別れさせ屋

略奪婚後幸せになることはできる?幸せになるための5つの方法

愛する人と結婚するということは、「幸せになりたい」と幸せを願う気持ちが根底にあるもの。それはすでに家庭があった人を愛し、結果として家庭から略奪する形で得た略奪婚であっても同じです。

でも、略奪婚には、人の家庭を壊したという経緯から「略奪婚は幸せになれない」というネガティブなイメージがありますが、本当にそうでしょうか?

この記事では、略奪婚は幸せになれないの?という疑問を徹底解明!加えて、略奪婚後幸せになるための5つの方法についてご紹介していきます。

略奪婚は幸せになることができる?

略奪婚をしようと思っている方は、これから「略奪婚なんて幸せになれるはずがない」そんな心ない言葉を言われるかもしれません。あるいは、自分自身で幸せになれるのか不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。

でも、略奪婚は幸せになることができる?に対する答えは、「Yes!」です。

略奪と言う経緯があったとしても、人を愛し、幸せになるために結婚したという事実は通常の恋愛も略奪婚でも変わりありません。

でも、やはり略奪婚ということで周囲から心ない言葉を投げかけられるかもしれませんし、通常であれば祝福されるはずの結婚が、周りからの祝福を得られない…なんて普通と違う経験をすることになる可能性も考えられます。

「略奪婚だから幸せになれない」という思い込みこそが、結果として不幸だと感じる原因となります。

でも、結婚後幸せと感じるかどうかは本人次第。要するに、「略奪婚でも幸せになる!」と強く思うと同時に自分なりに心の工夫をする必要があります。

略奪婚後幸せになる人に共通する4つの特徴

略奪婚後幸せになるか、あるいは不幸(とまではいかなくとも、幸せを感じずに過ごすの)かどうかは、その人によって異なります。

でも、せっかく結婚することができたのですから、幸せを願わない人はいないはずです。

実は、略奪婚後幸せになる人には、4つの共通点があります。

まずは、この4つの共通点についてご紹介していきます。

略奪したかったわけではなく結果として略奪となった

略奪婚をした人は、大きく分けて「略奪したかったわけではなく結果として略奪となった」・「最初から人のものが欲しくて略奪した」の2パターンあります。

略奪婚後に幸せになることができる人は、前者です。

後者の、人のものを欲しくなる人や、略奪するスリルを楽しんでいる人は自分のものになった途端相手に対する興味が薄れます。あれほど「この人しかいない」と追い求めて手にした人でも、気持ちが一気に冷めてしまうのです。

何事も前向きに考えられる

略奪婚をするということは、通常の恋愛や結婚では体験することのなかったであろう辛く不安な思いをする可能性が限りなく高いです。

例を挙げると、略奪した人の前の家族からは恨まれるかもしれませんし、全く関係のない人から嫌なことを言われるかもしれません。

そんな中で、何か起こるたびに「これからも言われ続けるのかな…」、「いつまでこんな思いをしなければいけないんだろう」と落ち込んでいたのでは身が持ちませんし、何より結婚生活を楽しむことなどできないでしょう。

落ち込むよりも、好きで好きでどうしようもない人と結婚することができた喜びを感じ、何事も前向きに考えられる人こそ略奪婚後に幸せを掴むことができます。

辛いことも2人で乗り越えようとする

結婚後に、何が起こるか、どんな未来が待ち受けているかは誰にも分かりません。

楽しいことだけでなく、辛いこともあるかもしれません。

でも、辛いことがあったときに「何があっても2人で乗り越えることができる」と強く思う気持ちがある人は、困難や逆行にも立ち向かうことができます。

そもそも、何が起こるか分からないのは略奪婚だけではありません。略奪婚後何か辛いと感じたときに諦めてしまうのは、単に略奪婚のせいにしているだけです。

罪悪感を感じすぎない図太さがある

略奪婚後に幸せになるためには、多少の図太さが必要です。

略奪したことに対して、「前の家族に申し訳ない」、「幸せになんてなれるはずがない」と罪悪感を抱いてしまっていたのでは、自分で幸せになることに対してブレーキをかけてしまうことになりかねません。

幸せになるためには、「たまたま好きになった人が既婚者だっただけ」、「私にも幸せになる権利はある」と自分の行動や気持ちを認める図太さが必要不可欠なのです!

「幸せになる」。この強い思いこそが、幸せになるための原動力となります。

略奪婚後幸せになるための5つの方法

既婚中の不貞行為である不倫を経て結婚に至った略奪婚。この経緯自体は決して褒められるものではありません。

でも、そこに「略奪してでも手に入れたい」という強い思いがあったことは紛れもない事実であり、むしろ普通の恋愛や結婚よりも相手に対する思いは強いともいえます。

思いの強さがあるからこそ、略奪婚後幸せを願うのは当然のこと。略奪婚だからという理由だけで、幸せを諦めることなどできませんよね。

では、略奪婚後幸せになりたい方必見の、幸せになるための5つの方法についてご紹介します。

その①:スムーズに別れる

略奪婚後の結果は、どのような形で前の家族と別れたかによって大きく異なります。

別れる際に、パートナーを含む家庭とひと悶着あった、恨み言を言われたり、訴訟に発展した場合には、どんなに好きで結婚したとしてもスッキリした気持ちになることはできません。

ましてや、結婚後も訴訟が続いている場合などは精神的にも経済的にも不安な日々を過ごすことになります。

だからこそ、幸せな結婚生活を送るためには、すっきりとわだかまりなく分かれることが最重要課題となります。

既に夫婦関係が破綻していて、前パートナーに離婚に踏み切る要因があればスムーズに別れることができますが、場合によってはそういった要因がなく不貞行為をしたこちらが不利になることもあります。

その場合には、「別れさせ屋」を利用して、離婚に踏み切る既成事実を作るという方法があります。

お互い様という形になれば、別れる際のわだかまりを少しでも減らすことができるので、利用してみてはいかがでしょうか。

その②:感情的に行動しない

不倫というシチュエーションは、相手が別の人と家庭を持っているという事実があるからこそ、感情的に行動してしまいがちです。

これは、不安や心配する気持ちが根底になるのですが、原因が何であれ感情的に行動することは控えましょう。

もし、離婚がまだ成立していない状態で「いつ離婚するの?」と詰め寄ったり、なかなか離婚が成立せず相手を責めたり泣きわめいたりしてしまったのでは、相手の気持ちがあなたから離れてしまうかもしれません。

そうなると、略奪婚どころの話ではなくなります。

また、既に略奪婚している状態でも、略奪婚するにあたって訴訟中であった場合には精神的・経済的に不安な日々を過ごすことになります。

そういった場合に、「なぜ自分ばかりがこんな思いをしなければいけないのか」と相手を感情的に責めてしまったのでは、2人の関係にヒビが入ってしまいます。

略奪婚後幸せになることができた人は皆さん、感情的になりがい場面でもお互いの幸せのためにグッとこらえています。この忍耐こそが、幸せを掴むためのカギと言えます。

その③:しっかりとお互いの意見を言い合う

思っていることがあるのに言えない関係では、ストレスが溜まってしまうのはもちろん、お互いのことを理解することができません。

略奪婚するまで不倫という関係をもつ中で、言いたいことがあっても我慢しないと…と、我慢することがクセになってしまっている人もいるかもしれません。

でも、我慢をし続ける関係では、幸せになることなどできませんよね。

もちろん、言いたいことを全て言い合うことが良い夫婦とは言いませんが、少なくとも結婚生活に支障を感じることや、負担に感じていることがあれば我慢せずに言い合える関係を築いていきましょう。

その④:子どもをもうけるのは慎重に

大好きな人と結婚したら、「2人の子どもが欲しい」と感じるでしょう。

でも、略奪婚が成功したとしても、場合によってはまだ前家族から訴訟を起こされていたり、まだわだかまりが残っていることも…。

子どもを産み育てることは簡単ではありません。責任を持って育てる必要があることからも、まずは安心して育てられる環境や精神状態を整えましょう。

愛する人との子どもを考えはじめるのは、スッキリ安心して過ごせると感じることができてからでも遅くはないはずです。

その⑤:元家族のことも考える

略奪婚後、あなたは愛する人とようやく夫婦になることができ幸せの絶頂にいるでしょう。

でも、略奪された側の家族はどうでしょうか?もちろん、お互いに原因があってスッキリ離婚に至ったのであれば問題ありませんが、何かしらの思いを抱いていることもあるでしょう。

ましてや、子どもがいる場合には、たとえ離婚したとしても親であることには変わり有りません。

もしかすると、「子どもと会いたい」と言われるかもしれませんし、前パートナーから子どもの行事は一緒に参加するよう言われるかもしれません。

あなたとすると、前家族と接点を持つことに対して快く思えないかもしれません。でも、略奪しているという事実がある以上、前家族の気持ちや考えを理解しようとすることもこれから夫婦として幸せになるためには大切と言えるでしょう。

略奪婚をして幸せになれないケース

略奪婚後、ようやく結婚することができた愛する人との幸せを願うものですが、場合によっては残念ながら幸せになれないケースもあります。

幸せになれないケースなどあまり知りたくないと思われるかもしれませんが、「こうなるかもしれないから気を付けよう」と意識していきましょう。

また他の人と不貞行為をする

略奪することや、不倫という関係にスリルを感じるタイプの人の場合、略奪婚をして夫婦になることができると途端に飽きてしまってまた他の人と不貞行為を働く可能性があります。

要するに、「どうしてもこの人以外考えられない」という相手に対する深い愛情があるわけではなく、「人のもの(パートナー)が欲しかっただけ」なのです。

人の本質やクセは、結婚しても変わらず繰り返します。

略奪婚というイメージから周囲と疎遠になる

世の中の大半の人は、略奪婚に対してネガティブなイメージを持っています。たとえ、既に夫婦関係が破綻していたり、お互い離婚に至った何かしらの原因があったとしても、略奪婚に至った背景は関係ありません。

「略奪婚は悪いこと」、「人のパートナーを奪った」というイメージばかりが先行し、周囲と疎遠になることもあります。

分かってもらわなくても、自分たちが幸せならそれでよいと思うことができれば幸せですが、周囲からの風評を気にしたり、疎遠になったことを嘆くタイプの人だと、「略奪婚したせいで幸せになれないなかなか幸せを感じることができないでしょう。

心から相手を信じることができない

略奪婚をしたということは、自分か相手のどちらかあるいはどちらも家族をパートナーや家族を裏切ったという経緯があります。

もちろん、どうしても思いを止められないほどの強い相手に対する思いが合ってこそなのですが、略奪婚後も不安が消えないことも…。

・誰かと不倫されるかもしれない
・前家族と隠れて関係をもっているかもしれない
・他の人に気持ちが向いてしまうもしれない

など、略奪婚だからこそ、心から相手を信じることができなくなってしまうと、不幸な結末が待っています。

風評被害に耐えられない

略奪という悪いイメージから、「あの人は人の家庭を壊した」、「前の家族がかわいそう」、「自分のことしか考えていない」など風評被害に合うかもしれません。

何を言われても自分は自分と思うことができれば幸せですが、その強さがないと風評被害に耐えらえれず、幸せを感じることができません。

スリルを感じられずつまらない

略奪婚後は、念願の愛する人との生活が始まります。何よりもの幸せのはずが、そもそも略奪することや、不倫にスリルを感じるタイプの場合は夫婦となったことに面白みやスリルを感じることができません。

結婚すると、ドキドキする気持ちは減っていきます。それが日常になりますが、やはり略奪婚に至るまでの不倫や不貞行為をしていた日々にスリルを感じていると、結婚なんてつまらないと感じてしまうのです。

その結果、スリルを求めてまた略奪や不貞行為に走る可能性もあり、幸せな結婚生活とは程遠いものとなります。

まとめ

略奪婚後、幸せになりたい方必見の幸せになる人の特徴や幸せになる方法についてご紹介しましたが、ご納得いただけましたでしょうか?

略奪婚だから幸せになれない。なんてただの決めつけやイメージに過ぎません。もちろん、傷ついたいともいるかもしれませなんが、これから2人が幸せの家庭を築くことができれば、自分の行動や決断を認めることができるのではないでしょうか。

せっかく手に入れた幸せを、手放す結果となることのないよう、幸せについて模索していきましょう!

ご相談無料・対応時間10時~24時