別れさせ屋

性の不一致で離婚したい!離婚を告白できない場合の別れ方

夫婦関係を考えるときに性生活を切り離すことは難しいもの。感情と本能の両方が関わる事象だけにどちらか一方が不満を感じるようになると、簡単には克服できない問題です。

性の不一致を理由に離婚をした夫婦、離婚を考えている夫婦は思う以上に多いのが現状。

デリケートな原因を荒立てず、できるだけ穏便に離婚するためにどうすればよいのかと思い悩んでいる人がたくさんいるということです。

性の不一致で離婚するためにはどうすればよいのか。別れさせ屋を使うとどうなるのかについて、別れさせ屋M&Mの担当者が解説します。

性の不一致は離婚理由になるのか

冒頭でも申し上げた通り、何かしら事情がある場合をのぞいて夫婦関係に性生活はマストです。

性の不一致とされるのには次のものがあります。

  • セックスをしたくないのに相手が求める
  • セックスをしたいのに相手が拒む
  • 嗜好があわない

「したくない」「相手が拒む」には個々の理由があります。

いずれにしても、毎日顔を合わす相手との問題であり、かつ第三者などに相談しにくい内容ですので、お悩みとしてはかなり深刻になります。

結婚の当初から「合わない」というパターンや、そもそも性行為が苦手という人。夫婦の時間を経て事情が変化した結果、拒否反応がでるなどがあります。

性の難しい点は、性欲という本能と、対象人物や環境に対する感情とが混ざっている点です。本能は無しにすることができませんし、かといって感情を無視することもできません。

性の不一致とは、結局は二人をとりまく事象の全ての不一致の根源でもあり、「性格の不一致」の一部を担うものでもあるのです。

よって、性の不一致は離婚理由になり得ます。

夫婦間の話し合いで進める協議離婚であれば、当然それを理由にすることができますし、調停などを利用する場合も、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に当てはめるて主張することもできるでしょう。

性の不一致離婚!別れさせ屋に依頼したらどうなる?

性の不一致の難しいところは、話しの核心の部分がお互いのアイデンティティに関わる事象であるため、落としどころがつけにくいという点にあります。

離婚となればできるだけ自分に優位に話しをつけたいところですが、性の不一致に争点をあてれば、「円満に」とはなかなかうまくいかないのが現実でしょう。

そんなときに頼りにしていただきたいのが別れさせ屋です。

別れさせ屋は、合法的に「離婚」に向けたサポートを行うサービス。必要であれば、離婚の決め手となる理由づくりを促し、できるだけ円満に話しが進むための材料をご提供します。

今回のようなデリケートな問題で離婚を希望されている場合であれば、別の理由を導いて離婚できるようサポートしていくことも可能です。

私どもM&Mが行う離婚サポートの一部をこちらでご紹介しますのでご一読ください。

※なお、離婚させるための工作は個人の価値観や環境によって最適なものをご提案しています。こちらでご紹介するのは一部であり、以外にも数多の手段があります。

疑似恋愛を仕掛ける

いわゆるハニートラップと呼ばれる方法です。依頼人であるあなたの配偶者の好みにあった異性を近づけて疑似恋愛に持ち込んだりします。

ターゲットである配偶者は当然既婚者ですので、貞操義務があり当方の工作員と性的関係を持つことはできません。よって、親密と見えるようなデート写真を撮影したり、ご本人を本気にさせて離婚したいと言わせるように仕向けるなどの方法をとります。

ターゲットである配偶者の方が、性的に我慢している側の場合や、そもそも恋愛に興味を持ちやすい、社交的であるなどであれば、成功しやすい方法です。

外の世界に目を向けたことで、配偶者の方から離婚を切り出してきたパターンや、証拠となる写真やLINE等のやり取りを持って「許しがたい」出来事としてご依頼者さまから離婚を突きつけたパターンなどがありました。

配偶者に内緒で人生の転機になることを進めさせる

夫婦には信頼関係が不可欠です。何をもって信頼するかについてはその夫婦それぞれですので、お互いに好き勝手なことをしていても信頼し合える二人もあれば、一から十まで行動を把握してもそれでも足りない二人もあります。

とはいえ、多くの夫婦は人生における大きな節目の出来事については情報を共有するのが当然と考えており、事後報告や実は知らなかったなどは相手に不信感を抱く原因になります。それをついた工作を実行します。

具体的な方法ですが、同性の工作員がターゲットに近づいて関係を深め、配偶者には内緒という条件付きで転職や大きな買い物などを進め、その上で依頼者であるあなた又はパートナーに、バレるようにもっていきます。

実際に転職などが実行されたかどうかは別にして、「内緒にされた」ことは事実。もともと性の不一致で不満がたまっていた夫婦の信頼関係をいっそう大きく揺るがすことで離婚を推し進めます。

心理作戦の利用

人の気持ちは誰にもわかりません。夫婦であってもお互いの本音は実はわからず、信じているから成り立っているだけです。

「うちの配偶者は大丈夫」と勝手に信じ込んでいる相手に、心理作戦を使って疑問を抱かせ、誤解させて離婚に導く手段があります。

配偶者であるご依頼人さまが浮気や借金、ギャンブル、などに手を染めているらしいと思い込ませて、気持ちをゆさぶり夫婦関係を破綻に導きます。

ターゲットは性の欲求で不満を感じていますので、勝手に悪い方に想像してくれるでしょう。

実際にはご依頼人さまは不貞や問題行動を行っておらず、誤解を受けた被害者ですので離婚の条件なども有利にもっていける可能性がある方法です。

別れさせ屋が見た!性の不一致でも修復可能な夫婦とは

縁は異なものとはいいます。男女の関係はあれはあれ、これはこれと割り切って考えられるものではありません。

私どもは納得してどうしても離婚したいという方のご依頼のみを引き受けており、これまでの経験から「修復が可能なのでは?」と感じた方にはそれを率直にお伝えしています。

性の不一致が生じていても修復可能な夫婦の特徴とは次の通りです。

  • ほかの部分では満足している
  • 何かひとつでも相手の良いところを認めている

性の不一致をのぞけば、よい人間で子どもにとってもよい親だと感じている場合や、とにかく真面目である点を評価するなど何か尊敬できる点がある場合です。

いずれかにあてはまるご夫婦は、関係を再構築することも視野に入れていただいてはいかがかとご提案します。

世の中にパーフェクトな夫婦はありません。概ね良好であればそれはかなり良い状態と考えて間違いありません。

性生活の問題は深刻ではありますが、時間が経てば相手の考え方や自分自身の感じ方、お互いの体の状態が変化して問題そのものが消えることがあります。ほかに難がないのであれば、夫婦の間の一時的な不協和音と考えて時間をおくというのもひとつです。

ただし、性の不一致の問題を根源に暴力をふるったり精神的苦痛を与えるなどの行為を受けているなどの場合は、速やかに離婚工作に進むことをおすすめしています。

別れさせ工作中に気持ちに変化があったなら

別れさせ屋にご依頼いただいだき工作が進んでいる最中の対応についてご説明します。

人の気持ちは変化していくものです。私どもにご依頼いただき、工作を進めるうちに配偶者さまに変化が現れたことでご依頼者さまの気持ちにも変化が生じることなどがあります。

離婚がしたいと思っていたが考え直したいという場合や、とりあえず保留にしたいなどであれば遠慮なくご相談ください。

工作そのものをストップすることはもちろん、離婚ではなく修復の方向でのサポートに切り替えることも可能です。

人間の気持ちや行動に「絶対」はありません。ときどきの変化を柔軟にとらえてよりよい未来を築くことができるよう全力でサポートいたします。

性の不一致による離婚の参考事例ファイル

性の不一致で悩む方はたくさんいます。考えに考えた末に離婚を選び、解放されて幸せを掴まれた方もたくさんいます。

弊社M&Mに寄せられました性の不一致事例の中から一部をご紹介します。

妻からの拒絶に耐えかねた男性

40代のYさまは仕事のできる男性という雰囲気です。奥様に拒否されセックスレス状態は約2年。子どもの存在や奥様が専業主婦であることを考えて我慢しようとしていたけれど、これが5年、10年と続くのかと考えると耐えきれずに離婚を希望されています。

Yさんは自営業で財産をお持ちのため、できるだけ有利に離婚がしたいとのこと。

調査を重ねて奥様の浪費癖に着目し、こちらを煽っていきました。

奥様が負けん気の強い方でしたので、その点についても工作の肝としました。

Yさんからの離婚の申し出に対して簡単には承諾してもらえませんでしたが、理由が揃っていたことから最終的にYさま主導で離婚となりました。

Yさまはしみじみと「次はやさしい人と結婚がしたい」とおっしゃったのが印象的でした。

夫からできないと言われた妻

配偶者である夫から、「セックスはなしでよい」と言われて悩む30代のFさま。

子どもが二人ありそれ以上はいらない、というのが夫の言い分らしいですが、セックスはコミュニケーションであるはずとFさま。

調査しましたが、夫に不倫の様子などはなく純粋に「もういい」と考えられているようでした。

Fさまによると夫は子煩悩で穏やか。性の不一致をのぞけば良い配偶者と言われます。

私どもは夫婦関係の修復という選択肢を含めてご提案し、熟考の末、Fさんは離婚工作を取り下げました。

しかし、一年後にやはり離婚がしたいというご要望でしたのでハニートラップを夫に仕掛けたところ、幸か不幸かFさんには淡白な夫が工作に乗ってきました。

性の不一致を理由に離婚されたFさんですが、もう男性には振り回されたくないといまはお子様と気楽に暮らしてられるようです。

性の不一致は離婚の理由に!上手に別れて新たな一歩を踏み出そう

配偶者との性の不一致で悩む方のために、別れさせ屋を利用した場合のシナリオや、考え方のポイントについてM&Mの担当者が解説しました。

男女関係はセックスだけで成り立つものではありませんが、それを抜きに考えることができない問題であり、二人の気持ちが一致しないと深刻な悩みになります。

とはいうものの、性の不一致を全面に掲げて離婚を迫るのは、後の条件交渉などを考えると得策ではありません。自分主導で離婚ができるようよい理由を探すことをおすすめします。

別れさせ屋は、夫婦の関係性や相手の弱みなどの情報を的確に把握して、離婚に向かえるよう巧みに工作します。

性の不一致にお悩みで円満離婚を希望されるなら、私どもにご相談ください。

性に関する問題は男女関係の根幹に関わります。自分をごまかすのではなく、よりよい毎日を過ごすために挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼M&Mへ工作の無料相談▼

無料相談はこちら

受付時間:お電話 10:00〜24:00 / LINE 24時間

お問い合わせフォームはコチラ▼






    お名前*
    メールアドレス*
    性別*
    年齢*
    お住まいの地域*
    ご希望の工作*
    メッセージ本文*