ブログ

略奪愛を成功させた末に覚悟しなければならない事

161103194910vdzbfxgchvj_TP_V

相手からの復讐の可能性は常に覚悟を

略奪愛成功させた場合、常に覚悟をしておかなければならないのは奪った相手からの復讐です。相手にバレないように秘密裏に成功をさせたにしても何が、きっかけでそれが相手にバレるかはわかりません。そして、ばれた末には相手からの復讐をされてしまうということは覚悟しておかなければならないのです。恋人を奪われて復讐をする気も出ないということもあれば、そこから復讐だけが唯一の生きる理由になってしまう相手もいるものですから略奪愛の末に全員が不幸な結末が待っているということは珍しいものではありません。略奪愛をするということはこのような可能性を常に秘めているということですから、必ずしも相手を奪うことができたからといって幸せになることができるとは限らないのです。略奪愛自体は成功をすることができたとしても、人の恨みを買うことになるわけですから末に待っているのは全員が不幸になる結末だったということは可能性としてはないとは限りません。人間というのは常に冷静な判断をするとは限らず、リスクがあるとわかっていて略奪愛に走る人もいれば無意味だとわかっていてもやられたことを許すことができずに復讐に走る人もいるということです。

社会的な制裁を受けることも頭に入れておく

相手からの復讐がないにしても、社会的な制裁を受けるということは十分に考えられるものです。奪われたことに対しては相手もそれ以上追求してこない場合であったとしても、慰謝料を請求されるということは十分に考えられます。これも一種の復讐と考えられますが泥沼にハマることを避けるために、相手がお金で解決をしてくれるという提案をしてくれているとみることもできますし、奪った側としては要求を突っぱねることもできません。そして、当事者間では金銭によって円満な解決をするにしても周囲の人間からすれば、不道徳な行為をする二人と見られてしまって暮らしにくくなってしまう恐れがあります。略奪愛によって解雇をされてしまうということはないにしても、結果的には退職に追い込まれるように仕向けられる閑職に追い込まれるといったことは珍しいことではありませんから略奪愛を成功させたとしても社会的に認められるかどうかは別な話となります。こちらも上手くやれば表面上は何もなかったかのように取り繕うことができますが、発覚した時社会的な信用を失う事になるかもしれないと言う事も頭に入れておきましょう。

相手から裏切られる可能性も覚悟に

略奪愛を成功させた時に覚悟しておかなければならないことは、今度は自分もその立場になる可能性があるということです。相手がいるにもかかわらず他の相手を選ぶ人といっしょになるわけですから、安心しきってはいけません。また別の誘惑があった時に今度は別の相手のところになびいてしまうということは可能性として考えられものとなります。ドラマのように好きあっていた物同士が政略結婚によって引き離されて、そこから一緒になることができたといった場合であればこのような心配もないでしょうが現実的にはそのようなドラマのようなことが起こることは少なく、他人の幸せを奪いとった相手だけに、自分も同じ目にあってしまう可能性というのは低くありません。略奪愛で流れてくる人間というのはその時の感情によって流されやすいタイプと考えられますから、その時は幸せに満ちていても一緒に過ごす期間が長くなるに連れて次第に熱が冷めて別の相手のところに流れていってしまうということはないとは言い切れないのです。略奪愛をして幸せになることもありますが、略奪をすることによっていつか自分も同じ目にあう可能性がある事も頭に入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る