復縁屋

夫婦関係の修復のきっかけは?スピーディにやり直すために

「ケンカなんてしたことない」そんな二人もいるにはいますが、多くの夫婦はときにはケンカします。きっかけは些細なことで、すぐに終わると思っていたのがエスカレートし、相手の気持ちが見えなくなれば、どうしてよいのかわからなくなります。

夫婦関係が悪化すれば、体調や仕事にまで影響がありますので出来るだけスピーディに関係を修復したいもの。もちろん、なによりも楽しかった二人の日々を取り戻したいものです。

夫婦関係が悪い方に傾いているとき、このまま離婚などに進ませないための改善策を徹底解説します。

夫婦関係修復のための心得

夫婦関係を修復するためにまずは、あなたが心得ておくべきことがあります。

ひとつは、パートナーに変化を求めるのではなく自分が変わるということ。

ケンカなどが悪化してしまうパターンとして、相手が折れるのを待って頑なになったために、お互いに仲直りのきっかけがつかめなくなったというものがあります。

夫婦関係は勝ち負けではありません。うまくやっていくことが目標です。そう考えて、二人が快適に過ごせるようあなたの方から行動と考えを変えるようにすると、自然と相手も変わります。

もうひとつは、離婚を前提にしないこと。「最悪の場合、離婚もアリかな」と考えていると、自分自身が気づかぬうちにそれを逃げ場にしてしまいます。これ以上、ごたごたするくらいなら、離婚した方がマシなど。そして、その考えは行動の端々に現れますので、パートナーの心までを悪い方に動かしてしまいます。

本当に夫婦関係を修復し以降は良好な関係を築いていきたいと考えるのであれば、「何があっても離婚しない」と心に誓っておきましょう。

結婚するまでは、「ダメなら離婚すればよい」と思って飛び込むくらいが丁度いいですが、結婚後は「結婚したからには絶対に離婚しない」と決意しておくとうまくいきます。

夫婦関係修復のための具体的な行動策

夫婦関係を修復するためにまず一番にすることは、「仲直りをする」と決めること。それができたら後は行動あるのみです。パートナーと出会った頃のように、優しい気持ちで具体的な行動を実践していきましょう。

夫婦関係を修復するための具体的な方法をご紹介します。

「ごめんなさい」と「ありがとう」

ケンカの仲直りのスタートは大人も子どもも「ごめんなさい」です。わかりにくい言葉や、遠回しな言い方ではなく、ここはストレートにごめんなさいと言いましょう。

相手が自分も悪かったと、ごめんなさいを返してくれればそれでOK。ケンカは忘れて仲直りしてください。仲直りをしようと相手が思ってくれたことに対してチャンスがあれば、「ありがとう」を言うとさらに関係は安定します。

あなたの謝罪に対してパートナーがすぐに反応しない、無視するなどであってもそれに対して「こっちはごめんって言っているのに!」と怒ってはいけません。相手も振り上げたハンマーをどうおろしてよいのか迷っている状態かもしれませんので、しばらく放置を。パートナーが自分のタイミングで、距離を縮めてくるのを待ちましょう。

夫婦関係が悪くなったら、「ごめんなさい」。そして、「ありがとう」の言葉をかけることで、修復がスタートします。

相手の態度を素直に受け入れる

コミュニケーション能力や、言葉選びには個人差があります。あなたのパートナーが「ごめんなさい」がいえない性格なのであれば、それはそれと思っておきましょう。

ここで見るべきは態度です。会話を避けたり、目線を逸らしたりしていても、あなたの好物を食卓に並べたり、テレビをみながら話しかけたりと、いつも通りのことに努めているようであれば、それを相手なりの「修復したい」サインととらえて素直に受け入れてください。

何気ない話しかけやLINEメッセージにも、いつも通り返事をしてください。「謝りもせず、くだらないことを」などと考えてはいけません。連絡はパートナーなりの努力です。

あなたが望む対応を相手がしないからといって無視や攻撃は絶対にしないように。

パートナーはパートナーのやり方で関係修復に努力していることを理解することで二人の気持ちは近づいていきます。

相手の気持ちを無理に動かそうとしない

根本的にあなたが自分のために夫婦関係を修復したいと思っていると、パートナーはなかなか心を開かないでしょう。もちろん、関係修復は自分のためです。しかし、それは後に続くものであって、まずは相手が心地よくいられるよう持って行きたいと考えるとうまくいきます。

男女関係をギブアンドテイクで考えるとうまくいきません。お互いがギブアンドギブの精神でいれば、結局は自分の元にもかえっているということになります。

「あげたから返してよ」「くれたらあげるよ」とは考えないこと。

自分がパートナーを大切にしていれば、それは自然に循環して戻り、良いループに乗ることができます。

小さなことを重ねる

夫婦の時間は人生スパンで流れています。大きな花火を数年に一度、打ち上げるよりも、毎日こつこつと小さな思いやりを重ねる方が、重要です。

家事などをできるだけ二人で行う。体調を気遣う、お弁当を作る、仕事などの出先からちょっとしたメッセージを送るなど。

どれも、少しがんばればできることですが、愛情がなければできないことです。

相手を気にかけてできることを継続して行えば、お互いに愛されていると実感できますので夫婦関係は良い方に向かいます。

もし、パートナーの方がこれらの行動を先に起こしていてくれるなら、感謝の気持ちをもって同じように対応しましょう。

一緒にいる時間を増やす

夫婦だからといって何もかも一緒にいる必要はなく、お互いにそれぞれの趣味を持っているなどは、夫婦関係が長続きするためのひとつのコツでもあります。

しかし、ケンカなどで一時的に関係が悪化している状態では離れて過ごすことで余計に溝ができることも。

今はほかの趣味や、友人などとの時間をセーブしてそれをパートナーと一緒にいる時間にまわしましょう。

ケンカの原因はともかく、関係が悪化してくるとお互いに対する今までの不満がじわじわと蘇ってきたりまします。いつも趣味などが優先で自分が後回しにされていると感じているなどがどっと胸に立ち込めてきたりするのです。

あなたが大切にしている時間などをまずは横において、二人のことが一番大切だと態度で表すことで、不満の要因は取り除かれて関係を元に戻すことができます。

復縁屋を利用する

努力をしてみてもなかなか二人の溝が埋まらない場合や、わかってはいても努力するのが難しいというときには弊社、復縁屋M&Mをご利用ください。

復縁屋とは実行力の伴ったカウンセラーとでもお考えください。

夫婦関係が悪く傾きだすとなかなか元に戻せない原因のひとつは、自分の気持ちを吐き出すところがないことにあります。

配偶者についての悩みを周りに相談することは難しく、一人の中で考えを深めてしまうためどんどん偏りが出てしまうことも。

プロの業者である復縁屋を利用すれば、まずあなたの話しをしっかり聞いてもらえますし、これまでの復縁の経験から関係修復のために何が必要か?を判断して関係がよくなるように導いてもらえます。

関係修復に必要な要素を洗い出し、復縁工作を行い、問題解決を進めるサービスとなります。

いずれにしても、一人で悩んでいても解決には向かいません。必要であれば、復縁屋への依頼を検討してみてください。

配偶者に言ってはいけないNGワード

配偶者との関係はこじれてしまうとなかなか思うように修復が進みません。そこで、いらいらして言ってはいけない言葉をぶつけてしまうと、関係はさらに悪化して最悪の場合は本当に別れることになりかねません。

どんなときであっても配偶者にいってはいけないNGワードをみていきます。

気を引くためのなげやりな言葉はNG

恋愛関係であれば駆け引きも重要なスパイスになりますが、夫婦関係ではそうもいきません。パートナーの気をひくための投げやりな言葉や、気持ちを試すような態度は二人の関係を悪化させます。

「別れてもいい」「私(ぼく)のことが好きじゃないんでしょう」などは、NGワード。相手はそんなことを全く考えていなかったとしても、そこでふと悪い方に向いてしまうことがあるのです。

「私(ぼく)のことが好きなら〇〇できるはずだ」などの欲求の出し方も、相手を疲弊させ心をさらに閉じさせてしまいます。

思ってもいないことや、こうなっては困ることは絶対に口に出さないが原則です。

プライドや価値観を傷つける言葉はNG

親しき中にも礼儀あり。夫婦は最も近い関係ではありますが、何を言っても許される関係ではありません。

パートナーのプライドや価値観をけなす、傷つけるような言葉は謹んでください。

具体的には、「収入が低い・ない」「容姿や衰えに関すること」「学歴」などです。出身地や親に関する悪口も絶対ダメです。

これらの言葉はパートナーを芯から傷つけ怒らせますので、もし今回は関係がリカバリーできたとしても心のどこかに残っています。そして、いつかそれが火種となって関係を悪くすることがあります。

相手の人格否定や存在そのものをバカにするような言動は絶対にNGです。

価値観のちがいは当たり前

結婚の条件で必ずあがるのが「価値観の一致」で、離婚の原因でこれまた必ずみられるのが「価値観の不一致」です。

はっきりいいますと価値観がぴったりの人はいません。もちろん、価値観といわれるもののシンクロする部分が大きい人と小さい人はいます。

多かれ少なかれ価値観は一致しませんし、価値観の重なる部分がたくさんあるからといってうまくいくということもありません。

相手の価値観を受け入れられるかどうかが、うまくいくかどうかの分かれ目なだけです。

脱いだコートをソファに置きっぱなしにすることを許せないと感じる関係もあれば、この人はそんな人だと思う、または自分が気になるので黙ってクローゼットに戻すという関係もあります。

人間同士、ちがうところを探せばたくさんあり、目をつぶるか憎らしいと思うかはあなた次第ということ。

価値観はちがうものと認識し、それをどうにか変えようとしたり否定しないこと。それが夫婦がうまくやっていくためのコツです。

夫婦関係の良し悪しで人生は変わる!仲直りするのが一番!

ケンカなどで関係が悪化した夫婦関係を修復するための方法について、心得や具体策、気をつけるべきポイントをご紹介しました。

現在は離婚も珍しくなくなりましたが、縁があって結ばれた以上は一生添い遂げたいのが本心でしょう。しかし、だからといって悪い状態でとにかく耐えるだけでは、あなたの心身の健康を阻害し、日常生活や仕事にも悪い影響が現れます。

夫婦関係が良好であれば、心は満たされ充実します。夫婦関係の良し悪しが人生を左右するといっても過言ではありません。

一刻もはやく関係を修復しよい状態をキープするためには、なによりも自分自身の努力が必要です。自分が変われば相手が変わると思えばやる気がでます。

山も谷も乗り越えて幸せなパートナーシップを築いてください。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*