別れさせ屋

子持ち既婚者を略奪することは可能?知っておきたい成功の秘訣7選

子持ちの既婚者と不倫関係にある場合、子どもがいない既婚者よりも略奪の壁が高いように思えます。

夫婦の仲がどうであれ、自分の子どもは何より愛すべき存在であり、子どもとの絆はたとえ離婚したとしても切れないことが分かっているからです。

では、子持ちの既婚者を愛してしまった場合、略奪することは可能でしょうか?子持ち既婚者略奪を成功させるために知っておきたい秘訣7選についてご紹介します。

子持ち既婚者を略奪することはできる?成功事例

子どもの存在は、略奪するにあたって弊害となるイメージから、「子持ちの既婚者を略奪するなんてできないんじゃ…?」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

でも、中には子持ち既婚者の略奪に成功した事例は多数あります。成功事例をいくつかご紹介します。

・すでに夫婦関係が破綻していて、子どもとは決まった回数会う形で離婚。
・お互い子どもがいて、どちらも引き取り育てる形で離婚。
・子ども好きであることが功を奏し、子どもを引き取る形で離婚。
・子どもは既に高校生・大学生と大きかったので、理解を得られて離婚。

もちろん、必ずしもスムーズに離婚できたわけではありませんが、結果として略奪婚が成功しています。

ただし、子どもがいる以上「子どもファースト」である必要があります。略奪婚を焦る、子どもの将来や関わり方を離婚の段階で決め、きちんと子どもや前家族との付き合い方について理解を示すようにしましょう。

子持ち既婚者を略奪する際に知っておきたいリスクと心構え

冒頭でもご紹介したように、同じ略奪愛でも子どもがいるかどうかによって、考えるべきことや必要となる心構えは異なります。

というのも、子持ち既婚者を略奪することは、子どもがいない既婚者に比べてリスクが高いとされているからです。

では、子持ち既婚者を略奪する際に知っておきたいリスクと心構えについてご紹介します。

親権の問題

子持ち既婚者と略奪婚する場合、最も重要な点が親権の問題です。

子どもがいる以上、離婚したとしても親であることに変わりありません。父親か母親かのどちらかが一般的であり、どちらが親権を持つかは話し合いのもと決める必要があります。

もし、略奪した相手が親権を持つことになった場合、略奪婚後は自分たちの子どもとして育てていかなければいけません。

血の繋がりのない子どもの親になることは簡単ではありません。だからこそ、子どもの親権についてはしっかり話し合い、万が一親権を持つことになった場合には責任と愛情をもって育てていく覚悟が必要ですね。

養育費

親権を相手が持つことになった場合、養育費が発生します。この養育費に関しては、金額・期間などは話し合って決めることになります。

年収や養育費に金額によっても異なりますが、子どもにお金がかかることを考えると、経済的負担を感じるかもしれないことは年頭に置いておきましょう。

離婚後も交流を持つ必要性

離婚後親権を持たなかった場合でも、子どもとの関係が完全に途絶えるわけではありません。月に1回と決まった頻度で会う機会を設けたり、や子どものイベントに参加するなど、前夫婦の間で子どもともかかわり方を決めていくことになります。

略奪した側としては、前家族と付き合いを続けることに対して快く思わないかもしれません。

でも、相手にとって血を分けた子どもである以上、たとえ離婚したとしても何らかの形で交流を持ちたいと思うのが普通ですし、子どももまたそう思うはずです。

子どもとの交流に対しては、理解を示すとともに必要性についても常に感じてあげるようにしましょう。

子持ちの既婚者の略奪を成功させるための秘訣7選

子持ちの既婚者との略奪婚を成功させるためには通常の略奪以上の工夫や秘訣が必要となります。

それほどまでに、子どもという存在は大きいものなのです。

では、子持ちの既婚者の略奪を成功させるための秘訣7選についてご紹介していきます。

その1:一緒にいて安心すると思ってもらう

例え夫婦関係が破綻していたとしても、子どもの存在は別問題です。やはり、血を分けた我が子より愛しいものはないと考えるからです。

そのため、子どもがいる人を好きになって略奪したいと思ったら、何より一緒にいて安心すると思ってもらう必要があります。

それにより、愛すべき子どもと会えなくなることよりも、あなたと一生一緒にいたい、夫婦になりたいと思ってもらうように工夫しましょう。

例えば、自分のことを何よりも気遣ってくれたり、一緒にいて安心できると感じると、相手にとって「自分にとってなくてはならない存在」だと感じてもらえるでしょう。

その2:不満を口にしない

略奪婚までの過程には、略奪する身としても辛く不安を感じるものです。

特に子持ち既婚者との不倫関係を続けることは、相手には帰るべき家庭が合って愛する子どももいる…と自分だけが一人取り残された気持ちになる日々が続きます。

でも、そんなときでも「どうしてもっと会えないの?」、「子どもとどっちが大切?」など、不満を口にしたり相手が答えづらい質問をするのはNGです。

不満があるのは百も承知!それでも、不満を口にせず支えてくれる人こそ略奪婚を成功させることができる人なのです。

その3:家族に対して理解を示す

子どもを持つ人との略奪婚を夢見るのであれば、束縛をしたり焦ることあ禁物です。相手にとって大切な子どもや家族に対する理解を示しましょう。

本来、両親の関係性は子どもにとって無関係であるはずです。だからこそ、子どもファーストであるべきなのです。

「子どものことを一番に考えてあげてね」、「子どもとの時間を大切にしてあげて」と助言してあげると、安心して家族との時間を過ごすことができますし、その気遣いや心配りが、「この人と一緒になりたい」と思うはずです。

そしてこの思いが、略奪婚を決断するきっかけとなります。

その4:子どもに優しく接する

相手に子どもがいて、子どもを愛している場合自然と子どもが好きな人に好意を抱きます。

きっと、略奪婚後は2人の間に子どもが欲しいと思うはずです。だからこそ、子どもに優しく接するよう心がけるのもポイントです。

相手の子どもと会う機会があれば、優しく思いやりを持って接しましょう。また、たまたま見かけた子どもに対しても笑顔で話しかけたり、困っている子どもに声をかけてみるのも良いですね。

子どもに対する接し方を見て、「この人となら、幸せな家庭を築けそう」、「子どもを愛情深く育ていけそう」と略奪婚成功後の生活をイメージすることができます。

その5:お金について話し合う

略奪に成功したからそこで終わりとはいかないのが略奪婚の難しさです。

特に経済面に関しては、色々と普通の恋愛・結婚では考えなかった負担がかかることも。

特に子どもがいる既婚者を略奪した場合は、養育費やそれ以外のイベント費、節目にはお金が必要となります。親として、子どものために何かしたい、経済的な不安を感じさせたくないと思うのは当然ですよね。

子持ち既婚者を略奪するのであれば、どのような出費でも支払う覚悟があることや、工面するなどサポートする気持ちがあることを伝えていきましょう。

その6:別れさせ屋を利用してスムーズに離婚する

子どもがいる場合、いない場合よりもどう別れるかが重要となります。

やはり、両親が別れる・別れないでいつまでも喧嘩ばかりしているのでは子どもの精神衛生上良くありませんし、それならばいっそのことスムーズに別れて、別れてからも良好な関係を保つことができた方が良いはずです。

実際、両親が離婚を経験した子どもによると一番のストレスは両親の不仲なのだとか。離婚後、離婚前と同様毎日会うことはでなくてもお父さん・お母さんとそれぞれ楽しく過ごすことができる時間があればそれで幸せだという声も多いです。

ただ、略奪された側としては裏切られたことに対する怒りや憎しみはなかなか消えることができません。心の奥底では離婚しても良いと思っていても、認めたくない自分もいるのです。

そこでお互いスムーズに気持ちに整理をつけるためにおすすめなのが別れさせ屋の利用です。別れさせ屋という第三者を介入することで、当人同士で終わりのない喧嘩を続けるよりもずっとスムーズに別れることができます。

なかなか離婚が成立せずお悩みの場合には一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

子持ち既婚者の略奪するための秘訣についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

子持ちの場合、子どもがいないよりも略奪のリスクは高まりますが、略奪できないわけではありません。

ただし、何度もお伝えしたように、最も重視したい点は子どもファーストで行動すること。もちろん、不貞行為に至る時点で子どもファーストではないと言われればそれまでですが、子どもと家族がいる人であっても心から愛してしまってのであれば仕方がありません。

最低限、子どものことを考えて行動することができれば、きっと相手もより一層あなたに魅力を感じて「一緒にいたい」と思うはずです。

行き詰った際には、第三者の手を借りたり声に耳を傾けるなどして成功に向かっていきましょう!

ご相談無料・対応時間10時~24時