ブログ

略奪できないタイプの男性の職業トップ3

OOK91_wakairikkouhosya_TP_V

略奪できない職業第一位は「政治家」

略奪出来るかどうかを判断する為には、「男性の心理と不倫の目的」をはっきりとさせることが必要です。例えば、不倫をする男性にはいくつかのパターンがあります。「奥さんとの仲が悪い」、「自分の力(モテる)を試したい」、「だらしがない」などのパターンがある訳ですが、理由に合わせて「心理」も考えていきましょう。奥さんとの仲が悪いことが原因で不倫をしている男性の場合、「見せしめや復讐で不倫をしている人」、「奥さんと別れる気はないが性欲・ストレスを発散させたい人」、「別れる前提で次の相手を探している人」などが居ます。これだけみても「略奪しやすそうかどうか」は容易に判断することが出来ると感じられるでしょう。そういったことを踏まえた上で、略奪が出来ないタイプの男性が多い職業としては「政治家」が当てはまります。政治家は女性からモテるのは間違いありませんし、愛人などが居る男性も多いでしょう。しかし、「不倫が明るみに出ると選挙に当選できなくなる」と言うリスクを抱えているため、あくまでも表面上はそういったことのないクリーンな人間であると言うことをアピールしたがるため、略奪の可能性は低くなります。

略奪できない職業第二位は「教師」

教師」も世間一般的に女性からモテる職業と言えます。しかし、こちらも政治家と同様に「世間体」が非常に重要になるタイプの職業である為、愛人にはなれても略奪が成功する可能性は低いと言えるでしょう。完全に出来ないタイプだという訳では無いにしても、それが明るみに出た時に生徒や保護者からどのような評価をされることになるのかは分かり切っているため、余程自身のある人でない限りは基本的に保守的な対応になってきます。未婚男性が既婚女性に対して略奪をすると言う状況であればまだしも、既婚男性が未婚女性という構図は成立しづらくなります。最終的にできるかできないかは状況が大きくかかわってきますし、本人同士はもちろん周囲の環境がどのように対応するかによって変わります。もしも略奪できない場合、大人しく不倫関係を維持することを目指した方が賢明かもしれません。ただし、もしもその事実が明るみに出た場合には教職を辞すほどの覚悟を持って臨む必要があります。紛いなりにも「人に志と道徳を説く人間」が教師である以上、社会倫理的にダメだとされている行為をしていることに対してそれなりの罪悪感を持つようにしましょう。

略奪できない職業第三位は「弁護士」

上位二つと基本的な理由は共通していて、「世間体がどのように仕事に影響を与えるのか」によって判断した結果です。弁護士に限らず、「士業」と呼ばれる職業はおおむね世間体が重要になってきます。もちろんその業界でも不倫をしている人は沢山いるでしょう。中には複数回の入れ替わりを経験している人も居るかもしれません。しかし、一般的な考え方で言えば「信用問題につながることはしない」と判断する人が多くなるため、実現できる可能性は低くなります。最後に、「タイプごとの可能性」について少し紹介しておきます。このようなタイプならば実現しやすい、しづらいと言うことを知っておくだけで余計なリスクを回避できるようになります。実現しやすいタイプは「一生懸命隠そうとしている男性」です。この手の男性は努力に対して結果が伴わないことが多く、妻にバレた段階で乗り換える気になる可能性が高くなります。逆に「堂々と不倫をしている男性」は実現しにくいタイプと言えます。バレても良いという気持ちでいると言うことは、仮にバレても関係が壊れないであろうという自信の表れにもなります。また、不倫相手に対して「これは不倫だ」と言うことを暗に示しているとも言えるため、関係が大きく変わる可能性は低くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る