ブログ

彼女や彼氏と別れる方法

別れさせ屋が教える相手から別れを切り出させる方法

貴方はなぜ交際相手と別れたいのでしょうか。
そしてなぜ現在は別れられない状態なのでしょうか。
この両者について解説に合わせ解決方法をご説明させて頂きます。

別れたい理由と別れられない状態の解決方法

別れたい理由

彼がドメスティックバイオレンスだから・・・

別れられない状況

彼に別れを告げると暴力的になり恐怖感から別れを切り出せない

解決方法

まず、こちらの場合には貴方の心の弱さと、相手をつけあがらせてしまう優しさ(悪く言えば、嫌な事でも許してしまうあまさ)がその暴力的行動を過剰にしている恐れがあります。
許してはいけない事を自分に対して強く言い聞かせる事が必要でしょう。
しかし、中には貴方に全く落ち度が無い場合でも暴力行為を行ってくる一種の異常者がいるのも現実です。

この場合には、警察を頼るしかありません。
ただし、しっかりと警察に守ってもらえるように、暴力行為を行われた事実や証拠はとっておきましょう。

ここ数年の間に、ストーカーや元恋人などが別れた相手を殺してしまうような事件が多発しており、警察に相談していたにもかかわらず、警察が対処せずに放置した結果として事件になっている事で多くの問題になった為、現在の警察は威信にかけてこの様な問題に取り組んでおりますので、警察に相談したり被害届を出す事で徹底して守ってくれる警察署も現在は多いのです。

警察に行っても対応してくれない場合には弁護士に相談したり、私共にご相談下さい。
弊社では警察が貴方を保護するよう、無料にて対応致します。
※弊社の様な会社を通して警察に連絡する事で、相談している事実が明確になり、もしも事件に発展してしまった場合には警察や担当した警察官が処分される可能性が高くなりますので、そのリスクを減らす為に警察も重い腰を上げてくれます。

別れたい理由

彼と性の相性が悪い・・・、彼女と性格が合わない・・・、結婚を催促されているが結婚する気が無い・・・など

別れられない状況

お付き合いしていた過程からくる相手に対する情や別れを切り出す気まずさ、相手との将来が見えないなど

解決方法

一定の期間を一緒に過ごしていると、相手に対して恋愛感情が冷めたり一緒にいる事自体に嫌気が差してしまう場合や、相手の精神年齢が引くかったり、何度伝えても将来に対する明確なビジョンを持ってくれない事で不安を感じてしまい別れたいと思う方も多くいらっしゃると思います。

しかし、別れたいと感じながらも別れを切り出すタイミングを見つけられなかったり、別れを切り出す事で相手が可哀そうだと思ってしまい、なかなか『別れたい』の一言が言い出せないのではないでしょうか。

この様なカップルは日本に多く存在するのですが、日本人の謙虚さや自己主張をしない日本人特有の性格が影響しているのでしょう。

また、別れたいと思っている側ら、心の奥底に「別れたら一人になってしまう」という寂しさが影響している可能性もあります。
これに関しては自身で気付いていない方も多くいますので今一度自分の胸に聞いてみると良いでしょう。

上記のどの場合にしても、この状況で交際関係が良くなる事はほぼありません!!

ダラダラ関係を続ける事は止めましょう。
自分自身もそうですが、相手にとってもその交際期間は無意味な時間となりすので、相手の事を考えているつもりでも実際には全く逆の行為でもあるのです。
その事を自分に言い聞かせて下さい。
結局は自分の保身を相手のせいにしてしまっていたという事は避けましょう。
それでも自分から言い出せない場合には少しずつ相手に嫌われる行為を行うしかありません。

【嫌われる為の行為】

  • 相手からの連絡に出なかったり返信しない
  • 他の異性と頻繁に連絡を取っている様子を認識させる
  • 相手に対する優先順位を低下させた事を認識させる
  • 性行為を受け入れない

上記の内容が一般的な方法ですが、この方法を行うと相手が嫉妬したり独占欲を掻き立ててしまう恐れがあり、逆効果になる可能性もありますのでご注意下さい。

その他に別れる方法としては弊社の様な別れさせ屋を利用する方法もあります。
しかし、お安い費用ではありませんので金銭的に余裕のある方のみご利用する事をお薦め致します。

別れたい理由

交際相手の束縛や発言、行動などが異常すぎる・・・

別れられない状況

交際相手がヒステリックを起こし他者に迷惑を掛けたり自殺をほのめかす為に別れを押し切れないなど

解決方法

交際相手がヒステリックを起こし、『別れるんだったら死ぬ』などと言われてしまい、それ以上別れを押し通す事が出来ず、やむなく関係を継続されている状況だと思います。

これは一種の脅し行為であり、殆どの場合には死ぬことはありません。
例え精神的に不安定な状況の時にリストカットをしてしまう人だったとしても命を絶つような状況まで自身を追い込んでしまう事は稀なのです。

仮に、本当に自殺をしてしまったとしても自分の意志で自殺したという事実は揺るぎませんので基本的には貴方が罰せられる事はないでしょう。

しかし、交際相手が精神病うつ病などと診断されている場合では、貴方に監督責任という義務が発生する可能性があります。
これが適用された場合には無くなった交際相手の親族から貴方に対して賠償責任として慰謝料を請求される場合がございますのでご注意下さい。

これを避ける方法としては、警察に通報し「ストーカー行為」などの迷惑行為として相談したり被害届を出す事によって、交際相手に対して「貴方への接見禁止」などの処置を取ってもらいましょう。

この手続きを踏む事により交際相手が自殺したとしても、貴方へ対するストーカー行為を行った挙句の精神的不安定からくる自殺となりますので、貴方に落ち度がなくなります。

ただし、このような方法は「交際相手が自殺する可能性」に対して覚悟を持たなければいけませんので、交際相手が死んでしまう事だけは絶対に避けたいと考えているのであればやめましょう。

上記の方法を試みる事が出来ない場合には、一度弊社へご相談下さい。
別れ工作を利用する事なく別れる事が出来ると判断した場合には無料にてアドバイス致します。

別れる為に工作のご相談を希望される場合にはこちらから別れ工作の概要をご確認下さい。
別れ工作ページ→別れ工作概要

別れる方法 キーワド一覧

大好きな人と別れる方法彼女と別れる方法ダメ男と別れる方法きっぱり別れる方法彼女と上手く別れる方法彼と別れる方法同棲中の彼氏と別れる方法上手く別れる方法彼氏とうまく別れる方法好きな人 別れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る