ブログ

別れたいのに別れてくれない!面倒な交際相手と別れる方法

大切なことはきっぱり別れを告げること

交際相手との付き合いを終わりにしたいと考えた時、男女問わず、自分のことを引きずらずに別れてもらうにはきっぱりと別れを告げることが大切です。
別れたいんだけど、というように提案ともとれる曖昧な別れの言葉を使ってしまった場合、交際相手によってはまだ考え直してもらえる余地があるという風にとらえてしまう可能性が出てきます。
ですので、別れることにした、というように提案ではなく既に決定した事項として明確な意思を相手に伝えることが重要です。
また交際相手が別れなくて済むと誤解するような内容を言わないようにしましょう。
例えば、相手のここが嫌だから別れたいというようなことを言うと、その部分を治せばいいのかと誤解が生まれてしまうので注意が必要です。
このようにきっぱり別れを告げても、交際相手によっては別れを了承しないケースは多々あります。
このような時に大切なことは相手がなんと言ってこようと、もう別れたからと突き放して、自分が決めたことは貫き通すことです。
例え、話し合いたいというような連絡があったとしても、それに応じてしまうとまだ話し合う余地が残っていると相手に思わせてしまいかねませんので、絶対に応じないようにしましょう。

段々と連絡回数を減らしていく別れ方

きっぱりと別れを告げた後でも、交際相手がその別れにいまいち納得していない場合、電話やメール、今はLINEなどを使ってなんとか連絡を取ろうとしてきます。
相手をするのが面倒でいきなり連絡を絶ち切ってしまうと、相手がストーカー化してしまうなど面倒な事態になってしまうリスクが出てきます。
こうした面倒事を予防するためにも、きっぱりと別れを告げた後は本人と会わない、話し合わないというのを心掛けつつも、メールやLINEでの対応に気を付けることが重要です。
もちろん、今までのような対応をしてはいけません。
今まで通りのやり取りが出来てしまうと、相手も別れたという実感が得られませんので、いつまで経っても別れられないという事態に陥ります。
ですので、まだ別れを受け入れられない交際相手に対しては、次第に連絡を減らし、距離を置いていくようにして別れを受け入れてもらうようにすすめていくのが一つの別れ方となるのです。
ゆっくりとした別れ方にはなりますが、特に女性の場合は、自分の身を守るという意味でも急激な変化を相手に与えるのではなく、様子を見ながら連絡回数を減らしていき、内容も事務的な感じにしていくことが重要です。

どうしても別れてくれない時の究極の別れ方

恋愛関係には様々な別れ方がありますが、なにをしても別れてくれない交際相手の場合、究極の方法として自分が悪者になる別れ方があります。
これはとにかく相手が嫌がるようなことをしたり、相手の嫌いなタイプの女性になりきってしまうという方法です。
別れを切り出す時、多くの人がこれまでの付き合いを綺麗な思い出としてお互いの記憶に残したまま、別れたいと考えてしまいがちですが、相手がどうしても別れてくれないようなタイプであれば、なりふりかまってはいられません。
ですので、自分の立場を落としてでも相手から別れを切り出させるように持っていくことも必要です。
ただ共通の知人などがいる場合、別れた後に自分が悪者になってしまうので対外的なイメージが気になるかもしれませんが、相手から別れを切り出させることが出来れば確実にすっきりと別れることが出来るため、究極の別れ方といえるでしょう。
しかし、こうした方法をとってもなお、別れてくれないというような場合は、自分一人で抱え込まずに第三者を通すことも必要です。
またなんらかの危害が加えられる可能性があるような場合、早めに警察に相談をするようにしましょう。

ここまでしても別れられない場合や、別れを切り出すことによって危害を加えられる可能性がある場合などは別れさせ屋のM&Mへご相談下さい。

別れさせ工作を駆使する事で自然に別れる事が可能となります。

また、警察や各相談センターへの相談も取り次ぎます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る