ブログ

既婚者を別れさせたい!別れさせ屋を使った確実に別れさせる方法【略奪愛】

既婚者を別れさせるには?

自分の好きになったお相手が既婚者であった場合、夫婦の関係を壊してでも大好きなお相手と一緒になりたいと思うときは必ずあるはずです。
そして誰もが、こんな不倫関係をやめたいと思うと思いますし、こんなうれしくない関係を続けたいなんて思わないと思います。
当たり前に好きな人の2番になった幸せが胸を張って言えるわけでもありません。その一瞬の欲望が満たされた愛なんか欲しくはないと思います。
その心のわだかまりを取るためには、別れさせ屋やその他第三者の協力が必要になってくる時があるのかもしれません。
また、ご自身でお相手と配偶者を別れさせるように行動するのであれば、十分に注意をはらわないといけません。ご自身で思っているよりお相手の配偶者は嫉妬深いですし、驚くほど計画的です。
その一方で、ご自身の力でお相手の夫婦の関係を別れさせられるケースも増えてきています。
状況に応じて別れさせ屋を利用し、本当の「愛」を見つけていきたいですね。

自力で既婚者を別れさせた事例

会うたびに身体を許さないことで別れさせた事例

私と彼は元彼元カノの関係でした。彼とは奥さんと結婚する前まで付き合っていて、高校の時の同級生でもあり、仲のいいグループだけの同級生で再会しました。私たちは、高校では少し有名なカップルで同窓会の時もみんなのノリで隣の席に。彼は結婚をして家庭があるとうわさで聞いていたこともあり、この人とはもう付き合ったりする事はできないんだなとおもいながら、ほろ酔いで楽しそうに話す彼と会話を楽しんでいました。その同窓会が終わった後に、彼から連絡先を教えてほしいと言われたので旧友のひとりとして連絡を伝えました。それからは何気ないやり取りを毎日するようになり彼と2人でご飯に行くこともしばしばありました。
彼と2人でいる時はいつも楽しくて、なぜ、彼は私のところじゃなくて奥さんなんだろう。といつも思っていました。それから不倫関係になるのは早く、会うたびに彼も私も求めあっていました。彼に利用されてるのかもしれないと思いながらも、彼のことが好きだから許していました。しかし、私は本気で奥さんと別れて私と一緒になって欲しかったので、次に彼と会うときはご飯だけと決めて、体の関係にならないようにしていました。それが功を制したのか、次第に彼が私の方に夢中になってきたのです。それから彼はわたしにまるで恋人のような特別感のある行動に出たり、いつもは平日の夜しか会えなかったのが休日にも会えるようになったりと普段だと絶対ありえないことが次々と起こりました。それもそのはずで、彼と奥さんは別れていたのです。その事実を聞いてすぐに彼と付き合い始めて、今では仲の良いカップルで手を繋ぎながら街を堂々と歩いています。

期限を明確にして別れさせた事例

彼とは、職場の同期でその奥さんも私と同期でとても綺麗な人です。
彼女や彼は本当にどこから見ても理想的な夫婦像で会社でもちょっとした有名人のような扱いをされているほどでした。
私は、彼とは部署が同じであるので、ことあるごとに彼と一緒に、行動することが多く、部署内でも仲良しコンビなどと言われることもよくありました。彼とは、達成感を共にすることが多かったため、1つのプロジェクトを一緒にやり遂げ、泣いたり笑ったりまるで兄弟みたいな関係だったように思います。 そろそろ私は、彼とかの関係にケリをつけたいと思い、
彼への気持ちに期限をつけるということを自分で決心をして、彼にも1年というリミットをかけて、関係を続けて行くことにしました。
最初は、言った私が心の底では後悔をしていて、あんなこと言わなければよかったと思う日々が続いていました。しかも、彼も彼で少しぎこちない様子も重なり
ショックでしたが、3カ月を過ぎたあたりから
良い意味で彼の対応が変わってきたのです。
以前私たちは、奥さんに気を使い連泊は避けようということを決めて彼との一緒にいましたが、急に旅行に行こうと言ってきたのです。
私はうれしい反面奥さんのことがよぎりました。しかし奥さんは実家に帰ってるという彼の言葉を信じて、旅行を存分に楽しみました。
その後も、連絡は毎日取り合っていましたがそのやりとりの頻度が増えたり、休日に会えないことが多かったのに、休日に会ってデートするという事も増えてきて、
私が願っていることがその通りになっているなと実感していました。
私が決めた期限があと、3日と迫ったある日彼から奥さんと離婚調停が終わり別れられたとの連絡がありました。
話して聞いていくと、彼はわたしが言った期限内に奥さんと別れられるように策を考え実施していたようです。
離婚してくれたという喜びと、彼がわたしのために頑張ってくれた事が、本当にうれしくてたまりませんでした。
現在は、仕事でもプライベートでも一緒に居られるパートナーとなっています。

別れさせ屋が既婚者を別れさせた事例

私たちは、社内の上司と部下の関係でした。上司である彼は誰に対しても優しくて憧れの先輩であり良き相談相手でもありました。不倫関係になる前は、よく元彼の相談や結婚の話などいろいろなことを相談しているうちに彼と恋愛関係になり体を許してしまいました。それからは、会社では仲がいい上司と部下。2人でいる時は不倫関係になっていました。彼には奥さんがいて子供もいることは知っていましたが、平日は彼が奥さんのところに帰らずにわたしと一緒に居てくれることが本当にうれしくて、ずっとこの時間が続けばいいと思っていました。
いつもわたしの中にあった思いは「奥さんよりなんでもっと早く出会っていたかった」といつも思う日々。彼からの夫婦の関係は、もう冷めきっていると言う言葉を信じて信じ続けた結果、ずるずる3年も付き合ってる。好きだけで一緒にいられたら、どんなに幸せなんだろうと思いながらも2番目の劣等感と戦っていました。私も年齢もいい年齢になってきたし、結婚をしたいと強く思うようになり、一か八かの勝負で、別れさせ屋に依頼をして彼と奥さんが別れられるかを試して、もしダメだったらこの関係をやめようと思い、彼らの力を借りることにしました。
彼らは、まず彼の家庭の調査をしてくれました。そこでわかったのは、彼の家庭は冷めきってはいなかったということ。その事実を聞いて、そうだろうな。と感じていたのでなぜか1人で納得していました。
それからは、工作を実施していくことになり、まずは奥さんの気持ちを動かすことや彼への思いを離すような行動がとられていました。その間、私たちは変わらず不倫関係を続けていました。
しばらくして、妻が別れたいと言ってきたという報告相談を受けました。この事は知っていたけれど、彼の気持ちを読み、彼を支える方に仕向け彼が私の存在が大きいものなんだということを
相談を受けてから半年後、彼と奥さんは離婚することになり、彼は完璧にフリーになり、私はやっと自分が望んでいた形が手に入るのだと、思うだけでうれしさでいっぱいでした。その後は、彼と正式に付き合うことになり、
来月には結婚することになっています。
彼と一緒にいられる幸せは、知ってはいましたが、寂しいと思っていた時間にも彼がいる幸せをやっと手に入れられたんだと思うと、私は幸せ者だなと思っています。
無料相談をしてみる

既婚者が配偶者と別れて私のところに来てくれるのか?

なぜ、既婚者や相手がいる人を好きなってしまうのでしょうか?きっと、きっかけは些細なことから始まったのだと思います。
最初はお相手やあなたも当事者になるとは思ってはいなかったでしょう。
ですが、お相手との距離感やお互いに惹かれるところがあれば、好きになるということは自然なことなのかもしれません。
しかし、既婚者と不倫関係になるということは、大きなリスクが伴います。お相手の家族や暮らしを巻き込むことになるからです。お相手の配偶者にバレて高額な慰謝料を支払うケースも少なくはありません。
お互いに割り切った関係であれば良いのかもしれませんが、そうではない場合も多く存在します。
彼から大事に愛されていても満たされない気持ちと2番目というレッテルは剥がれません。
そこでご自身での気持ちで一番大切なのは、お相手の気持ちを汲み取り、あなたも人として魅力ある人を目指すということです。
お相手は配偶者とあなたとの板挟みで気持ちや心にゆとりがなくなっています。
なのであなたと一緒にいるときは、お相手を安心させる「居心地」をつくってあげること、そしてお相手がいつでもあなたのところに来ても良いように外見的にも内面的にも磨きをかけていたら、お相手は必ずあなたに惹かれ、一緒になれることでしょう。恋愛においてご自身の努力は必ず必要です。どこかで必ず頑張るという努力があるからこそ良い恋愛になっていくのです。

確実な別れさせを望むなら別れさせ屋へ相談

好きになった既婚者を別れさせるには、既婚者側の心理的状況や家庭状況を深く知った上で行動に出ることが大切です。
そこで、別れさせ屋では別れさせたい対象者の行動を調査したり、時には友好関係を結んで別れさせるための情報収集や心理誘導をさせることも行っています。
どうしても周りの人には相談がしにくい内容のため、なかなか協力が得られないこともあるでしょう。別れさせ屋M&Mは別れさせから正式なカップルとして促進させる工作も行っています。なんとしても彼と一緒になりたいけど自分1人では難しいという方は、お気軽に専門アドバイザーへ無料相談をしてください。
無料相談をしてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ

ページ上部へ戻る