ブログ

離婚をして再婚をするなら今より生産性のある環境を作る事

再婚してからのことも考えてみよう

気になる人がいて、その人に家庭があるとなると通常はあきらめなくてはならないと考えることが多いはずです。しかし、それでも止められないような強い思いがあったり、運命ともいえる相手とのつながりを感じているという場合は、離婚からの再婚という可能性を追い求めたくなることもあるでしょう。しかし、一度立ち止まって考えてみましょう。ここであなたに対して愛情を示すようになった相手は、もしあなたとの家庭を持ったとして、その後に他の相手に愛情を示すようになる可能性はないでしょうか。もちろんそうではなく、あなたが本当の運命の人であったという可能性もあるでしょう。しかし、実は相手が浮気性であるためにこうした状況を繰り返すケースも意外と多いのです。人間というものは恋に落ちてしまうと周りが見えなくなってしまうものです。そのことを心にとめて、極端に相手を信じ切っていないか客観的に見てみましょう。第三者にアドバイスを受けることも効果的です。再婚した後どうなるか、という視点で話し合ってみることも大切です。今度こそ失敗しないようにするために、急ぎすぎずに慎重になって再婚後の生活について話し合いをしていくようにしましょう。

 

 

再婚後の生活について話し合ってみる

再婚をすると決まったなら、その後の生活についてきちんと二人で話し合っておくようにしましょう。恋愛ムードだけではその後の生活はうまくいきません。特に初婚の場合に比べて、再婚となると乗り越えなくてはならない壁が大きくなります。両親などとのかかわり方や親せきとの付き合い方などの環境も問題となるでしょう。また、離婚の際に慰謝料や養育費などが発生していれば、そういった金銭的負担ものしかかってくることになります。そういったことを全く考えずに再婚し新生活を始めてしまってうまくいかないことも多くあるのです。女性の場合、結婚したら仕事をやめようと考えている方もいるかもしれませんが、慰謝料や養育費の支払いが重くのしかかり、共働きでやっと生活を支えられるというケースがあることも頭に入れておきましょう。こういったことを考えず感情だけで先走らないことが大切です。この再婚にどれだけの生産性があるのか、二人でシビアに話し合いましょう。そういった話し合いを避ける相手とは付き合いを考え直した方が賢明です。二回目の結婚だからこそ、失敗しないように生産性や環境についてしっかり考えていく必要があるのです

 

 

離婚の仕方も重要なポイントになる

二人の関係が生産性のあるものになるかどうかは、前の結婚関係をどのように解消したかという事にかかっています。もしも今の二人の関係が不倫と呼ばれるものであったとすると、非は間違いなくこの二人にかかってきます。当然慰謝料も高額になります。もしその後で結婚できたとしても生活に大きな負担となってのしかかってきます。また子供がいればその子どもとの関係も考える必要があります。養育費の支払いはもちろんですが、子どもが両親の愛情を受けて育てるように定期的な面会の機会を持つことも必要です。そういった時に新しい配偶者が気分を害し、再び離婚に至るというケースもあるのです。もし新たな結婚生活を始めようとするなら、新たな関係を築く前にまずは今の結婚関係をどれだけきれいに解決できるかがカギとなります。不倫となるとかなり不利になりますし、離婚が認められなくなるケースもありますから、きちんと離婚が成立するまでは不倫関係とみられるような深い関係にはならないようにする必要があります。肉体関係はそれまで我慢するようにしましょう。それだけの環境を整えてくれる相手とであれば再婚してもうまくいく可能性が高いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る