復縁屋

ダブル不倫からの復縁は可能?

既婚者同士の恋愛のことを、世間ではダブル不倫といいます。お互いに家庭のある状態だからこそ、すれ違いも多いこの関係。ちょっとしたことでうまくいかなくなり、破局してしまうことも珍しくありません。

そんなダブル不倫のカップルが復縁することは可能なのでしょうか?今回はダブル不倫の二人が復縁するためのポイントをご紹介していきます。

ダブル不倫でも復縁は可能?

普通の恋愛とは違い、障害も多いダブル不倫。一度別れてしまうと、復縁は難しいのではないかと思われがちです。しかしながら、実際のところダブル不倫でも復縁することは可能です。

世間一般では認められない不倫という関係ですが、不倫をすることによって本来の自分を取り戻し、常に輝いていられるという人も。恋の形はひとそれぞれですから、ダブル不倫であっても未練があれば復縁したいと思うのは自然なことです。

しかし当然、罪の意識は付きまとうでしょう。さらに好きなのに相手のペースに合わせなければならないことも多く、じれったい思いを抱えることになるかもしれません。

ダブル不倫という関係上、どうしても制約はあります。その制約を分かったうえで、復縁したいと強く願うのであれば、ぜひ復縁に向けて前向きに検討していきましょう。

復縁可能なダブル不倫の別れ方とは?

ダブル不倫の場合、別れ方で復縁の可能性は大きく違ってきます。あなたはどのような状況で別れたでしょうか?主な理由を挙げていきます。自分に近いと思う理由をチェックしてみましょう。

①配偶者にバレた

お互いに配偶者がいる状態がダブル不倫ですから、相手にバレれば当然関係を終わらせなければなりません。この場合、もう復縁できないのではないかと諦める方も少なくありません。

確かに一度、配偶者にバレた以上、これまでよりも監視の目は厳しくなっているでしょう。しかし大切なのは、お互いが嫌いになって別れたわけではないということです。

だからこそ、連絡が取れない状況がとても辛く悲しいですよね。配偶者にバレた場合、まずは配偶者の怒りを鎮火させるために、しばらく冷却期間を置く必要があります。

その後も焦らず慎重に行動していかなければなりません。時間はかかりますが、諦めずに少しずつ行動していくことで、復縁も十分可能になります。

②理由もなくフラれた

はっきりした理由もなく一方的にフラれた場合、あなたの中でもやもやとした気持ちだけが残り、どうにかして復縁したいと思うはずです。

「家族を大切にしたい」「仕事や家族、そして不倫との両立に疲れた」「罪の意識に苛まれた」など、あなたには言っていないかもしれませんが、おそらく相手には、何かしらの理由があったのでしょう。

この状況から復縁するためには、別れの本当に理由を探り、改善していくしかありません。ほとんどの場合、不倫という関係に疲れたのが原因でしょうから、あなたが彼を癒す存在になってあげることが大切です。

「どうして別れるの?」「ねぇまた元のように会おうよ」としつこくつきまとえば、相手はますますあなたから離れていくことでしょう。

③虚しくなって別れた

反対にあなたの方がダブル不倫という関係に疲れてしまい、相手をフッてしまったということもあるでしょう。守るべき家族や仕事もありますし、不倫とバランスを取っていくのは本当に大変ですよね。

それでも別れたことを後悔し、復縁したいと心から思うのであれば、できるだけ早く相手に謝罪し、復縁したいという気持ちを伝えるのがベストです。

変な意地を張っていては、どんどん連絡がしにくくなってしまいます。もしこれまで言えなかった気持ちがあるのであれば、この機会に正直に伝えてみましょう。

LINEで長々と気持ちを綴ってしまうと、重いと思われる可能性があるので、できれば直接会って話すことをおすすめします。

④自然消滅

普通の恋愛に比べ、ダブル不倫の場合は自然消滅しやすい傾向にあります。お互いの仕事や家族の行事が忙しくて、連絡をしないままあっという間に時間が過ぎてしまったのでしょう。

時間が空けば空くほど、連絡は取りづらくなります。「もう自分のことなんて忘れているかも」と思って、お互いに連絡を躊躇しているのかもしれません。

しかしこれと言って大きな喧嘩や問題もなかったのであれば、復縁できる可能性は高いと言えます。もし共通の知り合いや友人がいれば、彼の現在の状況を探ってみましょう。

あまりしつこく聞くと、あなたと相手の関係が怪しまれますので、できるだけ自然な流れで聞きだすのが理想です。

⑤遠距離になり会えなくなった

相手や自分の転勤・転居で遠距離になってしまったということも考えられます。普通の恋愛とは違い、家庭がありますから、そうしょっちゅう会いに行くこともできません。

ダブル不倫にとって、遠距離の問題は致命的といってもいいでしょう。お互いの気持ちが冷めていないのであれば、遠距離になったとしても復縁することは可能です。

しかし距離の問題が解決していないと、また同じ理由で別れることになります。定期的に会うためにどうしたらいいのか、周りにバレずに会いに行く方法はないのか、よく考えてみましょう。

転職や部署異動をすることで、解決する場合もあります。復縁したいのであれば、転職や部署異動も視野に入れてみましょう。

ダブル不倫で復縁するための方法とは?

ダブル不倫でも復縁することは可能ですが、普通の恋愛に比べ、慎重に動く必要があります。少しでもタイミングを誤ると、トラブルになる可能性も。ダブル不倫で復縁するための方法を解説していきます。

①冷却期間を置く

冷却期間は復縁のためにとても大切です。冷却期間を設けることで冷静になり、相手にとってあなたがどれだけ大きな存在だったかを気づかせることができるのです。

この冷却期間がどれくらい必要なのかは、別れの原因や状況によって異なります。もし「不倫に疲れた」という理由が原因なのであれば、相手の気持ちが落ち着くまで2~3ヶ月もあれば十分でしょう。

しかし配偶者にバレたとなると、長めに冷却期間を設けることが必要です。半年以上は空けた方がいいでしょう。独身の男女と違い、冷却期間を長めにとったとしても、恋のライバルが現れる可能性は低いのがダブル不倫のメリット。

焦らず、長めに冷却期間を置くようにしましょう。「忘れられてしまうかも」と心配になる気持ちも分かりますが、期間を空けずに連絡をすると、火に油を注ぐことになりかねません。

②さりげなく連絡を取る

冷却期間を置いた後に連絡をする際には、できるだけさりげなく連絡してみましょう。「会いたい」「寂しい」など相手に警戒心を抱かせるような連絡をいきなりするのはNGです。

「もうあなたのことは忘れました」というくらいの温度感での連絡が理想です。仕事の話や共通の趣味の話で、まずは普通に連絡を取れる関係を目指しましょう。

もし連絡ができない状況にあるのであれば、SNSをのぞいてみたり、行きつけのお店に行くなどして接点を探ってください。連絡が取れなければ、復縁は絶対にできません。

しかしあまりしつこくつきまとえば、当然ストーカー認定されてしまいます。あくまでもさりげなく、相手に警戒心を与えないように近づきましょう。

③聞き役に徹する

ダブル不倫は自分勝手になればなるほど、うまくいかなくなります。相手にも優先しなければいけない家族がいるからです。一度別れてしまったカップルの場合、もしかしたらお互いに自己中心的になっていたかもしれません。

冷却期間に落ち着いて考えてみると、そのことに気づいたのではないでしょうか?ダブル不倫だからこそ、お互いのことを思いやる気持ちは必要不可欠なのです。

相手の話を聞いて、寄り添い、相談に乗ることを意識してみましょう。そうすることで、あなたは相手にとって信頼できる大切な存在になるはずです。

特に女性は、相手に自分の話を聞いてもらうことを求める傾向にあります。復縁したいと思うのであれば、相手の話を聞くように心がけましょう。

④パートナーに相談できないことを相談する

別れたとはいえ、「あなたにしか相談できない」という内容の相談事は、相手も嬉しく感じるでしょう。結婚しているからといって、パートナーに何でも話せるとは限りません。

不倫相手だからこそ、腹を割って相談できる内容もあるのではないでしょうか?そういった真剣な相談を持ち掛けることで、連絡を取りやすくなったり、また会うきっかけを作ることができます。

「あなたにしか相談できない」という一言を付け加えるだけで、特別感を演出できます。一度はお互いに愛し合っていたのですから、真剣に相談されればきっと聞いてくれるはずです。

⑤夫婦関係がうまくいっていない時に連絡する

共通の友人から「夫婦関係がうまくいっていない」と聞いた時には、連絡をするチャンスです。さりげなく連絡を取って、相手の状況を聞き出しましょう。

もしかしたら相手はあなたからの連絡を待っているかもしれません。そんな時にタイミングよく連絡がくれば、「やっぱりこの人しかいない」と運命を感じてもおかしくありません。

この時に、相手の配偶者のことを悪く言うのは厳禁です。うまくいっていないとはいえ、まだ夫婦なのですから、聞き役に徹し、相手の辛い気持ちに共感するだけで十分です。

相手が弱みをさらけ出せる存在になれば、きっとあなたのことが本当に大切だと感じるはずです。

ダブル不倫で復縁するための注意点

ダブル不倫で復縁するためには、いくつか注意点もあります。これを守らなければ、復縁どころか連絡すら取れなくなってしまう可能性も。復縁したいと思うのであれば、頭に入れておきましょう。

①焦らない

ダブル不倫の復縁で焦りは禁物です。相手には家庭があるということを忘れてはいけません。連絡を取るにせよ、会う約束を取り付けるにせよ、焦らず相手のタイミングに合わせましょう。

急かしてしまえば、相手にとってはプレッシャーになってしまいます。そうなれば相手はあなたに拒絶反応を示すことになるでしょう。

すぐにでも復縁したいという気持ちは分かりますが、それは相手の気持ちがあってこそ。復縁のためには焦らずゆっくりと相手との距離を縮めることが大切です。

相手にとって必要な存在になるために、確実に距離を縮めていきましょう。このプロセスが今後のためになるとポジティブにとらえ、気持ちに余裕を持たせてください。

②将来の話はしない

不倫関係で一番NGなのが「将来の話をする」「離婚をせがむ」ということです。これは相手にとってプレッシャーを与えるだけです。

もしかしたら相手も離婚を考えているかもしれませんが、どうなるか分からない以上、口に出してはいけないことなのです。

離婚して、二人で再婚したいという思いがあなたの中にあったとしても、それはそっと心の中にしまっておきましょう。先のことは誰にも分かりません。

今はお互いに家庭があり、不倫関係を楽しむのだと割り切りましょう。いずれそれが発展する可能性はもちろんあります。今は復縁することだけを考え、未来の話は出さないでください。

③相手の予定を最優先にする

何度も言うようですが、ダブル不倫はお互いに家族がいる状況です。優先するのはその家族です。相手の配偶者や子供、また配偶者の両親に何かあれば、相手はそちらを優先するでしょう。

それを理解せず、自分の予定を優先させれば、当然相手はだんだん疲れてきてしまいます。デートの予定を入れる時には、まず相手の予定を聞き、優先させるという姿勢を見せましょう。

「私はこの日しか空いてないから、なんとか都合つけて」という態度はNGです。相手の意思を尊重し、家族や仕事の予定を優先させてあげるという姿勢であれば、彼も復縁したいと思ってくれるでしょう。

④相手に依存しない

相手に依存すると、お互いに辛くなってきてしまいます。相手は自分に寄りかかってくるあなたを支えるのに一生懸命になり、だんだんと疲れてきてしまうでしょう。

一方、あなたも「こんなに好きなのに」と、制約があって会えない状況に辛く苦しい気持ちが募ってくるはずです。そうならないためにも、相手に依存せず、自立するように心がけましょう。

そのためには自分の生活を大切にすることがポイントです。仕事に精を出したり、趣味に没頭したり。あなたにも家族がいますから、家族と一緒に過ごす予定を立てるのもおすすめです。

恋人に依存せず、自立した人は輝いて見えるものです。相手が別れたことを後悔するような、自立した人になりましょう。

ダブル不倫で復縁するために復縁屋もおすすめ

あなたがもし本気で不倫相手と今後生きていきたいと思うのであれば、口に出さずとも将来のことは考えていかなければなりません。

これは相手に離婚を促すということではありません。まずはあなたが配偶者とどうするかを決めることから始めてください。

配偶者と別居を始めたり、離婚しても困らないように経済的に自立していくなど、離婚に向けて動いていくのです。「自分が離婚して、相手がしなかったらどうしよう」と思うかもしれませんが、それは相手も同じこと。

あなたが動き出さなければ、相手も不安で動くことはできないでしょう。離婚して不倫相手と一緒になりたいのであれば、弊社、復縁屋M&Mへご依頼ください。

あなたや相手が今後どう動いていったらいいのか、具体的なアドバイスを行った上で、最適な解決方法や恋愛工作をご案内いたします。

まとめ

今回はダブル不倫で復縁が可能なのか、また復縁するためのポイントや注意点をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「不倫」というのは世間一般に受け入れられる恋愛ではありません。だからこそ、誰にも言えずに一人で悩みを抱えている人は少なくありません。

一人で悩んでいると、どんどん辛くなってしまいますので、まずはぜひ別れさせ屋に相談してみてください。復縁が可能なのかどうか、あなたと相手の別れの本当の原因が何だったのか、客観的に判断してくれます。

別れさせ屋に相談することで、あなた自身も復縁に向けて前向きになることができるはずです。ダブル不倫でも、幸せな未来を勝ち取りましょう。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*