幸せになる為の不倫中の恋人との付き合い方

不倫相手との関係を円滑にする心構え

不倫の関係というものは禁断で周りの人間にはバレてはいけないものです。家族も存在しています。悲しむ人もいます。だからこそ、不倫相手もあなたも慎重にならなければなりません。ですので、以下のことを認識して不倫相手とお付き合いしていきましょう。

多くを求めない

今週も会えなかった。メールの頻度が少なかった。ネガティブな考えはやめましょう。あなた自身も悲しくなりますし疲れてしまいます。男女関係はウィンウィンが基本です。連絡があったらと思えるゆとりを持ちましょう。

嫉妬しない

不倫相手の過去の恋愛や家族との様子等、不倫相手のことを詳しく知ると嫉妬心が生まれてきます。そうなると、自分の中に生まれてきた余計な感情と戦わなければならなくなります。無駄なエネルギーを使うことはやめた方がよいです。

知ろうとしない

必要以上に不倫相手の家族のことや私生活を詮索しないようにしましょう。あなたにも不倫相手に知られたくないことがあるように、不倫相手にも知られたくないことはあるのです。知ることであなたが傷つくこともあり得るので無意味な詮索はやめましょう。

独占しない

不倫の場合、普通の恋愛と大きく異なるところは、不倫相手はあなた一人のものではないということです。元々不倫相手には配偶者がいるということを認識しておきましょう。そうすることで心に余裕ができます。

いつ終わりがやってきても大丈夫なようにしておく

不倫の場合元々禁断の恋であり、社会通念上よくないことです。不倫相手からいつ別れを告げられるかわかりません。家族や周りの人にバレてしまう可能性も十分あります。そのためにも、いつでも次のステージに進めるように準備しておきましょう。新たな恋を見つけることであなたの人生はより一層輝いたものになるでしょう。

不倫中の恋人と付き合うときに注意するポイント

不倫相手との付き合い方は、普通の恋人と付き合うようにはいきません。普通のカップルのように人目をはばからず、大っぴらにデートすることなどはできません。不倫相手には大切な家族の存在があります。バレた時点であなたとの関係は終わってしまいます。ですので、上手に誰も不幸にしないように気を使って付き合わなければなりません。そのためのポイントを伝授いたします。

不倫相手の急な予定変更には寛容であること

不倫相手には家族が存在します。家族の突然の予定等で、楽しみにしていたデートがなくなってしまったりすることは頻繁にあるでしょう。そこで、その都度怒ったり悲しんだり指定るとあなた自身の精神状態がおかしくなってしまいます。不倫相手との約束は、ドタキャンされる可能性があると考えてお付き合いをしましょう。

家庭を最優先させる

恋愛をする場合、どうしても相手を自分のものにしたいという感情が生まれます。それは不倫の場合でも同じです。不倫だと相手に家族がいる、あるいは両方に家族がいるということになります。会う約束をしていても家庭の予定が入った場合は、絶対に家庭を最優先させてください。そうしないとバレてしまう可能性も高まりますし、最悪家庭を壊す結果になってしまいます。家庭を壊してしまっては本末転倒です。

ライン等でメッセージを送るときには注意しましょう

不倫関係の場合、なかなか頻繁に会うことは難しいのが現状です。そうなると、愛を育んでいくためにはラインやメールでのやりとりが基本になってきます。本来ならばラインやメールでのやりとりは記録が残ってしまうので危険な行為になります。できれば避ける方が良いのですが、あまり我慢すると寂しさが募ってしまいます。そいういうときは、お互いがフリーになる時間を把握しておいてその時間に連絡を取り合いましょう。

連絡が途絶えたとしても焦ってはいけません

不倫カップルは、普通のカップルと違い、いきなり連絡が取れなくなってしまうことがあることは認識しておきましょう。例えば、不倫相手の配偶者が浮気に気付いて突然携帯を見せろと言われて、アドレスデータを瞬時に消去してしまったりということも考えられます。ですので、不倫相手から突然音信不通になったとしても焦ってはいけません。

不倫相手と会うのは月に1-2回にしておきましょう

長くお付き合いをしている不倫カップルの会う頻度は、月に1-2回というのが平均的だということです。これ以上多いと、周囲にバレてしまうという可能性が高まってしまい、ハラハラする回数も増えてしまうということです。頻繁にあっているとリスクも高くなりますし、お互い疲れてしまうのでこのペースが良いということだそうです。

絶対に誰にも不倫のことを話してはいけない

不倫の関係というものは、普通のカップルとの恋愛とは大きく異なります。不安が募り誰かに相談したくなる気持ちは理解できます。ですが、誰にも二人の関係を話してはいけません。秘密の関係というものは、誰かに話したくなるのが人間の性です。回り回ってどこで二人の関係がバレてしまうかわかりません。

不倫相手と幸せな関係を作るために

不倫だから幸せになってはいけないということはありません。誰にでも幸せになる権利はあります。不倫であってもひとつの愛の形です。必要以上に不倫だからということで負い目を感じることもありません。
愛し合っている二人だからこそ、これからのことをしっかり話し合って、お互いが幸せになれる方法を導き出さなければなりません。

別れさせ屋M&Mの料金プランをみる

NO IMAGE