別れ話にウンザリ・・・別れたいのに別れてくれない交際相手の心理とは?

交際相手にあった別れ方を選択しましょう

始まりは楽しい恋も、終わりは悲しいものです。
別れ方には、正解がないので別れ話をしても受け入れてくれない相手に愛想をつかしてしまう経験をされた女性も多いのではないしょうか?
ですが、1度は好きになったパートナーですので交際相手の心理を注意深く読んで、相手にあった恋の終わり方を賢く選択していくようにしましょう。

別れたくない彼氏の心理

プライドが高い

プライドが高い彼氏の場合、自分が彼女を振ることは問題ないですが、振られるのはもってのほかです。よって別れたくても別れられないことが多いようです。プライドが高い故に「別れたくない」なんて絶対口にしたりしませんが、簡単に別れてくれることも少ないでしょう。

彼女のことが大好き

あなた自身の彼への気持ちは冷めていたとしても、彼があなたを愛している場合は別れに対してなかなか了承してくれないでしょう。別れることを決めたなら、少しずつ別れをほのめかす言動をとっておくなど、早い段階から先手をうっておきましょう。

新しい恋人への嫉妬

男性は基本的に独占欲が強い生き物です。そのため、嫉妬深い彼氏の場合、自分以外の男性と付き合うのが許せず別れを拒むことがあるようです。下手な別れ方をするとストーカーになってしまう場合もあるので、別れる際には細心の注意を払いましょう。

依存心が強い

あなた自身に依存している彼氏の場合は、なかなか別れるのは難しいでしょう。「俺にはお前が必要なんだ」と言ってつなぎ止めようとしてくるでしょう。付き合っている時から、連絡が多い、束縛がキツイ等ありましたら依存している可能性は高いと思われます。

彼氏にとって付き合うこと自体にメリットがある

都合よくあなたが利用されている場合も、別れることは難しいでしょう。経済的にメリットがある、美人で周りに自慢できる等あると思います。この場合は、「彼女を絶対手放すもんか」という心理が働きます。

結婚願望がある

女性だけでなく、男性にも結婚を焦る気持ちはあります。親や会社の上司からうるさく言われたり、周りが結婚ラッシュだったりと。男性自体に結婚願望が強くある場合も、別れをなかなか受け入れてくれないケースが多いでしょう。

今の生活自体を変えたくない

ただ単に、彼女のいる今の生活に満足していて別れたくない場合もあります。長く付き合えば付き合うほどその傾向はあると思います。

別れたくない彼氏から別れる方法

相手のプライドを立てながら別れ話を切り出す。

別れてくれない交際相手の特徴としてあげられるのが、自尊心がつよくプライドが高いタイプです。
男尊女卑の傾向があったり自分がリードすることを好むようなオレ様的な交際相手であれば、別れ話をする時に、自分が相手に対して不釣り合いな女性であることをさり気なくアピールしてみましょう。学歴、知的レベル、家柄、交際範囲、スポーツなど分野はなんでもいいので、交際相手が、自分の長所だと思っていることをさり気なく引き合いに出して、あなたが彼には不釣り合いであることを強調するのです。彼の自尊心は保たれ、あなたの別れ話に耳を傾けるようになります。

依存心の強いダメ男は徹底的に突き放す

交際してすぐに同棲生活を始めたがる男性や、四六時中あなたと行動を共にしたがるような依存心の強いダメ男は、あなたに別れ話を告げられると、まずはパニック状態に陥ります。
あなたに泣いてすがって、何とか別れ話を回避しようとするでしょう。まさになりふり構わずのタイプです。
このタイプの男性は、あなたへの依存が強く「あなたとの恋愛」=「彼の生活そのもの」になっている場合が多いのです。その為あなたを失うことを極端に恐れます。あなたへの愛情ではなく、誰かに自分のハンドルを握ってもらっていたい幼稚な心の現れです。
大の男が泣きながら説得する姿に1度は心が揺れるかもしれませんが、その裏側にあるのは自分自身を守るための自己愛であなたへの愛情ではありません。そのことをしっかりと認識して、徹底的に突き放すべきです。
まずは二人で共有していたものをすべて解約すべきです。依存心の強い男性は、そういった事務処理関係も苦手としているので、あなたが主導で次々に事務処理を終えてしまえば彼はそれを眺めているしかありません。二人の関係を清算するには、毅然とした態度と迅速な行動が重要です。

物理的な距離で心の距離をつくる

交際している時から独占欲が強い暴力的な部分があるタイプの男性は、あなたが別れ話をすることで他の誰かのものになるという心理が働き、自分のものが誰かにとられるのが許せないと感じるケースが多いです。
あなたがいくら自分の気持ちを話したとしても、彼の頭の中はあなたが誰かにとられると言う考えでいっぱいのため、全く聞く耳を持たないでしょう。目の前にあるおもちゃをとられる子供が癇癪を起こすのと似ています。
おもちゃが好きであるとか大切にしているとかいう訳ではなく、他の誰かに取られることが許せないという心理です。
このようなタイプの交際相手に対しては、一定の距離を置く必要があります。
あなたの別れたいという意思が揺るぎないものであるならば、先ずは連絡手段を一切立ちましょう。その上で、居住や職業なども変えてあなたの痕跡を彼の前からすべてぬぐい去ることが必要です。
目の前にあなたがいる間は異常な執着を示しますが、自分のテリトリーから完全に消えたものに対しては、急速に興味を失う傾向があります。

ただDVなどを繰り返していた相手であれば、身の危険を感じることもあるでしょう。その場合は、第3者に入ってもらうべきです。また弊社はDV彼氏・夫との別れさせ工作は多く手掛けてきております。安心して一人で抱え込まずにご相談ください。

無料相談をしてみる

NO IMAGE