別れさせ屋

略奪婚に慰謝料を減額したいなら?覚悟するべき経済的負担

家庭のある人を愛し、略奪婚に至った場合さまざまなトラブルが起こるこことが予想できますし、試練に対する覚悟が必要です。

ただでさえ不安に感じることの多い略奪婚ですが、中でも覚悟しておくべきなのが経済的負担です。特に慰謝料に関しては払わなければいけないケースが多いことから、あらかじめその金額や軽減できるか否かなど知っておきたいところです。

この記事では、略奪婚を考える方が気になる慰謝料について、また、慰謝料を減額する方法について紹介します。

 

略奪婚に慰謝料はつきもの

略奪婚と聞いて、何をイメージするでしょうか。そもそも略奪婚はネガティブなイメージが強いため、人から何か言われたり、さまざまな場面で肩身の狭い思いをしたり…といろいろな覚悟が必要となります。

家庭のある人を愛し、略奪婚という形で家庭を壊した場合必ずと言って良いほど請求されるのが慰謝料です。

不倫により離婚に至ったという事実がある場合、直接的原因が不貞行為となることから、その他離婚に至った重要な要因がない限りほぼ確実に慰謝料がかかると考えておきましょう。

 

慰謝料の金額は?金額を決める3つの要素

慰謝料について考えたとき、最も気になるのがその金額です。いくらかかるのか、だいたいの相場を知っておきたいと思うのは当然です。

実は、不倫や不貞行為による慰謝料の相場に決まりはありません。不倫や不貞行為があった事実を証明する証拠の有無や収入などによってもその金額が左右します。

ただし、慰謝料の金額を決める要素は大きく3つあります。

・婚姻期間中に浮気相手との体の関係の有無
・浮気相手が、交際相手に家庭があることを知っていた
・浮気が直接的な原因で離婚に至った

これらを裁判所が相対的に判断して慰謝料の金額が決まります。

個人差はあるものの、一般的な相場としては300万円程度~はかかると覚悟しましょう。

 

略奪婚で覚悟するべき負担

略奪婚でかかる可能性のある負担は慰謝料だけではありません。後から良そうしていなかった負担がかかったり、試練が押し寄せると耐えきれるか心配なるのではないでしょうか。。

略奪婚後、「こんなはずじゃなかった…」と後悔することのないよう、事前にある程度覚悟しておくようにしましょう。

子どもがいる場合は養育費

自分の子供を育てていくのは親として当然の義務です。前パートナーとの間に子どもをもうけていて、なおかつ離婚後前パートナーが親権を持ち子どもを育てていくことになった場合養育費を支払っていかなければいけません。

養育費を支払う期間は、子どもが成人になるまで、あるいは大学を卒業するまでなどと異なりますが、子どもがまだ小さい場合には略奪婚後十数年にわたって支払わなければいけません。

養育費の金額についても、収入や人数などによって前後しますが、毎月決まった金額を支払わなければいけないと考えると、決して安い金額ではありません。

ましてや自分たちの間に子どもが生まれたら、育てる義務がありますし、自分の子どもではない相手との子どもに養育費を支払うことに対して思うことがある人もいるようです。

財産分与

夫婦として生活していた頃の貯蓄や不動産などの財産は、離婚時に財産分与として折半するのが一般的です。

いくら、相手の元パートナーが専業主婦(主夫)だったとしても、折半しなければいけません。そのため、経済的負担を感じることになります。

社会的制裁

略奪婚はもちろん、略奪婚に至るまでの不倫や不貞行為に関して厳しい世間の目にさらされることになります。

特に仕事面においては、降格や給料ダウン、左遷などの社会的制裁を受ける可能性もありますし、場合によっては会社を追われる身となるかもしれません。

イメージや噂はついて回るものなので、その後も生きにくさを感じるかもしれません。

周囲との関係性悪化

略奪婚に至るまでに、前パートナーとの離婚したことに何か原因があったとしても不倫をした事実や、それにより家庭を壊した、人を傷つけたというイメージが強くなります。

それにより、周囲の人との関係性が悪化し略奪婚が成功しても周囲に報告できない、祝福してもらえないかもしれません。

人の噂は時間の経過とともに薄れていきますが、残念ながらついてしまったイメージはなかなか消し去ることができません。

特に、不倫や不貞行為の事実について反対していた人や批判を受けた人との関係性を改善するまでには時間がかかることを覚悟しておきましょう

 

略奪婚時の慰謝料を減額する方法

略奪婚に慰謝料はつきものだと覚悟していても、金額を抑えられるに越したことはありません。でも、できることなら負担が少ない方が良いと思うのは当然です。

では、略奪婚時にかかる慰謝料を抑えることはできるのかが気になるところですよね。

慰謝料の金額を決めるのは、離婚に至った要素が大きく関係しています。つまり、もしこちら側の不倫・不貞行為が直接的な要因で、相手に離婚に至るほどの要因がないのであれば、こちらが圧倒的に不利となり金額も高くなってしまいます。

そのため、いかに揉めることなくスムーズに別れるかが重要となります。相手側にも離婚の要因となる事実があると、慰謝料の金額を抑えることができるかもしれません。

そこで利用すべきなのが、別れさせ屋です。別れさせ屋が調査員や工作員を派遣して相手の状況を調査します。もし他の人との不倫状況が見つかった場合、証拠を手に入れることができれば離婚時の慰謝料を軽減することが可能です。場合によっては慰謝料なしでの離婚が可能になります。

略奪婚とはいえ、人によって状況は様々。現在のあなたがどのような状況かによって別れさせ屋の手口や手法は異なります。まずは一度、弊社、別れさせ屋M&Mまでご相談ください。

 

略奪婚時にかかる慰謝料、払わない方法はある?

略奪婚に慰謝料はつきもの、とはいえ略奪婚後は新しい生活が始まりますし、出費できれは抑えたいもの。慰謝料もできれば払いたくないですよね。

実は、慰謝料を請求されても、支払わなくても良いケースもあります。

・不倫当時に夫婦関係が破綻していたことを証明できる
・慰謝料請求の時効である不貞行為の事実を知ってから3年が経過した

この場合には、支払わなくても良い場合もあります。

また、請求された慰謝料が相場や収入から想定的に判断して高額である場合には慰謝料を減免することができます。

必ずしも請求された金額を支払わなければいけないわけではないことを念頭に置いておきましょう。

 

まとめ

略奪婚の慰謝料をはじめとする負担や、慰謝料を軽減させる方法についてご紹介しました。

本来であれば、ようやく夫婦となったことに喜びを感じて新たな生活をスタートさせたいところですが、なかなかスムーズにはいかないのが略奪婚です。

特に慰謝料に関しては請求される可能性が高く、事前に知識を得ておくとあとから「そんなはずじゃなかった…」という後悔を防ぐことができます。

試練や不安に感じることが多い略奪婚ですが、夫婦2人で残り超えてより一層絆を深めていきましょう。

ご相談無料・対応時間10時~24時