別れさせ屋

浮気をやめさせる方法は?浮気男に効く言葉が知りたい

パートナーが浮気していると気づいたら、あなたはどんな対処をしますか。

どんなによい関係が築けていても、浮気が絶対に起こらないということは残念ながらありません。浮気が起きてしまったのであれば、できるだけ速やかにかつ適切な対処をする必要があります。正しい対応ができれば浮気は浮気で終わらせることができます。

配偶者・パートナーの浮気をやめさせる言葉や対処、させないための秘策を別れさせ屋M&Mの担当者が解説します。

浮気ってなに

そもそも浮気とはなんでしょうか。

定まったパートナーのいる人がほかの異性に心を移すことを一般的にはさします。

結婚していない男女の間での浮気は、基本的に法律が介入するところではありませんが、夫婦の場合、「不貞行為」は貞操義務違反となります。

この場合の不貞行為とは肉体関係をいいますので、気持ちの上での「浮気」は含まれません。

しかしながら、男女の結びつきについての感覚には個人差があり、肉体関係がなくても異性と個人的に仲良くしているのを浮気とみなす人もいます。

夫婦関係はお互いの気持ちが重要ですので、例え精神的な浮気であっても一方が不快に感じているなら、問題になるでしょう。

男の浮気・女の浮気

私ども別れさせ屋のもとには、浮気に関するご依頼がたくさん持ち込まれます。

それぞれを調査、対応してきた経験から男の浮気と女の浮気にはちがいがあると感じています。

男性の場合は、性欲をベースとした「できごころ」の浮気が多い傾向。そもそも肉体関係を持った時点では、離婚や相手との結婚などは頭になく、単純な本能で浮気が始まることがほとんどです。そのため、早い時点で対処をすれば浮気を撃退することができますし、ある程度進んだ状態であっても、本人の責任感を煽れば家庭に帰るパターンが多くみられます。

一方、女性の場合は肉体関係を持つときはある程度、本気とみなした方がよいようです。そもそもモラルが低い女性はさておき、通常の既婚女性は夫以外の男性とのセックスを敬遠します。もっといえば、同時に複数の男性を受け入れることが本能的に難しい性であるため、浮気相手と継続して関係を持てば、夫との関係から逃げたくなるのです。

女性が浮気をしているというパターンでは、夫である男性側の意識改革が必要になることがあります。

態度と言葉で浮気をやめさせる方法!

パートナーが浮気をしている!それは夫婦関係の一大事です。

しかし、現状であなたの元に帰ってきている、普通の態度を保とうとしているというのであれば、浮気をやめさせて関係を修復することができます。

浮気をやめさせるためにあなたが取るべき態度と言葉についてご紹介します。

配偶者の性格や現状によって良い方法を選んでみてください。

思いをぶつける

浮気の事実をあなたが知っていることをパートナーがわかっているなら、あなたの気持ちを相手にぶつけてみましょう。

夫婦といえども別の人間です。相手の気持ちはわかっているようで、実はわかりきっていないことがあります。

浮気をしても、「許してもらえるだろう」「これくらいならセーフだろう」と勝手な判断をしていることがあるのです。

浮気をされて悲しい。悔しい。そう言って取り乱すあなたをみれば、配偶者は「悪いことをした」と改めて思います。

これは許されないことだと気づいて、このまま続けていては離婚されるかもしれない。相手をまた悲しませるかもしれないとなれば、自然と浮気をやめます。

関係を見直す

どんな理由があったとしても浮気はした方が悪いのであって、された側は被害者です。

しかし、「盗人にも三分の理」という諺があるように、誰が見ても悪いことをしていても本人にはそれをする何かしらの理由があります。そこをしっかりと見極めて改善しなければ、下手をすれば相手は、自分勝手な理屈でどんどん悪い方へ突き進む可能性があるので注意しましょう。

夫婦のなれ合いから、全てが当たり前になっている。子どもを優先して配偶者を大切にできていない。男女としての緊張感がなくなり空気のような存在にしてしまっている、など。

これらは長年一緒に暮らしていれば普通に起こる現象であり、そうなったからといって責められるものではありません。しかし、今回のような浮気が起こってしまったのであればそこはやはり見直すべきでしょう。

関係を見直す努力をするあなたの態度にパートナーは浮気を反省してやめざるを得なくなります。

信頼し言葉で伝える

浮気をしているかもしれない、実際にしているとなれば、気になって相手の行動を監視したり、ちょっとした態度を勘ぐったりしてしまいます。

しかし、それらは逆効果でしかありません。SNSや携帯電話をのぞいたり、周囲の人に探りをいれるなどをすれば、本人はそれを察知してあなたに対する気持ちが冷ややかなものに変わります。

一緒にいる人が信頼してくれているかどうかは、電波のようにパートナーに伝わっているもの。

ここは気になる気持ちをぐっと抑えて、心から信頼すること。そしてその信頼を言葉で伝えましょう。

「あなたは浮気などできる人ではないから」と言われれば、浮気を継続することはできません。

離婚するという

浮気の事実があるなら、離婚を切り出すのも方法です。ただし、パートナーの性格によっては、本当に離婚でカタをつけようと決心することがあるので、慎重に使いましょう。

浮気をしている当事者のほとんどは、離婚までは考えていません。そのため、離婚と言われれるとあわてて襟を正すことがほとんどです。

しかし、別れにまつわる言葉は一度、二人の間においてしまうと、選択肢のひとつとしてお互いの気持ちに刻まれてしまいます。

「浮気をするような人と結婚生活を続けるのはつらい」といった言い方で、浮気をやめないならこっちはそれなりの対処をするよ、という気持ちを見せておくくらいがよいでしょう。

別れさせ屋に依頼する

夫婦としての絆を再確認することができたとしても、浮気相手と別れるのが難しいことがあります。例えば、パートナーが極端にやさしい性格で相手の態度に流されてしまう。浮気相手がメンヘラ・ストーカー気質があるなど。

また、あなた自身が浮気をしたパートナーとどう接してよいのかわからない、自分で戦う自信がない、などであれば別れさせ屋を利用するのがよいでしょう。

M&Mは公的な認可を受けた別れさせサービス。トラブルリスクを回避した、心理作戦や誘導工作で浮気相手とパートナーを別れさせます。

別れさせ屋と聞くと、ドラマや映画のような劇的なイメージを持つ方もありますが、弊社で実際に行うのは、人間心理に基づいたロジカルな対応です。

調査に基づいて依頼者の方の行動アドバイスを行っただけで、浮気をやめさせられた事例もあります。

自分だけで何とかするのが難しい問題や、何をしてよいのかわからないという方は、まずは弊社の無料相談の利用をおすすめします。

浮気をさせないためにとるべき秘策

浮気が発覚したならそれはしかるべき対処をしてきちんと潰しておくべきです。もうひとつ大事なことは浮気の再発防止。また、浮気をさせないために、普段から心がけておくべきことがあります。

浮気をさせないためにやっておくべきことをご紹介します。

適度な緊張感をキープする

一緒に暮らしている相手に一日中、どきどきするということはありません。結婚とは安定した関係を築き、お互いに支え合って生きていくことが目的なのですから、ときめきは基本的にいりません。

しかし、一人の男であり女である以上、誰かを好きになったり、胸がときめくような思いはふと起こることがありますし、それがなくなるのは寂しいもの。

ときめきをお互いに外に求めないためには、適度な緊張感を持って男と女でいる部分をキープすることが大切です。

身だしなみを整えることはもちろん、異性としての優しさや恥じらいを持ってパートナーに接することで、ふとした瞬間に「この人でよかった」とときめきを感じることができます。

相手を信頼して束縛しない

浮気の種はあちらこちらに落ちています。社会で生きている以上、浮気の素を排除することは不可能です。

結婚していても、素敵な人に出会うことはあるし、勝手に相手から好きになってこられることもあります。

そんなときに歯止めになるのが、パートナーとの信頼関係と思いやり。パートナーから信頼されていると思えば、誘惑に乗ることはできません。浮気をしたことでパートナーを苦しめることになると思えば、迂闊な行動はとれません。

それは夫婦のお互いにいえることです。

パートナーを信頼して束縛しない。パートナーへの思いやりを忘れないことが浮気防止の一番の秘策です。

相手が浮気をしているときにやってはいけないこととは

パートナーが浮気をしている、とそのときに絶対にやってはいけないことがあります。

まずは、浮気の仕返し。目には目をの気持ちが芽生えることがありますが、それであなた自身の気持ちが収まることはありませんし、後々の夫婦関係に悪影響を与えます。

パートナーの欠点をここぞとばかりに挙げないこと。悔しい気持ちから思わず罵倒してしまいたくなりますが、これも後を引きずりますのでやってはいけません。

浮気相手についての悪口もNG。浮気をしたパートナーは自分の浮気を棚に上げて、悪口を言うあなたの醜さに気持ちが離れていきます。

これらの言動や態度は、パートナーの浮気を知って感情が振り切れて出てしまうことがほとんどです。本心からの言葉でなかったとしても、一度、口にしてしまうと相手の心に残ってしまいます。

パートナーが浮気をしている、と知ったらまずは大きく深呼吸をして気持ちを整えてから次の行動に出ましょう。

別れさせ屋がみた!こんな浮気は許してはダメ

弊社には多くの浮気相談が寄せられ、日々対応にあたっていますが、中には許すべきではないと判断できるタイプの浮気があります。

経験から、今回の浮気を解決してもまた同様の浮気や別の問題が起こることが予測できるものです。

まずひとつは、浮気をしたパートナーが、浮気をした理由付けをしてそれを語ってきたり、SNSなどで発信している場合。自分が浮気に走った理由を理解してほしいというタイプのパートナーは要注意です。理由がなんであれ、問題は浮気の事実。ここをしっかり反省しているとは思えず、また配偶者への思いやりよりも自分の気持ちが優先している点が問題です。このタイプは残念ですが、自己流の理由をつけて浮気やその他の身勝手な行動を繰り返す可能性が高いでしょう。

恋愛が好きでレジャーのようにとらえている人や、倫理観の低いパトナーにも気を付けましょう。恋愛やセックスについての価値観がそもそもずれていますので、通常の夫婦生活を円満に送るのが難しいタイプです。

浮気は浮気とひとくくりに考えず、これを機にパートナーの性質をもう一度しっかりと見直して今後について考えてみることをおすすめします。

早め・適切な対応で浮気を潰せ!

パートナー、配偶者の浮気をやめさせる方法について具体的な行動や、今後の防止策について解説しました。

浮気をやめさせるために最も大切なことは早期発見・早期対応です。そして同時に予防についても徹底して実行しなければなりません。

浮気の可能性は誰にでもあります。それを理解して普段から浮気されないように努め、もしもの場合には適切な対応がとれるよう、考えておくべでしょう。

自分での対応に限界を感じるのであれば、迷わず別れさせ屋にご相談ください。プロの対応であれば、あなたが思うよりも確実、スピーディに決着がつきます。

あなたとパートナーはこれから先、まだまだ一緒にいるのです。お互いが快適に生きていけるよう常日頃から対策しておけば安心です。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*