略奪婚は貧乏の元?略奪婚後貧乏を防ぐ徹底対策

好きになった相手が既婚者だった場合、あなたならどうするでしょうか。「既婚者だから諦めないといけない」と思う人もいれば、「たとえ略奪してでも一緒になりたい!」そう強く思う人もいるでしょう。

後者の場合、既に婚姻関係にあるパートナーから略奪する必要があるあります。でも、中には略奪に成功した先に待っている略奪婚に対して、「略奪婚後は貧乏になる」なんてネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、本当に略奪婚は貧乏になるのでしょうか?それとも単なるイメージでしょうか?

この記事では、略奪婚が貧乏になるという世間的イメージが強い理由と、略奪今後貧乏にならないために取っておきたい対策についてご紹介していきます。

略奪婚は貧乏になる?

略奪婚に成功して、自分が愛する人を手に入れることができたら、幸せな結婚生活を夢見るでしょう。でも、ただ幸せというだけではないのが略奪婚。2人に試練が訪れることも覚悟しておく必要があります

その一つが、お金の問題です。
略奪婚には貧乏が待っているというイメージがあるように、既婚者を略奪するということは、いろいろとお金がかかるものです。
実際に、略奪婚成功後に「離婚や略奪婚ってこんなにお金がかかるんだ…!」と頭を悩ませる人も少なくありません。

ただ、想定していたか否かによっても略奪婚後のお金のかかり方は違いますし、事前に対策さえ知っておけばある程度工面することもできるでしょう。

略奪婚=貧乏となり、苦労するかどうかは自分たち次第なのです。

略奪婚で貧乏になる理由

これから愛を貫いて略奪しようと思っている方や、すでに結ばれていてこれから結婚…という方にとって気になるのが、「なぜ略奪婚で貧乏になるのか」ということでしょう。

できることなら、貧乏になりたくないというのが本音でしょう。ただ、前述したように、略奪にはお金がかかります。
ここが普通の恋愛・結婚とは一味違う部分でもあります。

では、略奪婚の一体どこにお金がかかるのでしょうか?略奪婚するにあたって考えるべき費用について挙げてみましょう。

慰謝料

略奪婚の場合、基本的にまだ前のパートナとの婚姻関係が続いていることから関係が始まっていることになります。それは言ってみれば、不貞行為にあたります。

この不貞行為に前パートナーが気づいている場合には慰謝料を請求されることになるのが一般的です。前パートナーからすると裏切られたと感じるでしょうし、精神的負担を与えた見返りとして慰謝料は請求されて当然とも言えます。

ではここで気になるのが、その金額です。
不倫による慰謝料の金額は、不倫・不貞行為を行っていた期間や頻度、収入によっても異なりますが、一般的には100万円~300万円ほどです。

この慰謝料に関しては、既婚者だった側だけでなく不貞行為の相手側も請求されることも考えられます。

つまり、略奪婚した場合、単純計算で2倍の慰謝料がかかることになります。そうなると、慰謝料だけでも、かなりの負担となってしまいます。

養育費

前パートナーとの間に子どもをもうけている場合で、離婚後前パートナーに親権があるときには子どもを育てていくための養育費を支払わなければいけません。

この養育費に関しても、慰謝料と同様、子どもの数や年齢、収入によって金額に違いがあります。支払う期間についても話し合いの元決める必要がありますが、成人するまで支払うのが一般的です。
そのため、略奪婚した時点で、子どもがまだ幼少期である場合、その先長年に渡って養育費を支払っていかなければいけません。

財産分与

婚姻期間中の貯蓄や不動産などの財産は、離婚時に財産分与として公平に配分されることになります。
つまり、内緒で貯蓄していた貯金でも、離婚時には折半しなければいけません。

また、財産というと貯蓄や不動産などのプラスとなるものをイメージしがちですが、-の財産である借金も財産分与の対象となります。

略奪がバレて左遷

社内不倫に限らず、婚姻中にも関わらず不貞行為をしていたことが明らかになると社会的評価が下がるのは明らかです。

社会的評価が下がった結果、場合によっては会社に損害をもたらせたと判断され、最悪の場合懲戒免職となることも考えられます。

懲戒免職まで至らなくても、出世をすることができないなど予定していてよりも大幅な年収ダウンに繋がる可能性や、左遷や出向を命じられることもあります。

略奪婚後貧乏にならないための方法

どうしても一緒になりたい人との略奪婚後、少しでも辛い経験や思いはせずに幸せに過ごしていきたいと思うのは当然でしょう。

では、略奪婚後貧乏にならないために、あらかじめできる対策はあるのでしょうか?

スムーズに別れる

前パートナーが、あなた方の不貞行為に対して怒っているのであれば、経済的・社会的制裁を受けることは明らかです。

でももし、スムーズに別れることができれば、そういった制裁も最小限に抑えることができると言えるでしょう。

ここでカギとなるのが、前パートナーに婚姻関係を続けられない事実の存在です。

例えば、前パートナーに離婚が必要となるような、不利益な事実(不貞行為や仕事をしない、家事をしないなど)があれば、離婚の理由となります。

でも、中には全くその理由がない人もいるでしょう。もし、そういった不利益な事実がないのであれば、その事実を作るという方法があります。

「事実をつくるなんてこと、できるの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

そこで利用するのが別れさせ屋です。別れさせ屋に依頼し、不貞行為の証拠を残すことで、離婚を告げることができます。
仮にこちらの不貞行為が全パートナにバレていたとしても「お互い様」という形で、慰謝料の請求なしで離婚することができます。

別れさせ屋は、離婚工作のプロ!そのため、確実かつスマートに離婚を成立させることができます。

あらかじめ離婚後の支出を把握する

略奪婚するとなると、前述したようにさまざまな面でお金が必要となります。
必要となるお金に気づかず離婚したのでは、その支出の多さに驚いてしまいますし、略奪婚貧乏になってしまうかもしれません。

あらかじめ、離婚時そして離婚後どの程度支出があるのかを把握し、心構えができていれば、経済的にも精神的にも負担が少なく済みます。

苦労して得られる幸せもある

略奪婚後貧乏となってしまうカップルは少なくありませんが、お金がなく苦労することは単に辛さだけではないはずです。

略奪婚時の苦労は、2人とって良い経験となることもあります。
その時は分からなくても、苦労して得られる幸せもあることに実感できる日がくるはずです。

パートナーとの結束力が高まる

略奪婚をすることで、通常の恋愛や結婚では経験しなかった精神的・経済的な苦労をすることになります。
ただ、略奪してでも結婚したかったというお互いを思う強い気持ちがあるからこそ、待ち受ける困難を乗り越えていくことができるでしょう。

簡単ではありませんし、辛い思いをすることもあります。でも、そのたびにお互い支え合って乗り越えていくのでパートナーとの結束力が高まります。

お互いを大切にすることができる

「金の切れ目は縁の切れ目」とよく言われいますが、その一方で金にまつわる苦労や努力をすることで前述したように結束力を高めることができますし、お互いがなくてはならない存在と感じます。

そもそも略奪婚をしたことで、金銭問題に限らず周囲から心ない言葉を言われたりと、辛い思いをするかもしれません。

でも、そういった逆境でも乗り越えられた2人であれば、お互いを必要とし、大切に思うことができるはずです。

結婚生活を送る中でお互いを思う気持ちは年齢薄れていきがちですが、厳しさを乗り越えたから経験があるからこそ、いつまでも変わらず大切に思いあうことができるでしょう。

略奪婚を決めたら略奪婚貧乏対策を

略奪婚は、自分だけでなく、周囲の人を悲しませる可能性があり、決して望ましいものではありません。

でも、好きになった相手が既婚者であっても、その思いを止められないほど強い思いなのだとしたら、略奪してでも自分と一緒にいてほしい。そんな一生に一度ともいえる大恋愛ができたら、素敵なことですね。

ただ、略奪婚には山あり谷あり…特に金銭問題は起こりやすいからこそ、略奪婚貧乏で苦しまないためにも、あらかじめ対策をとることをおすすめします。

幸せを掴むために、今できることからはじめましょう。

NO IMAGE