別れさせ屋

嫁と別れたい!浮気してほしい場合の効果的な方法は?

約3割の夫婦が離婚するという現代において、男性・女性どちらからも『離婚したい』と思うことはあるでしょう。

自身が不倫をしている場合をはじめ、中には妻への愛情がなくなったことで穏便に離婚するために妻に浮気をしてほしいと思う男性もいます。

この記事では、そんな妻と別れたい!離婚するために妻に浮気をしてほしい方必見の、妻に浮気をさせるために知っておきたいあなたがすべき行動と浮気させる方法についてご紹介します。

妻と別れたい男性は約4割

約3割の夫婦が離婚すると言われる現代において、結婚自体、永久的な夫婦生活を約束するものではなくなっています。

実際、『妻と離婚したいと考えたことはありますか?』というアンケート調査によると、約4割の人が妻と離婚したいと思ったことがあると答えています。

原因が何であれ、離婚したいと思ったことがある人がそれほどいて、妻側にも同等数あるいはそれ以上いることを考えると、むしろ離婚せずに夫婦生活が続くことの方が難しいようにも感じられます。

妻に浮気をさせることが穏便な離婚に繋がる理由

妻と離婚したいと思う原因はその人によって異なります。他に好きな人ができて不倫をしている人もいれば、単純に妻との結婚生活を終わりにしたいという人もいます。

理由は何であれ、離婚するとなると自分の意志だけで決めることはできず妻の合意が必要不可欠です。

でも、『結婚よりも離婚する方が難しい』と世間一般的に言われるように、一度結婚した夫婦が離婚を決意し、実行するのは決して簡単ではありません。

特にどちらかのみが一方的に離婚したい場合には、相手の理解や同意を得なければなりません。だからこそ、穏便に離婚するためには双方が『離婚したい』という共通の思いがあることが最良の道と言えます。

お互い気が合わないことを理由に離婚する場合は別として、元々離婚したかったわけではない妻に離婚の意志を示させるために最も効果的な方法が、妻に浮気をさせることです。

では、なぜ妻に浮気をしていることが穏便な離婚に繋がるのか、詳細について解説します。

自分が浮気をしていることがバレたら不利になるから

自分が妻以外の人を好きになり、不倫をしている状態の場合離婚をする上で不利な立場にあることは明らかです。

もし『離婚したい』という意志を告げたことをきっかけに不倫の事実が妻にバレてしまえば婚姻中の不貞行為として慰謝料を請求されますし、場合によっては彼女にも慰謝料の請求をされたり、会社にバラされて社会的立場が悪くなることも考えらえます。

自分に非があることが明らかだからこそ、少しでも自分の立場を悪化させないために妻に不倫して欲しいと考えます。
なぜなら、もし妻が不倫してくれれば、お互い様ということになりますし、離婚しやすくなるからです。

ズルいようですが、妻に不倫させることが少しでも穏便に離婚するための策です。

合意の上で離婚できるから

妻が不倫をして、離婚したいと思わせることができれば、お互い合意の上で離婚することができ、離婚成立までの時間もそれほどかかりません。

離婚が大変と言われる理由は、合意までの道のりにあります。前述したように、どちらかが離婚したいと思っていても、片方が離婚したくなければ離婚することはできません。

双方が離婚に同意する必要があり、よほどお互いに離婚したいという思いが共通していない限り最終的に離婚するまでには年単位の時間がかかることも…。

妻が不倫をして、相手の男性を好きになってくれれば夫と別れてその人と一緒になりたいと思いますし、例え結婚したいとまで思わなくても、心置きなく彼と一緒にいられる時間を望むでしょう。

恋をして妻の機嫌がよくなるから

女性は恋をすると美しくなるとよく言われます。これは、女性ホルモンが活性化されていることが理由にあり、美しくなるだけでなく気分も良くなり良いことづくしなんです。

誰かを思う、異性から愛されているという実感が、女性を美しくかつ元気にさせてくれます。

夫婦の関係があまりよくないと、当然機嫌が悪くなり揉めることも多いでしょう。ところが不倫をすることで妻の機嫌を良くすることができれば、離婚話を持ち掛けた際にも快諾してくれる可能性が高くなります。

たとえその場で快諾とまではいかなくても、恋をしている状態としていない状態とを比較すると話しやすさや理解や関心も雲泥の差と言えます。

妻に浮気させることはできる?

妻への愛情がない、あるいは妻以外の女性を好きになった…。さまざまな理由で妻と離婚したいと思っていて、『どうしたら別れられのだろう…』と悩んでいる人は多いです。

そこで今回のテーマである妻に浮気をさせて離婚を成立させるという方法ですが、結論から言うと妻に浮気をさせて離婚することは可能です。

ただし、『浮気してくれないかな~』とただ思っているだけでは当然何も変わりません。あなた自身が、妻が浮気をする流れにもっていく工夫や工作が必要となります。

妻が浮気したくなる夫の行動

妻に浮気をしてほしいと思うのであれば、夫であるあなた自身が妻に対する態度を変えていく必要があります。

妻があなたのことを愛してやまない状態では、あなたがいくら離婚したいと言っても当然首を縦には振りませんし、むしろ離婚したいと言いだすなんて何かあるのでは…と変に勘ぐられてしまったのではあなたが不利になってしまいます。

そこで、妻が浮気をしたくなる、夫以外の男性に気持ちを動かすようにするためにあなたが取るべき夫としての行動についてご紹介します。

家にいない時間が長い

よほどお互いを理解しているか、あるいは元々お互いの時間を必要とするタイプである以外、やはり夫婦なのだから一緒に時間を過ごしたいと思うのは当然です。

一緒にいる時間がなく、会話や接点がなければ自然と気持ちが離れていきますし、やはり他の男性への興味も沸きます。
悩みや不安、何てことない話であっても夫であるあなたに話を聞いて欲しいと思っているのにいつも家にいないのでは、他の男性を頼りたくなりますし、そもそもあなたに対する興味や関心は減っていきます。

『仕事で帰りが遅い』、『週末は接待だから』と何癖つけて家にいる時間を減らしていきましょう。

家にあなたがいない状態が続くと、どうせ家にいても帰ってこないのだからと妻も外出する時間が増えるかもしれませんし、もし好きな男性ができたとしても心置きなくデートすることができます。

女性の影を感じさせる

あなたに自分以外の女性の影を感じると、裏切られた気持ちになって仕返しのつもりで自分も浮気したくなります。

もちろん、そもそもあなたに対して愛情がある場合にはただ悲しませることになってしまうのであまり向いてはいませんが、そもそもあまり愛情がない場合には悲しみよりも苛立ちや不満が勝って『夫が浮気しているなら、私も』と浮気に踏み出す可能性が高くなります。

とはいえ、本当にあなたが浮気をしていた場合には、離婚する際に不利となってしまうのであくまでフェイクにするか、あるいは実際の不倫相手の存在や行動は絶対にバレないようにすることが重要です。

『もしかして、浮気している…?』と確信は持てないけれど勘繰られる程度に押さえておきましょう。

妻の話やお願いを聞かない

夫婦として生活していたら、『今度の週末、出かけたいんだけど空けておいてくれない?』『もっと早く家に帰ってきて欲しい』など何かと妻からお願いされることもあるでしょう。

ここでお願いに対して答えてしまうと、なんだかんだ言っても優しい、私に気持ちがあると思われてしまうのでわざわざ不倫しようとまで思いません。

そのため、妻からのお願いは基本的に無視をする必要があります。

何をお願いされても無視し続けていると、いつかあなたとの円満な夫婦関係を諦めてくれるはずです。

あなたからの気持ちを遠ざけて、他の男性に向くように仕向けましょう。

夫婦喧嘩が多い

夫婦喧嘩は、離婚の原因の一つです。何かにつけて喧嘩ばかりしているのでは気疲れしてしまいますし、『そもそもの相性が悪いのでは?』『夫婦でいる意味はあるのかな?』などと夫婦関係そのものを疑問に感じます。

この、夫婦関係を疑問に感じることがポイントで、あなた以外の人に目を向けることができれば、あなたへの不満から恋愛関係に発展しやすくなります。

喧嘩ばかりのあなたよりも不倫している彼にハマって行けば、自然と心が離れていくのは明らかです。

他の男性を好きになったからという理由以外にも、夫婦関係の悪化や夫婦の相性が悪いという事実があれば、離婚を決断しやすくなります。

妻に浮気させる6つの方法

妻があなた以外の男性と不倫するのは、夫婦生活を通して感じた夫であるあなたの妻に対する言動や素ぶりが関係しています。

あなたから愛されていると感じているのであれば、わざわざ他の男性に目を向けることはないからです。

つまり、あなたの妻に対する行動や素ぶりが不倫を始めるきっかけとなります。

そこで続いては、妻に不倫をさせる6つの方法を解説してきます。

1:別れさせ屋を使った工作

妻に不倫をしてほしいと思っていても、主婦に新しい出会いはそれほど多くはありません。ましてや、妻が専業主婦として自宅にいる場合には、他の男性との接点はほとんどないに等しくそれでは不倫してほしくても出会いそのものがありません。

すぐにでも不倫して欲しい!と思うのであれば、別れさせ屋の利用をご検討ください。別れのプロフェッショナルである別れさせ屋の手にかかれば、工作の一つの方法として、妻に男性と出会わせ、不倫関係に持ち込むことができます。

もちろん、性格や状況に応じた工作を練り、入念な下調べや情報収集のもと実行するので、離婚まで効率よく進められます。

いち早く離婚したい、そのためにも妻に不倫して欲しいという方は、是非一度ご相談ください。

別れさせ屋M&Mへは以下よりご相談ください。

2:セックスレスになる

夫婦にとって夜の生活は非常に重要です。

いくら一緒にいる時間が少なかったり、愛情を感じる機会が少なくてもやはり体の関係を持つことで女性として愛されていると実感することができます。

夜の生活がなくなって、いわゆるセックスレスになれば愛情を感じられない、自分が女性として見られていないように感じます。

そのため、妻から誘われても『疲れているから』、『明日も朝がはやいから…』と何かと理由をつけてセックスを断りましょう。最終的にセックスレスになれば、他の男性に気持ちが移り、離婚も視野にいれるようになります。

ただしこの方法はセックスしたいと思っている女性に効果的です。妻側がセックスをしなくても良いタイプであればそれほど不満にも感じないので、妻がどちらのタイプなのか見極めましょう。

3:関心がないそぶりを見せる

妻にとって、唯一無二の夫が自分に無関心であることは辛いですし、不倫をするきっかけにもなります。

例えばヘアスタイルを変えたとき。やはり夫に『ヘアスタイル変えたの?見合うね』と変化に気づいて一言ほしいと思うものです。

ところが、ヘアスタイルを変えてもあなたから何も言われないのでは、自分に対して興味がないと感じますし、そんなときに他の男性から『髪型に合うね!』と言われると思わずドキドキして気移りしてしまうでしょう。

女性は変化を見逃さないのは愛情の証と考える傾向にあるので、妻に対して無関心を貫いていると、自分への関心の薄さ(なさ)からあなた以外に目を向けるようになります。

4:夫婦の時間を減らす

例えセックスレスだとしても、夫婦で過ごす時間があれば夫婦として円満だと感じる人も少なくありません。

ところが、夫婦の時間もなければどうでしょうか。

当然夫婦の会話もなければ、コミュニケーションもありません。その状態が続けば、何もない夫婦関係に意味を見出せなくなるはずです。

妻と離婚したい、そのために不倫して欲しいと思うのであれば、夜遅くに帰宅したり、休日にも予定を詰め込むなど夫婦の時間を減らしていきましょう。一人でいることが寂しい、誰かに側にいて欲しいという感情は、あなた以外の男性に目を向けるきっかけとなります。

5:異性として見ていないことをアピールする

女性たるもの、いつまでも女でありたいと思っています。結婚すると、当然他の男性と付き合うことはなくなるので、本来夫だけが自分を女として見てくれる存在であるはずです。

でも、そんな唯一無二であるはずの夫が、自分のことを異性である女として見てくれなければ自分には女性としての魅力がないように感じます。

『もう家族としてしか見れない』、『女性としての対象ではない』と言われてまうと、女性としてレッテルを貼られているように感じるのも無理はありません。

もう一度自分の女性としての魅力を確認するために、あなた以外の男性と付き合いたいと思うでしょう。

6:男性としての魅力をなくす

自分が女性として見て欲しいと思うだけでなく、夫に対してもいつまでも男としての魅力を持ち続けて欲しいと思います。

例えば、スレンダーなスタイルに惹かれて選んだのに、太り続けて以前の面影がなかったり、仕事に生きがいを持つ姿を尊敬していたのに、仕事に対するやる気がなくいつもダラダラしている…。こんな姿ではやはり魅力を感じませんし、惹かれるものが多かった人ほど落差に嫌気がさしてしまうでしょう。

男性としての魅力を感じさせないようにすれば、妻も魅力的な男性との出会いが交際に発展しやすくなります。

妻があなたの姿や変化を見てゲンナリするようにするのも一つの方法と言えます。

まとめ

妻と離婚したいと感じている男性は数知れず、妻に不倫をさせることも離婚するための一つの方法です。

ただし、妻に不倫して欲しいと思ったとしても、簡単に不倫できるわけではありません。そこには妻側の気持ちが大きく関係しているからです。

だからこそ、本記事でご紹介したように、まずは夫であるあなたが妻が不倫したくなるように意識しながら行動することからはじめることをおすすめします。

その上で、浮気させる方法をご参考に、実行にうつしましょう!

スムーズに離婚をして、あなたが次の一歩を踏み出すスタートラインをきりましょう。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*