興味がないのかなと思ってしまいます。徐に会話が減ったり、会話をすることを嫌がられたり、目も合わせず会話をされたりすることが多くなったら交際相手に対して「私って何なの」と思ってしまい、信頼感も失ってしまい別れるきっかけにななります。

急にキレたりされる

理由もなくキレられたりすると交際相手に対して不信感を感じます。昨日まで同じことをしていても何も言われなかったのに、急にキレられるともう恐怖です。そんなことが多く続くと「もう無理」と思ってしまうのは仕方のないことです。

度を超えたわがままを言われる

付き合っているのでお互い多少のわがままは仕方のないことかもしれません。ですが、度を超えたわがままを何度もされると「もう無理」となってしまいます。

気遣いが減る

付き合いたての頃はお互いがお互いのことを思いやり気遣いをするものですが、長く交際していると段々気遣いが減ってしまうことがあります。その気遣いのなさが当たり前の状態になってくると交際していくのが厳しくなります。

一度無理と思ったら無理!ではなく、自分自身を振り返る。

交際相手に対して「もう無理」と思ってしまうことは上記で挙げたこと以外にもたくさんあると思います。交際相手はあなたにとって大切な人であることは変わりありません。そんな人に「もう無理」と思われないためにも日頃の自分の行動・言動を振り返ってみることは大切なことです。あなたが気づいていないだけで、気遣いのないことをしているかもしれません。自分自身の行動から相手も行動や言動が生まれている可能性もあります。一度無理と思ったら無理!と考えるのはやめたほうがいいでしょう。特に、長く交際していると甘えが生まれてきます。付き合っている相手だから「まあいいだろう」と。一度や二度なら許されるかもしれませんが、それが何度も続くと交際相手にとってはジャブのように効いてきて最終的には爆発してしまい「別れる」という最悪の決断を迫られる可能性が高まります。本当は大切で大好きな相手であれば取り返しのつかないことです。そうならないように、交際相手に対しては行動・言動に対して気遣いを忘れないでください。日頃から気遣いを心がけるだけで人生は変わってきます。

もし大切な交際相手に別れを告げられたら

男女の関係というのは複雑で何が原因で別れがやってくるかわかりません。「別れ」という答えの方程式は存在しません。ですから、もし大切なひとと別れてしまったら復縁屋というプロの力を利用することをお勧めします。弊社別れさせやM&Mでは、復縁工作も行なっておりますのでご相談ください。24時間365日無料相談を承っております。あなたからのご相談お待ちしております。

別れさせ屋M&Mに無料相談してみる

ご相談無料・対応時間10時~24時