別れさせ屋

婚約破棄させて別れさせたい!好きな人を手に入れるために

好きな相手が婚約してしまったら、ショックを受けることはもちろん諦めるしかないと考える人も多いことでしょう。しかし、婚約中のカップルであってもさまざまな理由で婚約が破断になることもあるのです。

婚約した相手でも諦められないなら、結婚するまでやれることをやってみるのはいかがでしょうか。

あなたのアプローチ次第では、振り向いてくれる可能性はあるのです。そこで今回は、婚約したふたりを別れさせる方法を紹介します。

婚約したふたりが別れを決断するきっかけ

婚約中にもかかわらず、別れを決断するカップルもいます。好きな相手を振り向かせたいなら、しっかり確認しておきたいところです。そこで、婚約したあとに別れを決意する理由を紹介します。

相手の浮気を確信した

婚約をしたあと、気が緩んで浮気をしてしまう人も少なくありません。それが婚約相手にバレて最終的に破局してしまうケースもあります。婚約中にもかかわらず浮気をしてしまうのは、完全に気が緩んでいる証拠です。

独身最後を楽しもうと羽目を外してしまう人も少なくありません。婚約した好きな相手を振り向かせたいなら、婚約直後にアプローチをすることで距離を縮められる可能性があります。ただ、人によって考え方は異なるため、相手がどんな人なのかしっかり見極めてから行動しましょう。

マリッジブルーになった

結婚前の女性が感じるマリッジブルー。実際に結婚が現実味を帯びる中で気持ちが落ち込んだり不安を感じたりすることがあるようです。なかには、日常生活や仕事にまで支障が出ることも。そして、その不安から逃れたくて別れを決断するケースがあるようです。

ある調査によると、結婚前にマリッジブルーになる割合は全体の約4割を占めることがわかっています。女性がマリッジブルーになると、カップルの関係にも悪影響を及ぼすため喧嘩が絶えなくなることもあります。そんな関係が続けば、婚約破棄になる確率は高くなるといえるでしょう。

巨額の借金があることが発覚

婚約したあと、相手に巨額の借金があることがわかり婚約が破談になるケースもあるようです。「黙っていればわからない」という軽い気持ちから真実を隠したまま婚約する人も少なくありません。しかし、その真実がバレたことで一気に信頼関係が崩れることになります。

小さな嘘であれば許せますが、お金の問題は今後の生活に大きな影響があるため信頼関係を修復するのに時間がかかってしまうのです。ただ、一度真実を隠されると相手への不信感が高まってしまうので、最終的に別れを決断するカップルは少なくないようです。

結婚式の準備中に大喧嘩をした

婚約をして結婚の準備を進める中で、喧嘩が絶えなくなるカップルは少なくありません。結婚の準備は、式場を抑えたり招待状を作ったりなどやる事がたくさんあるため、うまく役割分担ができないと大喧嘩に発展することも。

そもそも育った環境が異なるふたりが結婚という同じ目的に向かっているため、時には意見や考え方の違いで揉めることもあります。すべてのカップルに該当するわけではありませんが、結婚の準備中は喧嘩をしやすい状況であることを覚えておきましょう。

他の異性を好きになってしまった

婚約中でありながら他の異性を好きになってしまい、婚約破談に至るケースもあります。実際に婚約相手に好きな人ができて別れを告げられた体験談も数多く存在するのです。

そのため、好きな相手が婚約したとしても振り向いてくれる可能性はゼロではありません。相手の婚約者にはない魅力を伝えるなど戦略的にアプローチをして、相手との距離を縮めていくことが大切です。

婚約したふたりを別れさせる方法

婚約中でも破断するカップルもいますが、順調に結婚までいくふたりもいます。あなたが行動を起こさなければ、状況が変わらないことがほとんどです。そこで、ここからは婚約したふたりを別れさせる方法を紹介します。

ふたりのことを徹底的にリサーチする

実際に行動を起こす前に、まずはふたりのことを徹底的に調べましょう。ふたりの関係性はもちろん婚約相手の仕事や性格まで、さまざまな情報を集めることがおすすめです。

相手の情報を知ることで、アプローチをするうえで何かヒントになることが隠れているかもしれません。実際に行動を起こすときにも役立つ情報になるので、本人に直接聞いたり周囲から情報を集めたりするのもよいでしょう。

自分磨きをする

相手の情報を集めたら、好みの異性のタイプも見えてくるでしょう。自分の外見がそのタイプから大きく離れている場合は、自分磨きをすることがおすすめです。わかりやすく髪型や洋服、メイクなど外見を変えてみるのがよいでしょう。

話をするきっかけになるだけでなく相手の関心も引くことができ、距離感も一気に縮められるチャンスを得られるはずです。外見に加えて内面も磨けばより一層あなたに関する関心も高まります。本を読んで知識を増やしたり資格を取ったりするのもよいでしょう。人としても魅力が増幅することは間違いありません。

友達として信頼関係を深める

相手への好きの気持ちが高まると婚約していることもあり早く関係を深めて、婚約を破談にしたいと考える人も多いです。ただ、気持ちが焦ると大胆な行動に出てしまうことも多く、それが逆効果になることも少なくありません。

恋愛において焦りは禁物です。ここは気持ちを落ち着かせて、好きな相手と友人関係になることを意識しましょう。そして、友人として信頼関係を深めていくのです。友人であれば相手から近い立ち位置で状況を見守れるため、アプローチするときにも優位に働くでしょう。

味方になってくれる人を見つける

婚約中の相手に片思いしていることをあまり知られたくないと考える人も多いですが、味方になってくれる人を探しましょう。味方がいれば辛いことがあっても相談できたりアドバイスをくれたりなどいろいろな場面でサポートをしてくれます。

また、アプローチ中もポジティブな気持ちを維持できるので良い方向に変化することも多いです。ただし、婚約中の相手に恋心を抱いていることを複数の人に話すのは控えましょう。その恋愛を打ち明ける相手は、あなたが本当に信頼できる友人にだけ相談するのが望ましいです。どこから話が漏れるかわからないので、話す相手は十分に検討しましょう。

好意を匂わせる

ある程度相手と関係が深まってきたら、好意を匂わせるのがおすすめです。好きな気持ちを素直に伝えるというよりは、「あれ、この人自分が好きなのかな?」くらいがベスト。この答えの出ないグレーな感じが相手を惑わせることができます。

一般的に人間は答えの出ない問題に対して、気になり始めその事で頭がいっぱいになります。好意を匂わせるだけに留めれば、あなたのことを考える時間が増えるということです。また、好意を匂わすことで相手も意識し始めるので、女性として見てくれる可能性もあります。好意を匂わせて相手を惑わしましょう。

関係が深まったら気持ちを伝える

好意を匂わせて相手を惑わして関心を引き寄せられたら、最後はあなたの本当の気持ちをちゃんと伝えましょう。本当の気持ちを伝えるときは無駄な駆け引きはせずに素直に伝えるのが望ましいです。あなたの本気の姿を見たら、相手も本気で考えてくれるはずです。

ただ、LINEや電話で伝えるのは避けましょう。気持ちを伝えるときは直接会って顔を見ながら話すのが一番です。本気度も伝わりますし、相手の表情を見ながら話を伝えられます。気持ちを伝えたことで、流れが一気に変わる可能性が高いです。

別れさせ屋M&Mにご相談ください

そもそも別れさせ屋とは、その名前の通り男女を別れさせるために工作を行うサービスを提供している会社を指します。別れさせ屋が行う工作は、法律を厳守のもと行なっているため法に触れることはありません。社会的なルールを守った上で工作を行うのが別れさせ屋なのです。

別れさせ屋の代表的な手口は、自然な形でターゲットに近づき感情をコントロールして目的を達成します。いわゆるハニートラップといわれる恋愛工作はもちろん、同性の工作員がターゲットに接近して心理的な誘導を図るケースもあります。

好きになった相手が婚約した人であれば、思うように進まないことも多いでしょう。そんなときは、ひとりではどうすることもできないこともあります。ひとりで悩んでいるなら、ぜひ別れさせ屋M&Mにご相談ください。経験豊富なプロの工作員があなたの恋を全力でサポートさせていただきます。

婚約中の相手にアプローチする際の注意点

婚約中の相手にアプローチをするときは、早く関係を深めたくて冷静になれないこともあります。そこで、ここからはアプローチする際の注意点について紹介します。実際に行動を起こす前に必ず確認しておきましょう。

長期になることを覚悟する

婚約中の相手にアプローチをする心構えとして、長期戦になることを覚悟しましょう。好きな相手なので早く振り向かせたい気持ちはわかりますが、恋の焦りは良い結果を生みません。

長期戦になることを覚悟できていれば、変に焦ることもなく心が落ち着いた状態でアプローチすることができます。また、ちょっとした出来事に一喜一憂することも少なくなるため、精神的にも負担がかかりにくくなるでしょう。

すぐに体の関係を持たない

婚約中の相手は、独身最後を羽目を外して楽しみたいと考えている場合も多いです。そのため、体の関係を求めてくることもあるかもしれません。ただ、その場の空気に流されて体の関係になったら、特に相手が男性の場合は「簡単に体を許す女性」というレッテルを貼られてしまいます。

関係が深まるどころか、本命相手としては見てもらえなくなる恐れがあります。そのため、すぐに体の関係を持たないことが望ましいです。一見距離を縮められているように感じますが、簡単に体を許す相手は信頼に欠けます。関係が崩れる可能性もあるので注意しましょう。

婚約相手の悪口は言わない

好きな相手と友達としての関係が深まると、婚約相手の不満を聞くこともあるでしょう。そんなときは、好きな相手に合わせて婚約相手の悪口を言いたくなるはずです。しかし、婚約相手の悪口は自分から率先して言わないようにしましょう。

どれだけ婚約相手に不満があったとしても相手は自分が選んだ婚約者なので、自分で彼女の悪口を言っても人には言われたくないと考える人もいます。そのため、相手に意見を求められるまで聞き役に徹するのがよいでしょう。

周囲にバレないように注意する

信頼できる友達以外に恋愛のことを打ち明けるのは、あまりおすすめできません。どこから真実が漏れて噂が広がるかわかりませんし、バレたことで関係が深まらない可能性も考えられます。話す相手を選ぶときは、慎重に探すこと。

そして、恋愛のことを話すのは限られた人だけにしましょう。選ぶ人を間違えると、あなたの恋愛にも大きな影響を及ぼしてしまいます。酔った席などでポロっと言わないように注意しましょう。

脈ありサインは見逃さない

婚約中の相手であっても、あなたに脈ありサインを出している可能性があります。脈ありサインを出しているときは相手との距離を縮める機会でもありますし、あなたのアプローチ次第では婚約を破断して振り向いてくれる可能性もあるのです。

そのため、相手が出す脈ありサインを絶対に見逃してはいけません。ただ、脈ありサインはその人によってそれぞれ異なります。次の段落で婚約した相手からの脈ありサインを紹介しているので、該当するかチェックしてみましょう。

婚約した相手の脈ありサイン

それでは、婚約した相手からの脈ありサインを見ていきましょう。該当するものが多いほど、脈ありサインの確率が高くなります。一つずつ確認してみましょう。

連絡が頻繁にくる

自分から連絡しなくても相手から頻繁に連絡が来るときは、脈ありサインの可能性が高いです。もちろん友達として連絡をしてくれている場合もありますが、他愛もない内容が続くときは友達以上の感情を抱いている可能性が考えられます。

なぜなら、他愛もない内容なら婚約相手とすればいいからです。それにもかかわらず、わざわざ連絡をしてくるのはあなたと繋がっていたい証拠です。関心があなたに向いているので、連絡頻度を維持して関係を深めていきましょう。

恋人がいるか質問される

恋人の有無など恋愛に関する質問を頻繁にされるようなら、あなたに好きな人がいるのか恋人がいるのか気になっている証拠です。それ以外にも、好きな異性のタイプや過去の恋愛を聞かれたときも脈ありサインだと考えていいでしょう。

友達とはいえ、誤解されるのを防ぎたいと考える相手なら、積極的に恋愛に関する質問をすることはありません。恋愛の質問や話題を出してくるのは、あなたのことをもっと知りたいと考えているのです。聞かれたことは正直に答えましょう。

個人的な悩みを相談される

仕事や婚約者のことなど個人的な相談をされるときは、あなたに気を許している証拠です。友達としてしっかり関係が構築されており、相手にとって大事な存在であることは間違いありません。

まずは相手の話を聞くことに専念しましょう。そして、意見を求められてから自分の意見やアドバイスを言うようにすることがおすすめです。人によっては「ただ話したい」と考えていることもあるため相手の出方を見ることが大切です。

ふたりで会おうとする

ランチや飲み会など、いろいろな理由をつけてふたりで会おうとしていませんか?友達として関係を築けていても、婚約中であれば誤解を避けるため異性とふたりで会うことは避けるはずです。

外でふたりで歩いているところを誰かに目撃される可能性もあるため、婚約中の相手にとってはリスクでしかありません。それにもかかわらず相手から積極的に誘ってくるのは、あなたへの脈ありサインです。ふたりで会って距離感を縮めましょう。

まとめ

好きな人が婚約すると諦める人は多いですが、結婚するまで人の気持ちがいつ変わるのかわかりません。もし相手への想いが諦められないなら、最後のチャンスにかけるのもよいのではないでしょうか。

ただ、婚約している以上、思うように関係が進まなかったり上手くいかなかったりすることもあるはずです。そんなときは、ぜひ別れさせ屋M&Mにご相談ください。今なら、24時間無料相談を受け付けております。ひとりで悩みを抱え込まずに気軽にご連絡くださいませ!

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*