ブログ

円満離婚ってできるの?離婚を覚悟したら知っておくべき5つのこと

離婚をしたいのならまずは離婚の種類を知る

離婚をしたいと決意したとしても、すぐに明日離婚届を出せるというわけではありません。これは離婚するということは一つの家族が2つに別れるということですから、それなりに手続きを踏んだり、法的な手続き、慰謝料などの支払いを行わなくてはならないためです。
法的によって結ばれた二人なのですから、それを解消するのもまた法的な手続きが必要になります。
この時、離婚の種類はいくつかあります。
ひとつは協議離婚で、これは二人で話し合いをしてその結果のもとで手続きを行うというものです。すべての話し合いが全てスムーズに上手く行った場合、あるいはどちらかにとても大きな問題がある場合などに使われます。
もう一つが調停離婚で、話し合いをしてもまとまらない時に家庭裁判所に依頼をして話し合いに参加してもらい、それによってどうするか、これからの生活を決めるというものです。これはとてもこじれた場合、あるいは片方にとても大きな問題がある場合に起こります。
また、審判を使ったり裁判をして離婚をすることもあります。こじれたものの場合はこのように進むこともあり、いろんな問題を解決しながら最終的に別々の道を選ぶか、もしくはまた元に戻る場合もあるでしょう。

不仲な理由を作ったら、慰謝料と親権と財産

とはいえ、これは不仲となる理由を作った側は請求できないこともあります。
この理由とは、例えば不貞行為、つまり浮気をした方は請求できないというものです。また、悪意の遺棄といって、生活費を渡さなかったり、相手を虐待して追い出し戻らないようにすること、自分から家出することなど理由にはなりますが、理由を作った方は請求できないものです。この場合は話し合いで説得するしか方法がありません。
また、別れるのにともなって慰謝料や子供がいるなら親権、財産分与などが発生します。
慰謝料の場合、また、上のような不貞行為や悪意の遺棄がない限りは慰謝料請求とはなりにくいことが多いでしょう。協議の場合も細かいことを設定し、それにより支払うかどうか、支払うのならどうするかを決めます。
財産分与の場合は仮に家事のみをやっていたとしても、パートナーの家事はそのまま配偶者の助けとなりますから、半分は相手にも請求する権利が生まれます。
親権については子供の意志が最も大きく反映されます。調停や裁判になると女性のほうが有利になりますから、男親は親権では不利な状況が続いています。ただし、女性側の不倫などならこの限りではありません。養育費の支払いも発生します。

離婚はかなりハードルが高いもの

どちらにせよ、決意したのなら相手に伝え、相手の同意が必要になります。
決意を伝えるだけではなく、相手にどのようなメリットがあるのか、生活についての補填や保証はどうなるのか、ということを伝える必要があります。
そしてそのような内容は弁護士などで証明書類を作っておき、もし毎月の養育費などが滞った場合の手続きなども考えておきましょう。
伝えるときにはそれなりに冷静ではなくかなり感情的になる人もいます。もちろん、あなたが不貞行為をしたりしたのではなくお互い性格の不一致となるのなら、それなりに考える必要があるでしょう。あなたが不貞行為をして別れたいのなら、それ相応のものを持たなくてはなりません。また、あなたの配偶者は不倫相手への慰謝料請求権を持ちます。
また、決意を伝えてから意見が揺らぐことも珍しくないものです。というのもかなり大きなライフスタイルの変化や生活の変化が起こるものですから、決意をするのも大変なら、それを維持するのも大変になります。
とはいえ、精神的に疲れたとしてもその後のライフスタイルの変化なども考えたうえで調整を行い、その上で生活の違いなどを考えるようにしたいところでしょう。

別れさせ屋のM&Mでは離婚調停や離婚裁判で相手側が不利になる為の状況を意図的に作り出します。

離婚したくても現状だと難しい等の問題は是非とも別れさせ屋のM&Mへご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る