別れさせ屋

嫁との関係修復する方法はコレ!復縁のプロにお願いするなら

愛し合って結婚したはずの二人ですが、気が付けばすれ違い、険悪な雰囲気になっていることがあります。夫婦によっては同じ屋根の下にいながら何日も口をきかないということも。

家庭内でいがみ合うことは精神的に非常にきついもので、悪くすれば仕事や体調にまで影響が出てしまいます。このまま夫婦を継続するなら仲直りしてよい方向に進めるべきです。

悪い状態の嫁との関係を修復する方法についてみていきます。

夫婦関係を修復するためのコツ

嫁との険悪な現状は放っておくと悪くなることはあっても良くはなりません。

夫婦関係は急に悪くなったのではなく、小さな積み重ねの結果が今に出ています。修復するためにも日々の小さな努力を重ね、考え方を少しずつ変えていくことが求められます。

夫婦関係を修復するためのコツについてご紹介します。

ありがとうを伝える

奥さんに対して最近「ありがとう」を言ったのはいつでしょうか。よく言われることですが、ありがとうは人間観関係をよくするための魔法の言葉です。

小さなことでもしてもらったことには、かならず「ありがとう」を言いましょう。

人間は、他人にしてあげたことはよく覚えていても、してもらったことについては自覚がないことが多いもの。今まで、当たり前と受け止めていたことも嫁の立場からすれば「せっかくしてあげたのに」と思っていることがあります。何事についても、やってもらって当然、ではなく、感謝する気持ちを持つようにするとやさしい気持ちになれます。

究極としては、相手の存在、奥さんの存在に「ありがとう」という言葉を捧げてください。何気ない普段の行動のあとに「いつもありがとう」ということで、相手も穏やかになることができます。

悪い方に考えない

険悪な状態が続くと、何が起こっても悪い方に考えてしまい負のループにはまってしまうことがあります。同じ言葉でもとらえ方によって、まったく心証は異なります。マイナスのイメージで聞いてしまうと、そうとしか聞こえないから不思議です。

「今日も遅くなるの?」という言葉を嫌味ととらえると、いちいち面倒な女だ、俺のことはほっといてくれよ、と感じてしまいます。同じ言葉を、体を気づかってくれている、自分の夕食の心配をしてくれていると受け取れば、不愉快な気持ちにはなりません。

もちろん、もしかしたら奥さんは「嫌味」で言っている可能性もあります。しかし、言われた方がそうとらえなければ、言った本人も気持ちをリセットすることができるのです。

最初は難しいですが、なれればできます。とにかく悪い方には考えないようにしましょう。

できるだけ話しをする

意識的に夫婦で話しをするようにしましょう。「あれ、それ」だけの会話や、必要な指示を出すだけでなく、コミュニケーションとしての会話です。

そのときに大切なのは、相手である奥さんに興味をもつこと。相手の話しの腰をおったり、意図することを理解せず、自分の感じたことを自由に述べていてはよい会話になりません。

奥さんが何をいわんとしているのか。どんな点を重視して話しをしているかなどに気を止めて話しをしましょう。

普段の何気ない会話の中には相手の不満や望みが隠されています。それを丁寧にひろっておくことで、今後の二人の関係をよくしていくことになります。

相手のよいところ・尊敬できる点をみる

人間の欠点を探そうと思えばいくらでもみつかります。反対に、良いところを探せば必ずいくつもみつかります。

良いと悪いは表裏一体でもあり、考え方次第でどうにでもなります。

そもそも恋に落ちたころは相手の欠点は見えていなかったはずです。見えていたとしても、「そこもまたかわいい」くらいに許容できたでしょう。それが、なぜか今では、欠点の方が目だって、良いと思っていた点さえ腹立たしくみえてきたりしているのではないでしょうか。

相手の良い点に目を向けましょう。そして尊敬できるポイントを探しましょう。それを口に出して褒めれば、より二人の関係は良好になります。

一緒にいる人間同士の行動はシンクロしています。あなたがまず、妻の良い点を探して褒めれば、その行動は彼女にも伝播していきます。

自分の気持ちを素直に伝える

「夫婦なんだから言わなくても伝わるはず」「こちらの態度から察せよ」というのは横暴です。夫婦でも言わなければ伝わりませんし、態度だけでは何を考えてるかまで読み取ることはできません。

嫌だと思っていること。改めたいと思っていること。そして、今後二人の関係を改善したいと思っているということをちゃんと言葉で嫁に伝えましょう。

女性は夫の気持ちがはっきりとわかれば安心します。そして、素直に協力することができます。言葉で伝えるということは「宣言すること」ですから、聞いた相手はそれを受け止めて、何かしらの行動を起こすことになるのです。

まずは、あなたの本音の本音、仲良くしたいということを妻にはっきり伝えましょう。

嫁との関係修復をプロにサポートしてほしい

嫁との関係が悪く、自分ではどうしようもないと感じていたり、自分で何とかする術がわからないというときには、私共「復縁屋」にご相談ください。

同じ家に住み、籍が入っていれば法律上は夫婦ではありますが、現状は本当の意味でのご縁は切れかかっている、または一度切れてしまった状態です。

そうなれば、元に戻すのは簡単ではありませんし、やり方を間違えれば火に油を注いで一気に離婚ということもあり得ます。

復縁屋は男女関係のご縁をつなぎ直すお手伝いをしています。

ご夫婦の関係修復であれば、例えば次のような工作があります。奥様に同性の工作員を近づけてお気持ちを聞き出したり、ご主人への愛が戻るよう気持ちを煽る。ご依頼主さまに、丁寧なカウンセリングを行い、夫婦関係修復に向けた行動や言動を詳細にアドバイスするなど。

夫婦の関係は二人だけで完結しているものであり、そこに第三者が介入することはできません。しかし、信頼を失いかけたご夫婦の場合は第三者というスパイスが入ることであっさり関係が修復したりするのです。

奥様との関係を元に戻したい。これから先も二人で頑張っていきたいとお考えであれば対処は早いに越したことありません。あれこれ悩まれるより先に、まずは無料相談でお話しをお聞かせくださいませ。

無料相談のあとすぐに契約をいただく必要はなく、いったん持ち帰られて必要があればご依頼いただくというスタイルでうのでご安心ください。

私共M&Mは、全国展開の復縁屋として信頼と実績を積み重ねて参りました。

餅屋は餅屋。どうしても夫婦関係を修復したいとお考えであれば、ぜひ復縁のプロである弊社にお任せください。

復縁屋がみた!修復できる夫婦

私共復縁屋の元には日々、たくさんのご依頼が寄せられています。その中には、崩壊しそうな夫婦関係をなんとかして欲しいというご依頼がいくつもあります。

そんなご依頼を解決する中で、修復ができるご夫婦にはいくつかの共通点があると我々は感じております。

復縁屋がみた修復できる夫婦の特徴についてご紹介します。

愛情が残っている

修復できるかどうかで、最も重要なのは二人の間に愛情が残っているかどうかです。ここでいう夫婦間の愛情とは、恋の情熱や未練からくるどろどろしたものではなく、相手を思いやり一緒に幸せになりたいという気持ちです。

表面ではケンカばかりしていたり、ケンカさえしない口をきくことがないなどであっても、最終的に損得勘定を抜きにして相手を幸せにしたいと思えるのであればその夫婦は修復できます。

できれば二人ともに愛情があるという状態がよいですが、どちらか一方だけでもしっかり思いやりを持っているのであれば、徐々に相手の気持ちを溶かして元のさやに収まることが多いです。

反省し努力する意志がある

男女がいがみ合うと相手の欠点が目について、「悪いのは相手」という気持ちが心の中に芽生えてきたりします。その気持ちをぐっと乗り越えて、自分の欠点を振り返り反省し努力する意志のある夫婦は修復が可能です。

夫婦であっても相手をコントロールすることは不可能です。自分がまず変化しようと思える人は相手の気持ちもいつの間にか動かしています。

自分の意見や考え、欲求を飲み込むのは容易ではありません。特にプライドの根源に関わる部分であればかなり難しいものです。しかし、それを抑えてでも相手のために変わろうと努力すれば自然に相手も変化します。

「まずは自分から」と考える人は嫁との関係を修復することができます。

復縁屋がみた!修復が難しい夫婦

復縁屋は全てのご依頼を引き受けるわけではありません。最初にご相談をお伺いして、サポートが及ばないと判断しました場合はお断りします。

経験則から、お話しをうかがった時点で「修復は難しい」と感じるご夫婦の特徴についてみていきます。

モラハラ・DV・不倫がある

ご夫婦の問題の根底にモラハラやDVがある場合は、修復については難しいと私共は判断することが多いです。

奥さんの方がモラハラ気質、DV気質であなたが我慢する立場であるなどは、ひとまず頑張ると言われても最終的にダメになることが多いのです。

ご主人側がモラハラやDVを行っている場合は、当のご主人がそれに気づいていないことも珍しくなく、改めようという気持ちすら持たない方もいらっしゃいます。

モラハラやDVについて、受けている側がとにかく我慢しているという状態は健全ではありません。また、モラハラやDVはいっときは反省しても再発することが多いため、本当の意味での修復は難しいです。

不倫や浮気があるご夫婦の修復も非常に難しいとみております。浮気をされた方がしっかり自分の気持ちと向き合って、やり直すことを決めているのであればそもそも弊社にご相談いただくほどの問題には発展していないはずです。許してくれない。どうしても許せない、などは、個人の倫理観や長年で培われた価値観によるところがありますので、なかなか簡単ではないのが実状です。

本音で向き合おうとしない

夫婦間であっても気を使い合うことは大切です。しかし、本音を隠して一緒にいるというのはまたちょっと意味がちがってきます。

夫婦関係をとりあえず継続させるために本音は言わずやり過ごしている。相手の本音に気づいていてもそれを無視するまたは、そもそも本音に気づいていないなど。また、相手が怖いなどの理由で自分の気持ちを出せずにいるご夫婦は、関係を改善することはできません。

「子どものため」「生活のため」に夫婦でいると本気で思っているご夫婦の関係をよくすることは難しいです。

どこかの時点でお互いが心の奥底で思っていることを吐き出し合い、そしてそれを受け止める覚悟がないご夫婦の修復は、私共はお引き受けしないことがあります。

夫婦関係をよくするために覚悟すべきこと

夫婦関係をよくしたいとお考えであれば、あなた自身にも覚悟いただくことがございます。

思い出していただきたいのですが、現在の嫁である彼女と出会ったころ。あなたは彼女の気持ちを惹こうとあれこれ努力したのではないでしょうか。もし、彼女の方からあなたに一直線に惚れこんで来たのだとしても、その気持ちをキープするために持てる力をふり絞って努力したはずです。

男女関係において、お互いにうまくやろうと努力することに終わりはありません。夫婦になろうと子どもができようと、相手を思いやり二人で幸せにやっていきたいと努力し続けなければよい関係は続きません。

今回、何かしらの手段を講じて嫁との関係が無事修復してもそれで未来永劫安泰ではないということです。あなたが気を抜けば間違いなく同じ木阿弥です。

夫婦関係を良くしたい。今回、そう考えたのは「良くない夫婦関係」が非常につらいものだからです。またこのつらい状態に戻ってしまわないよう、これから先、ずっと良好な関係を保つ努力をすると覚悟してください。

嫁との関係を修復して平穏な日を取り戻そう

壊れてしまった険悪な夫婦関係を良好に戻す方法、修復する手段について具体的な方法や覚悟しておくべきことについて解説しました。

二人が出会い、恋に落ちて愛し合い夫婦になったのですから、これから先の人生ずっと仲良くしていくのが望ましいでしょう。元々、惹かれ合った二人ですから、手だてを間違わなければきっと元の良い状態に戻ることができるはずです。

とはいえ、お互い年月を経て関係がこじれにこじれてしまっているのであれば、当事者だけの努力で復縁は難しいことがあります。そんなときはぜひ、復縁屋の利用をご検討ください。

関係の修復は病気と同じで早期発見早期治療が原則です。「戻りたい」と思ったら吉日、速やかに修復に向けた行動をおこしましょう。

嫁との関係悪化は人生全ての足をひっぱります。あなたが人生を楽しむためにもしっかりと早めの対処で仲直りをしてください。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*