別れさせ屋

恋人とやってはいけない別れ方!トラブルや不幸を招くのはコレ

出会ったときには、別れが来るなど誰も想定していませんが、事情によってはお別れのときがやってくることがあります。

恋人と別れたい、そこで考えるべきは別れ方。別れ方に失敗するとトラブルにつながることもあるため慎重に対処したいものです。

恋人と別れたいときにやってはいけない手段や、キレイに別れるためのコツをご紹介します。

下手な別れが招く不幸

たかが別れ、されど別れです。

別れたいと思っている側にすると、とりあえず振り切りたい、終わりにしたい気持ちが逸りますので、つい自分本位で動いてしまうことがあります。相手も同様に、そろそろ潮時と考えてくれていれば問題ありませんが、そういかないのが世の常です。

先方がこちらとは全く違う未来を思い描いている場合や、まだ気持ちがしっかり残っているのであれば「簡単に」とはいきません。

相手の気持ちを斟酌せずに自分の思いだけで動いたなら、別れてくれない、ストーカー化するなどのトラブルが待ち受けていることがあります。

男女関係の別れのトラブルは次の恋や仕事にまで影響を与えることがありますので、十分に注意しましょう。

やってはいけない別れ方

男女の形には様々あり、きっちりと線引きすることはできず、別れ方もカップルそれぞれです。

しかし、人間の気持ちという観点からやってはいけない別れ方があり、それをしてしまえばこじれる可能性はアップします。

トラブルを招くやってはいけない別れ方について解説します。

別れ方1:相手の意見を聞かない

恋人関係は二人の気持ちがあって成り立っています。別れを前にしてあなたの気持ちは離れているかもしれませんが、相手には相手なりの気持ちと言い分があります。

人間が複数よれば、それぞれに意見があるのが当然であり、すり合わせながら関係を築くのが人間関係です。たとえ別れの場面であってもそれは変わりありません。

中には、LINEメッセージや電話などで別れを済ませる人もいますが、余程の事情がある以外は、ちゃんと対面して別れ話しをするのが望ましいでしょう。

また、顔を合わせて別れを告げたとしても、その後すぐに相手から連絡が来ないようにとブロックなどもしないのがマナー。

どんな形にせよ、別れ話をしてしばらくは相手から連絡がとれる状態にしておくことでトラブルを防ぐことができます。

別れ方2:フェードアウト

別れ話しが得意な人は滅多にいません。できればしたくない、自然消滅させたいという考えが頭をよぎることがあっても仕方ありません。

しかし、実際にそれをするのは人間としての価値に関わる問題です。

徐々に連絡を減らしていく、「忙しい」などといって逃げる、「しばらく距離をおきたい」も逃げの一種でしょう。人によっては、急に連絡を断つ、取れなくするという手段にでることも。

いずれにしても、これらは大人の対応ではありません。相手にしてみれば、理由がわからないのですからパニックになることがあるでしょう。そこからストーカー化することもありますが、それは連絡を断った側の過失といえます。

状況によっては、言葉通りに信じた相手を待たせてしまい時間を無駄にさせることもあります。

もし、フェードアウトや音信不通になる方法で、表向きはうまく別れられたように感じても、決して後味の良いものではなく、一生の恨みを買ってしまう可能性があります。

別れ方3:曖昧な言葉で期待を残す

別れ際に必ずしも本音の本音を伝える必要はありません。しかし、相手に期待させるような言葉で別れを告げてはいけません。

特に理由を告げずに「自分が悪い」と繰り返す。「今は恋愛に集中できない」など環境のせいにする。「いつかまた好きになるかも」「友達に戻ろう」など復縁を匂わせるなど。

まず、別れ際の過度な自己犠牲は、単純にかっこよくいたい、自分を守りたいという深層心理から来るものであり、男女関係の瀬戸際においてはある意味、相手に失礼でしかありません。

環境のせいにしたり、縁が続くようなことを言うと、相手は期待します。時期がくればまた、戻れるかもしれないと考えてしまいます。そうなれば、いわゆる「ひきずる」時間が長引くだけですから、本来なら次に向かうべき相手の時間を奪うことになります。

曖昧な言葉を使った卑怯な別れ方はするべきではないでしょう。

別れ方4:相手の欠点を指摘する

人間ですから、誰にだって欠点はあります。交際している過程で相手の嫌な部分や苦手な部分を見てしまうことはあるでしょう。そして、それが別れの原因になることがあります。

そうだとしても、別れの理由に相手の欠点を指摘してはいけません。

「ケチ」「束縛がきつい」「だらしない」などを本人やその周りに言うのは悪口でしかないのです。

相手によっては、あなたの欠点を指摘仕返してきて、思い出したくもない別れに発展することがあるでしょう。

別れの理由として相手の欠点をつくのであれば、言葉を上手に使うこと。「ケチ」ではなく「経済観念があわないからこれから先、長く一緒にいるのは難しい」とやんわり告げてください。

上手な別れ方

別れはどうやっても辛いものです。しかし、運び方次第では上手に、相手の傷を最小限に抑えて別れることも可能です。キレイに別れることで、後々に振り返ったときにお互いにとってよい思い出に変えることができますので、あなたにとっても得策です。

上手な別れの方法についてみていきます。

別れ方1:きっぱりと別れを告げる

まず何よりも大切なことは、きっぱりはっきり別れを告げることです。「別れたい」や「別れよう」ではなく「別れます」とわかりやすく気持ちを告げた上で、そのあとに美辞麗句を添えてください。

中には別れの理由や自分の気持ちをごちゃごちゃと話すことで、別れ話をしたつもりになっている人がいますが、相手には伝わりません。「察してくれ」は別れの場面ではリスキー。

通常であれば、別れに至るまでの期間で相手もなんとなく不穏な空気を察知しています。しかし、決定的な言葉がない以上、まだがんばろうと思っているかもしれません。

何よりも最初に「決定的」な言葉を突きつけることで、相手にも覚悟ができますし、話しの聞き方もそれなりのものになります。即ち自分の梶切で別れ話しを進めることができるということです。

別れ方2:感謝の気持ちを伝える

相手に対する不満や、相手の問題行動が原因で別れを決めることがあります。たとえそうであったとしても、別れるときは「ありがとう」で締めくくりましょう。

交際前に想像していたほど相手が優しくなかった。配慮にかける人であった。メンヘラ気味、モラハラ気味であった、など。

確かにそれらはあなたから見れば相手が悪いと感じるかもしれませんが、そもそも勝手に「こういう人だろう」と想像して交際したあなたの責任です。というか、そう考えてください。

「こんなことになってしまったけど、付き合えてよかった。ありがとう」で締めくくれば、相手にすれば一時は恨んでも先々で、悪い恋愛ではなかったとおさめることができるのです。

別れ方3:誠心誠意で相手に向き合う

男女の関係が終わるとき、別れを告げられる方、振られる方にしてみれば何があろうと悲しいし理不尽に感じるものです。

救いがあるとすれば、相手の誠意であり最後にきちんと対応してくれたと思えば自分自身を納得させることができます。

別れを決めている側としては、気持ちはもうありませんので事務的に進めたいところですが、ここは最後まで丁寧に気持ちを受け止めましょう。

相手の話しを聞く、それに対してきちんと答える、それで十分です。

別れるからどうでもよいではなく、別れるからきちんと接しておくことが大切です。

こんなときは別れさせ屋を利用するべし

男女の別れは手順を踏んで、誠実に進めることが大切です。しかし、中には正攻法の通じない相手があり、どんなにがんばったとしても、トラブルになってしまうことがあります。

そんなときには、弊社、別れさせ屋M&Mをご利用ください。

別れさせ屋の利用が望ましいパターンのひとつめは、こちらが「別れる」と言っているのに別れてくれない場合で、色仕掛けで迫ってきたり、脅迫めいたことを言う人もいます。

このタイプの相手は、あなたもしくは恋愛そのものに依存していると思われますので、普通の方法では振り切ることは難しいでしょう。別れさせ屋を使って、気持ちを外に向けさせるなどの対策が望まれます。

もうひとつは、あなた自身が別れることに自信がない場合です。別れた方がよいことは間違いないが別れられるかどうかわからない、と考えていませんか?

別れ話を切り出しても相手に飲み込まれて気持ちをひっこめてしまいそうなどという状況は危険。本当に関係を断ち切りたいのであれば優しさを捨てて縁を切ることにしましょう。

ほかにも、モラハラやDVなど現状で被害があるなどのときは、弊社の別れさせ工作を入れることであとくされなく別れることが可能です。

別れたあとにやるべきこと

別れが成立し、少し時間が経ったときにやっておくべきことがあります。

まずは、元恋人からもらったものやお揃いのものを処分すること。自分から別れを告げた恋の場合、気持ちが残っているわけではないので、記念の品などにも思い入れは残りません。よってそのまま使い続けたり、置きっぱなしということもありますが、それはやめておきましょう。もし、元恋人に何かの拍子にそれをみられたら、まだ気持ちがあると勘違いされてしまいます。また、新しい恋の相手の目に留まればトラブルの元。よいことは何もありませんので、ここできっぱり捨ててしまいましょう。

もうひとつ、元恋人の連絡先は必要最小限のみ残して、ほかは削除しましょう。別れた相手であっても、「知り合い」には変わりありませんので連絡先などは絶対に消さなければならないものではありません。しかし、SNSなどでつながっているなどは外してしまっておく方が安心です。元恋人や周りの人から余計な詮索をされるのは、面白いことではないはずです。

別れから十分な時間が経てば、ただの他人になることができますが、別れてしばらくはインターバル期間ととらえ、上手に距離をとっておくのが賢明です。

別れ上手は恋上手!よい別れで明るい未来につなげる

恋人との別れ方について、やってはいけない別れ方についてご紹介しました。あなたのためでもある「よい別れ方」についても解説しましたので、ぜひ参考になさってください。

人間関係の問題は一方が常識的な方法をとったところで、相手の性格や状況によっては大きくこじれてしまうことがあります。男女関係の場合、それは社会的なトラブルになることもありますので、できるだけ避けるべきでしょう。

上手に別れられそうにないと感じるのであれば、自分だけで何とかしようとはせず、別れのプロである別れさせ屋をご利用ください。

私どもM&Mは、ご依頼者さまのお気持ちに寄り添い、迅速で的確な方法でサポートして参ります。

別れは人生の次のステップへのスタートでもあります。明るい未来につなげるために、上手な別れで一歩前に踏み出しましょう。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*