ブログ

離婚成立をさせた後の慰謝料や養育費との上手な付き合い方

004MIZUHO171010_TP_V

晴れて離婚成立してから背負う物とは

不倫関係、それに準ずる恋人関係にあり、相手の離婚を願っていた方にとっては離婚成立は新しい生活のスタートとなることでしょう。本日は離婚成立後どのような事がおきてどのように対処するのかを書いていこうと思います。離婚成立をただ喜んでばかりもいられないことがあります。不倫が原因となり離婚したといいう場合には、以前の配偶者に対する慰謝料を支払っていくことになる場合がほとんどです。結婚していた側はもちろんですが、不倫相手となった方についても別途慰謝料が請求されることもあるのです。すでに慰謝料について和解や裁判で決着している場合はその支払いについて考えていくことになりますが、まだ慰謝料として請求されていない場合はこれから請求される可能性もあります。そういったことを含めて金銭的な準備をしていきましょう。慰謝料として支払う額はもちろんですが、話し合いで解決しない場合には裁判になることもあります。その場合は弁護士費用なども必要になりますから、そういった部分も頭に入れて金銭的な計画を立てていきましょう。それ以外にも、子供がいた場合は養育費という形で定期的に支払いをしていかなくてはならないことがあります。そういったものも頭に入れて今後のお金との付き合い方を考えていきましょう。

離婚成立しても子どもとの縁は切れない

離婚成立で以前の配偶者との関係は一度切れることになるでしょう。それでほっとしている方も多いかもしれません。しかし、以前の結婚で子どもを設けていた場合は全く関係がないというわけにはいきません。子供にとって両親は必要なものですから、たとえ離れて暮らしていても関係をつないでいかなくてはならないのです。その一つの方法として養育費があります。子供が育つうえで必要な費用を負担するものです。慰謝料が一時的な支払であることに比べて、養育費は子供が成人するまでなどある程度継続して定期的に支払っていくことになります。家計に大きな負担となることはもちろんですが、それを通して前の家族と交流することになるため、再婚した相手には不快に感じられることも多いです。しかし、大人の都合で離婚成立したことは子供には何の非もありません。子供に必要以上の負担や不安を抱かせてはいけないのです。たとえ相手と前の家族との交流が不安であっても、それは自分の負った義務として飲み込みましょう。子供が両親とかかわりながら育っていけるよう、養育費と面会交流はできるだけ快く受けて継続させていきましょう。それが再婚を正しい選択だったといえるようにする付き合い方でもあるのです。

支払わないという選択肢はないと考える

自分たちは悪くない、慰謝料を払う必要がないと思っている方もいるかもしれません。しかし、慰謝料を払う胸を一度決めてしまったらそれに従わなくてはなりません。裁判や調停などで定めたものは債務名義となり、強制執行することも可能になります。場合によっては給料や財産の差し押さえという事にもつながっていくのです。支払いの約束が私的な協議であったとしても、それを裁判で争われる可能性もあります。そういったトラブルに巻き込まれると精神的にも疲弊してしまいます。決められた額はきちんと支払い、義務を果たしていくのが正しい付き合い方といえるでしょう。そもそもこうした負担があることは付き合っている時点からわかることです。こうしたことを踏まえた資金計画を立てましょう。特に不倫などで支払う慰謝料が多い場合は、女性側も仕事を辞めないようにするのが賢明です。男性側も安定した仕事についていてもいつどうなるかわかりません。その時に支払いが滞ると強制執行の可能性が出てきます。家計の安定と確実な支払いのために仕事をつづけ、地道に支払っていくという姿勢が結果的に幸せに近づくための付き合い方だということがいえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る