別れさせ屋

離婚してくれない旦那に「離婚したい」と言わせるには?

離婚したいと望んでいるのに、旦那が承知しないためにそれが叶わない。非常につらいし、どうすればよいのとお悩みの方へ。

無理に離婚を迫れば、よけいに意固地になって離婚を拒否されたり、高額な慰謝料を提示されたりということもあり得ます。円満に別れるためには、旦那にも離婚に乗り気になってもらう必要があるでしょう。

旦那のほうから「離婚したい」と言わせるための方策や、離婚してくれない男の心理について解説します。

まずは確認!あなたが離婚したい理由は?

離婚するために一番大切なことは、「離婚する」という決意です。

基本的に離婚は相手にも合意してもらう必要はありますが、夫婦のそちらか一方が本気で離婚を望んでいるのであれば、その継続は難しいのが現実です。

ただし、相手が基本的に離婚を望んでいない、想定していないのであれば、はっきりとした理由がわからないまま同意するということはないでしょう。

あなた自身が、本気で離婚がしたいと思っているのであれば、その理由をしっかり考えてみることがまず一番です。

人間同士のことですので、もやもやとした「嫌なこと」が重なって、離婚したいという気持ちにつながっているかもしれませんが、その「もやもや」を紐解いて、理由の根本をあなた自身が知っておくことをおすすめします。それがはっきりしていなければ、離婚を切り出しても旦那が反論してくれば、なし崩しに飲み込まれてしまいます。

「これがイヤ」だから離婚したい、と理由がはっきりわかっていれば、気持ちを強く持って離婚に向かうことができます。

まずは自分の中の離婚したい理由をしっかり洗い出すことが離婚するための第一歩です。

なぜ旦那は離婚に同意しないのか

旦那の側からすれば、離婚したいと思っている妻と同じ時間を共有するのは楽しいものではありません。仕事から帰っても気が休まるどことか、さらに大きな戦いを毎日しているような状態。そんなつらい状況なのになぜ旦那は離婚に応じようとしないのでしょうか。

あなたが離婚したいと密かに思う理由があるように、旦那には旦那の、男には男の離婚したくない、しない理由があります。

逆に考えると、男が離婚したくない理由を知ってそこをクリアできれば、離婚はできるということ。ということで、離婚しない旦那の気持ちに迫ってみます。

気持ち1:離婚で自分の立場を悪くしたくない

離婚は自分だけの問題ではすみません。親族や会社などからの目が気になる、いわゆる世間体が気になるので離婚したくないと考える男性は少なくありません。

親兄弟などからは心配されたり、何かいやなことを言われ続ける可能性があります。会社によっては、出世の妨げになる、人事評価が下がるというデメリットがあることも。

今や離婚はレアケースではないのですが、それでも世間の評価としては決して「よくない」ことの方が多いでしょう。

また、離婚をすれば財産問題などは必ず出てきますのでこれまでの蓄積がなくなったり、思い描いていた将来設計が崩れることにもなります。

自分自身の立場をマイナスに持っていきたくないがために簡単に離婚に承諾しないことがあります。

気持ち2:まだやり直せると思っている

「もう無理」というボーダーラインは人によってちがいます。妻の方はとっくにボーダーラインを超えていても、旦那の方はまだ引き戻せると思っていることがあります。

根が真面目なタイプの男性や、男らしいタイプの人はそもそも「離婚」という概念を持っていないことがあり、どんなに仲が悪くなっても、まさか自分たちが離婚はないだろうと考えていることが。そうであれば、妻から離婚を言われても自分の中で現実に落とし込めず、「まあ、いまは機嫌が悪いのだろう」という程度にとらえていたりします。

どんな事態になっても、対応すればやり直しは必ずできる、と思っている旦那は今回のことも、何とかなる対象としていて離婚をスルーしています。

気持ち3:あなたや子どもに未練がある

妻や子ども、または家庭そのものに未練があって離婚はしたくない、という男性がいます。

あなたの気持ちはさておき、旦那本人が家庭に満足していたなら離婚を切り出されても、そう簡単に手放すことは出来ないのが通常です。

ここしばらくは円満とは言い難い状態であったとしても、それなりに「これでよい」と納得する努力をしながら生活してきたはずですから、妻から離婚を切り出されて「はいそうですか」とはいかなくて当然です。

あなたは徐々に、または何か出来事があって離婚がしたいとなっていますが、切り出された側は青天の霹靂ですので、すぐに気持ちの切り替えができず未練となって、離婚に応じられないことがあります。

離婚したいと言わせる方法

いろいろ考えたけれどやっぱり旦那とはやっていけない、という結論であれば、具体的に離婚に向けていきましょう。

配偶者から離婚したいと言わせる方法についてご紹介します。

方法1:本気の思いを伝える

中にはまったくケンカなどしたことがないという夫婦もいますが、多くの場合はケンカや小競り合いを繰り返しつつ、適当に仲直りをしながら過ごしています。

男性によってはあなたの口から「離婚」という言葉を聞いても、ケンカや不機嫌の一環ととらえて気に留めていない、深刻に受け止めていないということがあります。

相手に真剣に考えさせるためには、こういう理由があるから本当に離婚してほしいと、本気の思いを伝えましょう。

ちょっとした脅しではないとわかって初めて、旦那は離婚についてまともに受け止めます。

特に普段からケンカの多い夫婦は、今回は本気であるとしっかり相手に伝えることで旦那の気持ちを動かすことができます。

方法2:別居する

「離婚したい」と口では言ってても、すぐそばにいて以前と変わらない生活が続いていれば、「まあ、しばらくはこのままいこう」と考えてしまうのが人間です。

しっかりとけじめをつけるつもりであれば、まずは別居してしまいましょう。

しかし、別に生活拠点を構えるとなれば経済的にも、精神的にも負担が大きいもの。すぐの別居が難しいのであれば、家庭内別居をおすすめします。

旦那には、家庭内別居宣言をして、家事などはあなたと子どもの分だけを行い、会話や接触をできるだけ避けて過ごします。

そうすれば、旦那はなんとか元に戻りたいと反省して頭を下げてくるか、離婚に応じるかどちらかを選択することになります。

もし、反省後の態度をあなたが受け入れられるのであればやり直しも可能。

別居でプレ離婚して相手の出方をみましょう。

方法3:第三者を入れて話し合う

冷静に話し合いができて、理解しようと努めるタイプの夫であれば、二人だけの話し合いを何度も重ねて離婚にもって行くという方法がよいでしょう。

しかし、男性によっては、話しすら聞こうとしない、言葉の暴力などに発展する、といった態度に出ることもあり、それでは話し合いもなにもありません。

話しにならないタイプの旦那であれば、親族や法律の専門家などの第三者を交えて離婚について話し合うという方法がよいでしょう。

あなたに対しては高圧的な態度にでる旦那も、さすがに他人の前ではそうはいきません。

第三者がいればクッションになってもらえますので、あなた自身が冷静でいられるという点でもメリットがあります。

方法4:法的な手段をとる

夫婦の話し合いだけで離婚に進まない場合には、調停に持ち込んで離婚をする方法があります。

裁判を使って離婚するのであれば、離婚が認められる理由が必要ですので、モラハラや浮気、生活費を渡さないなどがあればそれを提示します。

法的な離婚のメリットは、旦那と顔を合わさずに離婚まで進めていける点です。会えば言葉の暴力を受ける、精神的に辛くなるので顔もみたくない、などであれば調停を利用すると安心です。

はっきりした離婚理由がないまま離婚をしたいと思っている場合や、既に相手が離婚の条件を出している場合などは、法的な手段をとるかどうか慎重に検討する必要があるでしょう。

方法5:別れさせ屋を利用する

あれこれ手をつくしても夫が離婚に応じないというパターンや、あなた自身が離婚交渉に大きなストレスを感じるなどであれば、別れさせ屋を利用するのがよいでしょう。

別れさせ屋は公的機関の認可を受けたサービスで、離婚したいあなたの味方になります。

あなたから現状や夫の性格などを聞きとり、調査をした上で、離婚に必要なプランを作成します。

別れさせと一口にいっても、夫婦の形態や個人の性格はさまざまです。それぞれに合わせた最適な方法をご提案することで、あなたにもそして、配偶者にもよい離婚をすることができます。

できるだけスムーズに、自分自身のストレスを抑えて離婚がしたいというのであれば、別れさせ屋を使うことをおすすめします。

別れさせ屋で本当に離婚できるのか

別れさせ屋にお問い合わせいただくときによくあるのが、「本当に離婚させてくれるのですか」というご質問です。

あらゆる形のご夫婦があるため、即答でYESとお答えはできません。しかし、無料相談でお話しを伺い、こちらがお引き受けできるという判断を下した事案については、高い確率で離婚させることができています。

男と女の関係の大部分は感情などで成り立っていますが、ロジックを持って的確に対応すれば方向を変えることができます。

夫婦の当事者は、自分のこと、相手のこと、子どものこと、財産のことなどあらゆる思惑が心に渦巻いているため、この先10年を見据えた最も正しい判断ができるかといえば難しいのです。

そこで、私ども男女関係のプロである別れさせ屋が、経験と理論、人間心理に基づいて布石を打っていくことで、よい離婚をすることにつながります。

別れさせ屋といえば、あれこれ仕掛けを作って罠にはめるようなイメージかもしれません。もちろん必要があれば工作は実行しますが、それだけが手法ではありません。

あなたにとって、子どもにとって、そして旦那にとっても一番よい形で離婚を進めたいと考えるのであれば、別れさせ屋が大きな助けになります。

別れたい!離婚してくれない旦那の心を動かす方法

離婚がしたい。離婚を申し出ているのに旦那が承知してくれない、そんなときの対処方法について、男性の心理などを交えてご紹介しました。

しっかりと考えてあなたが出した結論であれば、離婚するのが一番です。

離婚すると決めたならできるだけ、揉めずに短期間で済ませたいもの。そのためには、しっかり準備をして、強い気持ちで挑むことが大切です。

簡単にはいかない性格の夫や、あなた自身に不安があるなどであれば、プロの業者、別れさせ屋を利用しましょう。経験、実績共に豊富なM&Mはあなたの味方になって全力でサポートします。

人生はまだまだ続いていきます。やり直したい、そう思ったときがスタートです。

心を強く持って幸せに向けて一歩をふみだしましょう。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*