ブログ

恋愛上手な女は知っている!交際相手と上手に別れる6つのテクニック

交際相手との交際をやめたいときには

恋愛は楽しいものですが、時には交際しているうちに相手の嫌なところが多く見つかって、別れたいと思うこともよくあることです。ですが、こちらから一方的に別れたいと思っても、相手にその気がなければ、なかなか思った通りに相手とすんなり別れないような事態に発展する場合もあります。

交際相手ときれいに別れるためには、できるだけ相手を刺激しないようにして別れることが必要です。不必要に相手の感情を乱してしまうと話がもつれてしまう可能性があるので、できるだけスマートな対処法が必要になります。こうした方法を実践したい場合に参考になるのは、恋愛上手な女性たちが行っている別れの方法です。ここではそうしたテクニックを6つほど紹介したいと思います。

まず初めに紹介するテクニックは、自然消滅を狙う方法です。そのために良いのはメールなどが送られてきても、時間をかけてから返信する方法です。仲の良いカップルなどは、メールが送られたらすぐに返信することが普通ですが、メールの返信を時間をかけて行なうことで、相手に自分の愛情が冷めているということをそれとなく知らせることができるので、とても効果があります。

相手にそれとなく気付かせる方法

交際相手にそれとなく自分の冷めた気持ちを気付かせる2番目の方法としては、デートの誘いをされたときなども、何かと理由をつけてそれを断わる方法があります。用事があったり体調が悪いなどの理由を言って、何度もデートの約束を断わり続けていれば、どれだけ勘の鈍い人でも自分が嫌われはじめているということにそれとなく気付きます。

交際相手にこうした感情を持たせることが、自然消滅を実現する上ではとても有効です。またデートの誘いをどうしても断われなかったときでも、交際相手に自分の冷めた気持ちを伝える方法もあります。それが3つ目のテクニックです。それはデートの最中にあまり会話をしないようにすることです。相手が話していることなどにも、あまり反応もせずに、こちらからも積極的に話さないようにすれば、デートの雰囲気は次第に盛り下がっていきます。このようなデートが何回も続けば、相手もいい加減に自分の仲が冷えはじめているのだということがわかります。

いずれの方法にせよ相手にそれとなく冷たい態度をとっていき、て交際相手に別れを受け入れさせる下地を少しずつ作っていくことが、きれいに別れるためには大切になります。

相手に自分のことをわざと嫌われる方法

相手に自分の気持ちを気付かせる方法の他には、相手に自分のことを嫌いになるようにさせる方法もあります。

4つ目のテクニックとして挙げられるのは、メールのやり取りやデートの最中などに相手のすきなものを嫌いということです。恋愛関係にある男女には自分がすきなものを相手にも好きになってほしいという感情がありますが、相手のすきなものを否定することで、相手の自分に対する気持ちを冷ますことができます。

5つ目のテクニックとしては、相手に嫌われるような品のないしぐさなどをデートの最中にそれとなくすることです。男性ならば誰でも嫌うような女性のしぐさを見せ付けられれば、男性は相手に対する好意が薄れるので別れやすい環境が作れます。

6つ目のテクニックとして最後に紹介できるのは、デートの最中に些細なことで怒るという方法です。相手のちょっとしたからかいの言葉などにも過剰に反応した素振りを見せて、相手に自分の怒りを見せることで、それをきっかけにして別れ話に持ち込むことができます。

相手は自分の不用意な言動がきっかけで相手を怒らせたと考えているので、後腐れも生じずに、きれいに相手との関係を清算できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る