出会わせ屋

既婚者を落とす方法が知りたい!

気になる既婚者にアプローチ、でもなかなか振り向いてくれない…とお悩みの方へ。

既婚者を本当に落としたいなら既婚者ならではの考え方を知って上手に対処しなければなりません。

コツがわかれば既婚者も案外と簡単にころりと落ちるのです。

既婚者の心理や既婚者を落とすテクニック、付き合わせ屋に頼むとどうなるかなど盛りだくさんにご紹介します。

既婚者が簡単に落ちない理由

既婚者が簡単に落ちない理由。それは、当たり前ですが既婚だからです。

配偶者がいる、子どもがいる。家庭に対して好きとか嫌いとか以前に責任があります。法的に結婚している以上、もし自分の不倫が原因で離婚となれば財産などで大きな痛手を負うことは目に見えています。

離婚にならなかったとしても、夫婦関係に亀裂が入ればそれ以降の家庭生活はつらいものになり簡単に修復することはできません。

これらのリスクと恋愛とを天秤にかけて、ためいきをつきつつも常に自分の浮ついた恋心をセーブしているのが既婚者です。

しかし、既婚者が絶対に落ちないということはありません。既婚者ならではの恋愛スタンスを理解すれば確実に落とすことができます。

既婚者を落とす方法

まずは具体的に既婚者を落とす方法についてご教示します。

あなたの好きな相手の性格や状況を見極めながらよい方法を選んでチャレンジしてみてください。

心のつながりをつくる

大人の男女の関係はときに肉体関係からスタートすることもあります。相手が既婚者の場合も例外ではありませんが、大切なのは二人の間に「心のつながり」をしっかり持っておくことです。

既婚者は自身の経験から肉体的なつながりは必要であるものの、それは男女関係の一部でしかない、と理解しています。

言い換えれば、体のつながりだけでは関係を持続するのは難しいことがわかっているということです。

よって、既婚者との間に精神的な繋がりを築かないまま体だけでつながっていると、いずれ相手は離れていきます。そのあたりは、シングルの相手よりもシビアです。

また、ある程度の大人の既婚者であれば精神的につながれそうにない相手とはわざわざリスクを負ってまで関係したくないと考えます。

既婚の相手を落とす場合は、「体」「心」の後先を考えるのではなく同時進行で、しっかりと心をつかみつつ、ここぞというときに肉体関係に進めるのがポイントです。

安心感を与えながら不意を衝く

恋が始まる一歩手前までは、人は理性に支配されています。よって既婚者は危機回避本能を働かせて、リスクのある異性には近づきません。

既婚者を落とすその瞬間までは「ノーリスク」であることをアピールしなければならないということ。口が堅い、結婚願望がない、メンヘラなしを全面に押し出して安心させましょう。

あなたの好きな既婚者があなたのことを「安全な異性」と認識し気を許したところで一気にアプローチして陥落してください。

相手が恋モードに入ってしまえばリスクのことはとりあえず頭から飛びます。

とにかく既婚者には「この人なら大丈夫そう」と思わせることが大切です。

優しさを見せる

人間とは基本的に自分がかわいいものです。自身が辛い目にあったりめんどうくさいことになる相手とはわざわざ仲良くなりたいとは思いません。

反対に自分に親切にしてくれる人や立ててくれる人、優しく受け入れてくれる人にはつい気を許してしまうものです。

既婚者に対してはとにかく優しく、そして大切に扱ってあげること。既婚者は家庭において配偶者や子どもに気を使いながら生活をしている生き物です。仕事の場でも当然、気を使いながら生きています。何かを「してもらう」側に回れることが少ないのでそれをされると弱いのです。

わかりやすい優しさをもって丁寧に接することで既婚者の心は開きます。

既婚者が落ちる相手の特徴

既婚者が思わず好きになってしまう異性には独特の特徴があります。

固有の好みはもちろんありますが、「既婚」という足枷を感じることなく恋ができる相手を好みます。

既婚者が落ちてしまう相手の特徴についてみていきます。

自由さを持っている

既婚者は自由さを持つ異性に魅力を感じます。

結婚生活は自由ではありません。共同生活であり、共に暮らす配偶者とうまくやるよう常に気を使い加えて子どもがいればその対応も考えなければなりません。

「しなければならない」ことの多い既婚者はふと自由な異性をみるとうらやましく、惹かれてしまいます。

同時に、こんな人であれば気持ちのままに恋ができるのではないかという幻想を抱いてしまうのです。

既婚者の惹かれる自由さを持つ人とは、価値観や考え方が縛られていない人のこと。ときに成り行き任せにしてみたり、「まあいいか」と言ってくれる人に「自由」を感じます。

自立している

精神的に経済的に自立した人を既婚者は好きになります。

ひと昔前であれば不倫は結婚までのお遊びと割り切る女性もいたようですが、今はそんな時代ではありません。本人がこの先で結婚しようがしまいが関係なく、一人の人間として恋を楽しめる相手に惹かれます。

既婚者であっても恋人からは甘えられたり、束縛されたりなど少しはあって欲しいとは思っていますが、依存は困ると考えています。しっかりと自分の生活を立てつつときに恋人に甘えるような人を望んでいるのです。

精神的な自立と経済的な自立は大きく関係しています。既婚者は恋人に経済的に頼ろうと考えてなくても、きちんと自分の仕事を持っている人であれば安心して交際できると考えており、自然にその点をチェックしています。

さっぱりしている

当たり前ですが執念深い性格の異性や、粘着質な相手に対して既婚者は手を出しません。

既婚者が好きになるのは性格のよいさっぱりした異性です。

結婚相手を探すときには、見た目、経済的な要素、将来性などさまざまな事象を加味して総合的に判断しますので、性格に多少の難があっても我慢できそうなら目をつぶることもあります。

しかし、「恋人」という位置におくことだけに特化するなら、一緒にいて落ち着ける相手を選ぶのです。

安心できる気性の相手であれば、自分が既婚者であることを一時忘れて、自然に気持ちが動いて気が付けば恋に落ちていたということがあります。

恋に落ちやすい既婚者とは

結婚している人は全て既婚者と呼ばれますが、既婚者の中には恋に落ちやすい人と、なかなか恋に落ちない人とがいます。

もし、意中の相手が恋に落ちやすい要素を持っているなら、頑張り次第であと一歩で落とすことができるでしょう。

恋に落ちやすい既婚者の特徴をみていきます。

配偶者に不満がある

配偶者や家庭に不満を感じている既婚者は家庭外恋愛に落ちやすい傾向です。

具体的には、配偶者と性格が合わない、セックスレスにある、配偶者が浮気をしている、などです。

ほかにも、子どものことや経済的なことで家庭内の問題を抱えている場合もこれにあたります。

結婚生活は始めてしまえば、基本的には一生このまま継続するものです。そこでどうしようもない問題が慢性的に起こっていれば、せめて気持ちだけでも逃げ出したいと考えるもの。

配偶者や家庭に不満のある既婚者は、家庭の話しを避けたり、以前より怒りっぽくなったりしますので注意して観察してみましょう。

恋愛が好き

恋愛は種の保存のためにDNAに刷り込まれた本能であり、精神的な安定を得るためにも必要なものでしょう。そして、人間の場合であれば通常は、ただ一人の人に出会い気持ちを高め、愛に変化させて寄り添いながら生きていく、というのが流れです。

しかし、中には出会いから気持ちの高まりまでの過程がとにかく好きというタイプの人がいて、これを世間では恋愛体質の人と呼びます。

恋愛体質の人は結婚しようが子どもが出来ようが関係なく恋をします。食事を取ったり、息を吸うのと同様に恋をしようとしてしまいます。

既婚者という名札をつけていても恋愛体質の相手であれば、恋に誘うことは難しくありません。

このタイプの特徴は、異性をすぐにニックネームで呼ぶ、ボディタッチが多い、不倫の既往歴があるなどです。

ストレスが多く精神的に落ち込んでいる

社会生活を営んでいると、ずっと絶好調というわけにはいきません。自身のバイオリズムや世間の情勢によって浮き沈みがあるのが当たり前ですし、ときに仕事の加重やプライベートの問題などが重なり、にっちもさっちも動きが取れなくなることがあります。

どうしようもない追い込まれた状態のときに、ふと光を見せてくれた相手に心が動くことがあります。そして、悪い状態から抜け出たときに、その相手に心惹かれてしまうことがあります。

ストレス一杯の状態や、精神的に落ちている既婚者はねらい目です。特に配偶者に落ち込んだ姿を見せられないタイプの人や、パートナーがそんな心の機微に疎い相手であれば、ふと外に心が向いてしまうことがあります。

付き合わせ工作のサービス!なぜ成功するのか

どうしても落としたい人がいる。でもいくら頑張ってもこちらを向いてくれない、そんなときに助けになるのが弊社M&Mの付き合わせ工作です。

付き合わせ工作とは、なかなか交際に至らない男女を恋愛関係に導くサービスです。

弊社、M&Mでは実際にどんなサービスが受けられるのかについて一部、ご紹介します。

まず、お申し込みをいただきましたら無料相談でお悩みをお聞きして状況を把握します。その上で調査を実施して、お話しの裏付けやお相手の詳細を探ります。

恋愛は、タイミングが命です。現状とお相手の性格や状況を的確に把握して、適正な行動をとればかなり高い確率で落とすことができます。

恋愛の当事者が自分でそれらに取り組めば、どうしても感情が先走ったり、自分の軸で動いてしまうため失敗しやすいのです。

依頼人であるあなたと好きな人が既に顔見知りであるという前提の場合は、あなたがどんなときに、どんな行動をとれば良いかなどを具体的にご指導いたします。

必要があれば工作員を近づけてお相手の気持ちを聞き出す、心を動かすよう仕向けるなどを緻密に行っていきます。

付き合わせ工作が行うことは派手な工作や、無理な演出ではありません。地道かつ失敗の少ない方法で着実にご依頼人さまのご希望を叶えるべくサポートするのが私ども仕事です。

不倫!その前に知っておきたいリスク

好きな人が既婚者で、その相手を落として交際が始まればそれは不倫です。不倫が絶対にいけないことだ、などという青臭いことは言いませんが、ただあなた自身に大きなリスクがあることは事前に知っておいていただきたいと思います。

不倫恋愛をして相手と肉体関係を持った場合、既婚者側からすればそれは不貞であり、相手の配偶者はあなたに対して損害賠償を求める権利が発生します。金額は不倫の年数や、過程に与えた影響の大きさにもよりますが、多ければ数百万円にのぼります。

また、不倫恋愛は最終的に離婚して不倫相手と結ばれる確率は非常に低いもの。ただの恋愛と割り切って交際するのであれば問題はありませんが、結婚を視野に入れるのであればそうとう厳しい道のりだと思っておいて間違いありません。

相手の性格や家庭の状況によっては、あなたにとって辛い別れで終わることもありますし、仕事を失うなど社会的制裁を受けることもあります。

恋愛に順番はありません。好きな人、運命の人がたまたま既に結婚していたということもあります。しかし、相手が既婚者であるという事実がある以上は、あなた側が不利な立場であることには違いありません。

リスクを知った上で、しっかりと覚悟をして既婚者との恋を始めるのかどうか検討してみるのもひとつです。

既婚者を落とす!好きになったら猪突猛進

既婚者を落とす方法についてご紹介しました。

好きな人が既に結婚している、でも諦めたくないというなら本気でがんばるしかありません。

既婚者ならではの考え方や行動パターンを把握して、心を掴むよう努力してみましょう。

自分だけの力でどうにもならないときにはプロがいます。付き合わせ屋に依頼すれば、素人の力ではどうにもならなかったことが、すっと簡単に前に進みます。

好き!そう思える人に人生で出会えることはそうはありません。気持ちに誠実に猪突猛進、挑んでいきましょう。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*