【不倫】クリスマスで浮気相手と過ごす手口と見分け方

クリスマスは人生に合わせて変化しますが、いつだって楽しいもの。子どものころはサンタさんが待ち遠しく、大人になってからは恋人と甘い時間を過ごし、そして家庭を持った今は穏やかな時間を過ごすと変化していきます。

しかしそのはずが、どうも夫が不倫をしているまたはクリスマスに浮気をしそうとなれば心中穏やかではいられません。クリスマスという公式イベントを非公式な相手と過ごそうとするなどもってのほか。

クリスマス不倫デートを見抜く方法と、強力に阻止する手段をご紹介します。

 

クリスマス不倫デートの言い訳

夫がクリスマスに不倫デートをしようとするなら、必ずなにかしら理由、言い訳をたててきます。彼らは彼らなりに真剣に言い訳を考えるのでしょうが、見逃すわけにはいきません。

クリスマス不倫デートの言い訳についてみていきます。

友達や同僚との飲み会・忘年会

クリスマスに不倫デートをしようとする男性が使う口実で最も多いものの一つが「飲み会」です。特に年末という時節柄、「忘年会」は多用されます。

忘年会は、仕事やお付き合いのはばによっては、連日開催されることも珍しくありません。それを逆手にとっての言い訳でしょう。

普段なら、誰と行くのかを気軽に言ったり、SNSに楽しむ様子を投稿する夫であれば変化に気づきやすいもの。念入りにチェックしましょう。

自分の行動を話す習慣のない夫であれば、判断が難しいところです。それならば、出がけに一言「今日の忘年会って会社の?」とさりげなく聞いてみましょう。もし、やましいところがあるなら、何かしらおかしな態度がみえるはずです。

あくまで仕事

クリスマスに、出張や残業。社会人なら当たり前です。それに対して不満を投げかける方がおかしいというのが、普通の意見です。仕事が本当のことならば。

普段から、仕事を言い訳に面倒くさいことをスルーしている男性は、当然、クリスマス不倫デートもその手でいこうとします。「年末の繁忙期なんだから仕方ないだろう」「今年最後のあいさつ回り」などと尤もらしいことを言って、泊りを含む出張にでることもあります。

仕事が本当なのかどうかを見抜くのは難しく、会社に確認するなどの強硬手段はよほどの場合でなければ、反対に夫の信頼を失います。

今年も仕事でクリスマスが忙しいという夫は、とりあえずそのことには突っ込まず別の方法でチェックをいれるのが賢明です。

急なトラブル

彼が今まで不倫や浮気の既往歴がなく、あなたが人より嫉妬深いと彼が理解している場合、クリスマス当日に「急なトラブル」を使って不倫デートを実践される可能性があります。

会社の仕事にまつわるものが多いと考えられますが、同僚の家族のことや本人自体の一大事をでっちあげてくる可能性もなくはありません。

急なトラブルであれば、それ以降の連絡をとるのが難しくなりますし、ばたばたして説明している余裕がないという言い訳もできます。

浮気しているかも?と警戒していたのに、クリスマス当日まで普通に仕事にでかけると一瞬、安心しますがいつも通りの時間に夫が帰宅するまで気が抜けないということです。

 

許すそれとも許さない?クリスマス浮気の対応

浮気といってもいろんなパターンがあり、どこからを浮気と感じるかは人によってボーダーがちがいます。

クリスマスの夫の浮気をある程度、許容するのかそれとも徹底的に叩き潰すのか、考え方についてみていきます。

条件付きで許す

結婚している以上、浮気や不倫は絶対にダメです。しかし、あまりにがんじがらめに夫をしばりつけてもかわいそうで、かえって本気の不倫などにつなげてしまうということもあります。

ちょっと恋心を持った女性とのお食事デート程度なら目をつぶる。複数で会うのなら気づかない振りをするなども対処方法です。

浮気のボーダーラインは夫の性格によってきめておくとよいでしょう。責任感があり、家庭を大切に思っている夫であれば、お食事デートくらいでは不倫に進みません。夫の性格を把握していて信じられるなら適当に手綱を緩めるのもアリです。

女性が好き。今までに不倫をしたことがあるなどであれば、女性と二人で会うことについてはどんなことであってもアウトとしておくのもよいでしょう。

絶対に許さない・許したふりして逆襲

クリスマスに浮気をするなど許さないと考える妻がいます。何かを図る物差しは個人によって異なります。あなたにとってクリスマスがとても大切な日であると思うなら、クリスマスの浮気は、程度や関係性に関わらず許せないし、許さなくてもよいでしょう。

許さないにはいろんな方法があります。ストレートに阻止するというのももちろんですが、許しているかに見せかけて、逆襲するというパターンも。自分にあった対処方法であなたの思いをぶつけてください。

あなた自身がこれは嫌だと思うことは許さず、しっかり対応しておくことがよい夫婦関係を維持するためには重要です。

 

クリスマス浮気・不倫の実態

クリスマスに浮気や不倫。どうも他人事ではないらしいとなれば、男たちの生態について把握しておきましょう。あまり知りたくもないのですが、クリスマスの浮気や不倫はどんな感じで実行されているのか。知ることが対策につながります。

クリスマスの浮気や不倫の実態についてご紹介します。

家族より豪華なプレゼント

恋人時代はイベントごとにあれこれとプレゼントをくれた男性も結婚後は、それほどでもなくなる。ということは珍しいことではありません。元々、プレゼントにこだわりがなく、交際していたころからプレゼントがない男性や、結婚後もマメにまれこれ考えてくれる夫もいます。

それはさておき、クリスマスの浮気や不倫ではプレゼントが贈られています。まだそれほど深い関係ではない相手に対してもそれなりのものが贈られていたり。

内容を聞けば耳を疑いたくなるような高価なものである可能性もあります。プレゼント、食事、場合によってホテル代とクリスマス浮気は高くつきます。それらが夫のお小遣いとはいえ、家計から出ていくという事実。

ちなみに、夫も彼女からプレゼントを受けっといる可能性大。いつもの彼のセンスにないものをみつけたら要注意です。

気分は独身!羽目を外してホテルデート

独身時代は、クリスマスや記念日に素敵なレストランやちょっと贅沢なホテル、ということもありました。浮気、不倫のクリスマスは独身さながらのデートが開催されていたりします。

人目をしのぶことなく有名レストランを訪れたり、ディズニーランドなど遊戯施設を楽しんだり。そのままお泊りデートだってあります。

浮気、不倫をしている男性は、彼女の前では独身気分であることが。家庭があることをすっかり忘れているかのようにデートを楽しんでいたりします。

夫の検索履歴にレストランや、ホテルを見つけたら目を光らせておきましょう。

 

クリスマス不倫デートを阻止する方法

夫が不倫をしているかもしれない。浮気デートをクリスマスに実行しようとしていそう。そう感じるところがあれば早々に手を打つ必要があります。

聖夜に起こる不倫・浮気デートを阻止する方法について解説します。

先に予定をいれる

クリスマスの少し前に、その日の予定を入れて夫に知らせましょう。家族や夫婦での食事プランや、夫婦どちらかの親を巻き込んで過ごすなど、キャンセルしにくいものがおすすめです。

「時間の都合がまだわからない」と言われても、「とりあえず入れておくね」と気にしない対応でOKです。

あまり早くに予定を入れると、仕事などを口実にキャンセルされる可能性がありますので、2週間~1か月程度前に声をかけるのがベター。

予定を縛られることを極端に嫌がる夫であれば難しいですが、家族の行事として当たり前のように予定にしてしまえば、「その日は~」とは言い出しにくいものです。

クリスマス不倫の話題を植え付ける

クリスマス不倫や浮気の話題をそれとなく話しておくというのもよいでしょう。もし、普段から二人でドラマや映画を一緒に見る機会があるのなら、浮気や不倫が出てくるものをみてみるのもよし。

素敵な恋のシーンをみながら、「こんな恋なら不倫でも素敵ね」などと無邪気に言っておくと、夫の心に残ります。

浮気や不倫は誰にでも起こり得ることですが、夫婦間でそれを話題にすることはあまりありません。そんなこともあって、「自分の妻は浮気や不倫なんてあり得ないと思っている」と、勝手に思っている男性がいます。

基本的に夫のことは信じているし、浮気はないと思っているがもしあれば許さない、という気持ちをそれとなく伝えておくとよいでしょう。

愛情をしっかりみせる

夫婦でいることはそれ自体が全てであり、愛を表現したり感謝をするということを怠っていることがあります。もちろん、きちんと日々の感謝を伝え愛情表現している夫婦もいますが。

クリスマスに浮気や不倫デートをさせたくないのであれば、しっかり愛情表現をして彼に愛されているという実感を持たせましょう。

それほど深く考えずに浮気や不倫をしている、またはしようとしている夫たちは改めてあなたに愛されていることを認識し、失いたくないし大切にしたいと思うはずです。

夫に愛を伝える。大切にする。それだけでクリスマスの浮気や不倫デートは抑止できます。

当日のゲリラ対応

クリスマスの当日までにいろいろやってみたけれど、ついにデートが実行されそう。となれば、当日はゲリラ対応で力づく阻止といきましょう。

「(妻であるあなたの)体調が悪い」などで、できるだけ早く帰ってくるように促してください。そして、あたかも本当に体調が悪いように振る舞ってください。

連絡がつかない。返信がないということもありますが、そのときは冷静に。2回くらい連絡を残して放っておきましょう。

多くの場合、「バチが当たったな」という程度の考えをもってあわてて帰ってきます。不倫に気づかれたと悟る男性もいるでしょう。

どちらにせよ、そうまでして不倫を止められたということで、クリスマスデートへの意欲が萎えてしまうものです。

 

クリスマス不倫デートをする夫の心理

バレるリスクの高いクリスマスにわざわざ不倫をしようとする男の心理とはいったいどんなものでしょうか。

まずひとつは、恋でテンションがあがり周りが見えていない状況であるタイプ。好きな人ができてデートできそう。恋の渦中にあってクリスマスをより楽しみたいなどの欲求が先走り、自分の立場を忘れてクリスマスを楽しもうとしています。また、相手の女性から「既婚だからできない」と思われたくなくて無理をしてでもイベントを一緒に過ごそうとしたりもします。

もうひとつ。とにかく恋愛が好きで、クリスマスなどのイベントは恋をしていたいというタイプ。結婚をしているかどうかに関係なく、恋が好きな男性はそれを優先します。

これらふたつのタイプは、恋に恋する乙女のような心境ですので、妻としては面白くありませんが、放置すしてときどきお灸をすえる程度にしておくというのも手だてです。

他にあるのが、本当に相手のことが好きで、相手の望むデートをしたいというタイプ。こちらは浮気・不倫そのものが本気傾向ですのでとにかく早めに策を講じる必要があります。

 

どうしても気になるならM&Mへご依頼を

夫が不倫・浮気をしているかもと気になると、全てがグレーにみえてきます。ちょっとしたことを「あやしい」と感じて冷静な判断ができなくなることも。

配偶者についてしっかり目を光らすことは大事なことではありますが、過敏になりすぎて決めつけたり過剰反応すると、夫の浮気心に火をつけてしまうことになりかねません。

そうなる前にM&Mにご依頼ください。弊社では浮気や不倫の調査を実施するだけでなく、別れさせ工作も進めることができます。通常の探偵の場合であれば万が一、不倫や浮気があったとしてもそれがはっきりするだけでそれ以上の対策はしてもらえません。その点、別れさせ屋であれば、もしもの場合に「別れさせ工作」などに進めることもできます。

夫の様子がおかしい。気になるのであれば別れさせ屋を利用して状況をはっきりさせ、必要であればしかるべき対応をとりましょう。

彼をどうしても取り戻したいなら、不倫相手と別れさせることをオススメします。

 

クリスマス不倫を阻止せよ!手口を知って早期対応を

クリスマスに夫が不倫や浮気デートをしようとしているかもしれないとお悩みの方に向けて、クリスマス不倫・浮気デートの実際や、夫の様子から浮気を探る方法、具体的な阻止方法についてご紹介しました。

イベントがあれば誰でも気持ちは浮つきます。しかしだからといって、不倫・浮気デートをしてもらうわけにはいきません。普段から夫の様子を観察し上手に手当をしておきましょう。

浮気や不倫を防止する最高の薬はあなたの愛情です。彼を愛して大切にすることで、あなたの望むよいクリスマスを迎えることができます。

NO IMAGE