別れさせ屋

妻子持ちを離婚させる具体策!決断してくれない彼を奪う

一般的な恋愛とは異なる不倫関係。刺激的な恋愛を楽しめる一方で、この先どうなるのか不安を抱えている女性も多いはずです。なかには、将来的に既婚男性と結婚を考えていて、奥さんとの離婚を決意させたいと考えている人もいるでしょう。

しかし、既婚者にとって離婚は人生を左右するほど大きな決断になるため、なかなか決断してくれない男性も少なくありません。そこで今回は、妻子持ちの既婚者を離婚させる具体策を紹介します。

既婚者を振り向かせる方法

妻子持ちの既婚者を振り向かせるのは難しいイメージがありますが、実は意外にシンプルなことで振り向かせることができる場合もあります。既婚者を振り向かせる方法を確認していきましょう。

いつも笑顔でいる

既婚者を振り向かせるためにまず意識したいのが、いつも笑顔でいることです。未婚既婚問わず男性は女性の笑顔が大好きなので、いつも笑顔でいられるとそれだけで魅力的に映るのです。

また、家庭では奥さんの笑顔をしばらく見ていない人も多いので、余計に女性の笑顔が見たいと感じている男性もいます。常に笑顔でいる必要はありませんが、好きな既婚男性の前では笑顔でいることを心がけましょう。彼の中であなたの笑顔が強く印象に残るはずです。

笑顔のイメージがある女性に対して悪い印象は抱かないので、深い話をしていなくても好印象につながります。既婚男性を振り向かせる際にうまくプラスに働いてくれるでしょう。

聞き役に徹する

既婚男性を振り向かせたいなら、聞き役に徹することです。なぜなら、既婚男性は、家に帰ると自分の話より奥さんの愚痴や悪口を聞くことが役割になっている人が多いからです。

一方、仕事場でも上司の話を聞かなければいけないので、一日の大半が聞き役なのです。そのため、自分の話をじっくり聞いてくれる人は、既婚男性にとって特別な存在になります。

家庭や仕事での嫌なことや自分の話を聞いてもらいたいと感じたときは、話を聞いてくれるあなたの存在が浮かび上がってくるはずです。関係が深まるまで、既婚男性と話をするときは聞き役に徹しましょう。

会う頻度を増やす

単純接触効果を知っていますか?単純接触効果とは、会う回数を増やせば増やすほど、その相手に好意を抱きやすくなるという心理効果です。恋愛においてもよく使われる方法で、効果も高いといわれています。

この単純接触効果を利用して、まずは会う頻度を徐々に増やしていきましょう。直接会う頻度を増やすのが難しければ、メールの頻度を増やすのも効果的です。ただし、自分の都合でメールを頻繁に送るのは、あまりおすすめできません。

相手に負担を感じさせてしまったら、今後連絡を取ること自体やめてしまう可能性もあります。自分の都合でメールを送るのではなく、相手のペースに合わせることを意識しましょう。

妻子持ちの相手を離婚させる具体例

それでは、ここからは妻子持ちの相手を離婚させる具体例を紹介します。少し意識するだけで、既婚者に離婚を決断させることができます。

居心地のよい環境をつくる

既婚男性と一緒に過ごすときは、居心地のよい環境をつくることを意識しましょう。男性にとっての居心地のよい環境とは、「癒される」「落ち着く」と感じられる場所です。

特に、既婚男性は、家庭内で肩身の狭い思いをしている人も少なくありません。仕事場でも上司や部下に挟まれて気が休まる暇もないのです。そのため、癒されたり落ち着いたりできる環境は、既婚男性にとって心が休まる場所になります。

そして、そんな環境を提供してくれるあなたのことを特別な存在として考え始めるのです。既婚男性と一緒に過ごすときは、いつも笑顔を心がけて「居心地がよいな」と感じてもらえるように環境を整えましょう。

徐々に一緒にいる時間を増やす

既婚男性と会える時間は限られていますが、一緒にいる時間を徐々に増やしていきましょう。家族より一緒にいる時間が長くなることで、不倫相手の存在が徐々に大きくなるはずです。

例えば、平日の仕事終わりにしか会っていないのなら、休日のデートに誘ってみるのもよいでしょう。室内デートしかしていないなら、思い切って遠出してみるのもおすすめです。

ただ、急に会う回数を増やそうとすると相手に負担がかかってしまいます。家族がいる相手であることは配慮しつつ、負担にならない程度に少しずつ会う回数を増やしていくことがポイントです。

自分の気持ちを素直に伝える

妻子がいる既婚男性に対して、自分の素直な気持ちを伝えることを躊躇する女性は少なくありません。素直な気持ちを伝えることで、少なからず相手に負担をかけることになるため、必死で自分の想いを隠しているのです。

不倫関係をこのまま続けるなら、本音を打ち明ける必要はありません。ただ、既婚男性を振り向かせたいなら、自分の気持ちが本気であることを伝えましょう。その本気の気持ちを伝えるだけで、あなたに対する見方も変わってくるはずです。

離婚には、相当なリスクが発生します。不倫をする男性は、そのリスクを背負ってでも離婚に踏み切る理由がほしいのです。あなたが本気であることがわかれば、離婚を前向きに考えてくれるかもしれません。

相手を本気にさせる

妻子のいる既婚男性を離婚させるには、相手の人生においてあなたが欠かせない存在であることを気づかせる必要があります。例えば、奥さんには無い魅力をアピールするのも効果的です。

奥さんという本命の立場は、女性を油断させてしまうことがあります。大事な存在と分かりつつも、旦那さんに対して横柄な態度を取ったりついつい小言を言ってしまったり。そんな日常が続くと、男性は居心地の悪さを感じます。

そんなときに、不倫相手から尊敬されたり尽くされたりすると、あなたを大切にしたい気持ちがグッと高まるのです。彼のことを大事に扱えば、あなたに対して本気になってくれるでしょう。

異性の存在をチラつかせる

男性は独占欲が強い人も多いので、不倫相手に異性の影を感じると急に「自分のものにしたい」と考え始める人も少なくありません。なかなか離婚を決断してくれないなら、異性の存在をチラつかせてみましょう。

「あなたが誰かに取れらる」と感じて、離婚に踏み切ってくれる可能性もあります。男性心理をうまく利用すれば、不倫相手に離婚を決意させる方向へと持っていくこともできるでしょう。

ただ、やり過ぎは禁物です。何度も異性を感じさせることで、「既婚の自分には興味はないんだ」「本気じゃないんだな」と感じて距離を置かれる可能性もあります。不倫相手に誤解されないように注意しましょう。

なぜ離婚を決断できないの?

不倫相手にどんなにアプローチしても、離婚に踏み切ってくれない人もいます。離婚は人生を大きく左右する出来事なので、結論をなかなか出せずに悩んでしまうのは当然でしょう。では、離婚の足かせになっている原因は、どのようなことがあるのでしょうか。

子どもを悲しませたくない

子どもがいる場合、親の都合で離婚を決めて、子どもを悲しませたり傷つけたりすることをなるべく避けたいと考える人も少なくありません。なかには、「子どもが成人するまで離婚はしない」と決めている人もいるでしょう。

しかし、離婚して離れ離れになっても子どもの父親であることは間違いありません。離婚したあとも、心身ともにしっかりサポートができれば、子どもをひどく悲しませることもないでしょう。

ただ、子どものことは親にしかわからないこともあります。最終的には、不倫相手の判断に任せるしかありませんが、子どもが離婚に踏み切れない理由になっている場合は、離婚するまでに少し時間がかかるかもしれません。

金銭面に余裕がない

不倫相手が離婚を決断できないのは、お金の問題が理由になっている可能性があります。実際に子どもがいる不倫相手の場合は、離婚に至ったとき子どもが成人になるまで養育費を払い続けなければいけません。また、不倫が奥さんにバレたときは、慰謝料も支払うことになるでしょう。

そして、離婚にかかる費用とは別に、あなたと一緒に暮らすための準備にもお金が必要になってきます。先々のことを考えると、「このまま不倫関係を続けたほうが楽なのでは?」という考えが頭を過る男性も多いようです。

お金の問題を解決するには、やはりあなた自身もしっかり自立することが望ましいでしょう。「たとえ離婚で多額のお金が必要になっても彼女とならなんとかなりそう」と不倫相手に思わせることが重要なのです。

世間体を気にしている

男性の中には、世間体を気にして離婚に踏み切れない人も少なくありません。離婚をするとその事実が社内に広がり、陰口を叩かれることも多いようです。なかには、間違った情報が流れて社内に居づらくなることもあります。

また、離婚したあとすぐに再婚するとなると、陰口を叩かれるだけでなく、不倫が社内にバレて女性から冷たい態度や視線を浴びせられることもあります。離婚をしたあとは、会社内で居づらくなることを覚悟しなければいけません。

しかし、人の噂は時間が経てば、自然と消えていくものです。たとえ会社で居づらくなっても、彼の味方になってサポートできれば、辛い状況も乗り越えられるはずです。心身ともに支えになることを伝えてあげるとよいかもしれません。

別れさせ屋M&Mにご依頼ください

不倫相手に離婚を決断させるのは、想像以上に大変なことです。どんなにあなたのことが好きであっても、なかなか離婚に踏み切れない男性もいます。そんなときは、自分の力だけで離婚を決意させるのは難しいでしょう。

自分ではどうすることもできないと感じたら、ぜひ別れさせ屋M&Mにご相談ください。別れさせ屋とは、その名の通り、カップルや夫婦を別れさせる工作を行うことです。自然な形でターゲットに接触するため、相手にバレる心配はありません。

別れさせ屋M&Mにご相談いただければ、今まで多くの男性に離婚を決断させてきた経験豊富なスタッフが、あなたを全力でサポートします。

既婚者へのNG行動

不倫相手を早く自分のものにしたくて焦って行動する人も多いですが、それは逆効果になっていることもあります。そこで、既婚者にしてはいけないNG行動を紹介します。

しつこく離婚を迫らない

早く彼を自分のものにしたい気持ちが強くなると、会うたびに離婚を迫っている人も多いのではないでしょうか。なかなか離婚を決断してくれない彼の姿に焦る気持ちもわかりますが、しつこく離婚を迫るのはプレッシャーを与えるだけです。

不倫相手から離婚のプレッシャーを与えられると、多くの男性はあなたと一緒にいることが苦痛になり、最悪の場合別れを切り出されることもあります。離婚は人生を左右する大きな決断になるため、不倫相手の気持ちを理解して、しつこく離婚を迫らないようにしましょう。

妊娠を武器にしない

不倫関係を経て結婚した夫婦のなかには、不倫中の妊娠がきっかけになり、前妻と離婚を決断してくれた男性もいます。そんな成功事例を聞くと、「妊娠を武器に離婚を迫ろうかな」という考えが頭を過ることもあるはずです。

もちろん妊娠がきっかけで離婚を決断できて、その後幸せに過ごす夫婦もいますが、妊娠を武器にするのはあまりおすすめできません。なぜなら、妊娠発覚後に別れを切り出す既婚男性もいるからです。そうなると、産むのか、産まないのか苦渋の決断を迫られることになるので、あなたの負担が大きくなってしまうでしょう。

必要以上に連絡をしない

一般的な恋愛とは異なり相手は妻子がいる既婚男性なので、いつも連絡が取れるわけではありません。また、会う時間は限られているため、会いたいときに会えないことも多くなります。そんな寂しさを、頻繁に連絡を取り合うことで、会いたい気持ちを抑えている女性も多いでしょう。

ただ、必要以上に相手に連絡をするのはあまりおすすめしません。奥さんに不倫がバレるリスクが高まるだけでなく、家族の時間を邪魔することになります。「不倫相手として危険な女性」というレッテルを貼られる可能性もあるので、あまりしつこく連絡しないことが大切です。

奥さんの悪口は言わない

既婚男性と会っているとき、奥さんの悪口を聞くこともあるでしょう。しかし、あなたはその悪口に参戦してはいけません。既婚男性のなかには、自分で奥さんの悪口を言っても、他の人には言われたくないと考える人もいます。

あなたが積極的に奥さんの悪口を言うことで、不倫相手の中で悪い印象につながることもあります。不倫相手が奥さんの悪口を言い始めたら、自分の意見はあまり言わずに、とにかく話を聞いてあげることに徹しましょう。

まとめ

妻子のいる既婚男性に離婚を決意させることは、そう簡単ではありません。ただ、そのまま放置していると、だらだらと不倫の関係を続けることになるでしょう。今後不倫相手との結婚を考えるなら、早めに離婚を決断してもらいたいですよね。

しかし、手を尽くしても不倫相手が離婚を決断してくれないなら、ぜひ別れさせ屋M&Mにご相談ください。今なら、24時間体制で無料受付を行なっております。まずは、相談だけでも気軽にご連絡くださいませ。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*