ブログ

気になるあの子は彼氏持ち!彼氏と意中の彼女を別れさせるにはどうしたらいい?

IMARIB20160807231117_TP_V

自分の計画を人に知られないように

気になる相手はすでにカップルになっているという場合、それでも猛烈にアタックするという人は少なくありませんが、これでは結果が上手くいっても略奪愛になってしまい、周囲から見てもあまり良い印象とは言えません。また、別れさせたい相手が恋人と愛し合っている場合、強引なアタックは相手にとって迷惑でしかなく、それが原因でカップルが破綻したとして、こちらに気持ちを向けてくれることは考えられません。そのため、誰かを別れさせたいと考えているのであれば、自分の思惑は相手にも周囲にも知られないようにしておく必要があります。その場合、限られた方法しかとることはできませんが、うまく相手を別れさせたときに、気になる相手と付き合える可能性が高くなります。具体的な方法としては、費用はかかりますが別れさせ屋に頼む方法確実性が高いです。自分で働きかけるときは、本人の気持ちをほかにそらすようにするなどの手段があります。いずれにしても、問題なく付き合っているカップルが別れるようになるまでには、ある程度まとまった期間が必要になります。焦るとすべてが台無しになりますので、気長に結果を待つようにしましょう。

自力で別れさせたいときのプラン

どんなに幸せなカップルでも、いつも常にラブラブな状態を維持しているわけではありません。些細な衝突やけんかを繰り返し、仲直りすることによってお互いの信頼性や関係を深めていきます。別れさせたい人がいる場合には、このタイミングが非常に重要です。放っておいても仲直りするようなけんかなどが生じた場合、相談に乗るふりをして、さりげなく別れの方向に誘導できるチャンスです。ただし、あからさますぎると相手を悪く言わないでほしいと反発されることもありますので、基本は聞き役に徹し、別れたいと口に出したときにその気持ちを後押しする程度にします。例えば、暴言を吐かれたときなどは、相手をけなすのではなく、暴力や暴言は一般的に見て、いつまでも改善しないし悪化する人の方が多いなどのアドバイスをします。そして、それなら付き合わない方がよいのかもと思ったときに、心配している素振りで合わないのならばお互いのためにも別れたほうが良いこと、すぐに新しい恋ができること、このままでは不安があるまま付き合い続けなければならないことなどをさりげなく伝えます。これを繰り返すことで、最初は仲の良いカップルも、別れを決めることがあります。

気になる相手とは親しくしておく

相手に別れを促すような方法は、まず、自分と相手が親しくなっておかなければ実行できません。恋人がいるうちは、異性としてのアピールをすると逆に警戒されてしまいますので、まずは友人や同僚として近づいていくとよいでしょう。そして、相手の気持ちを誘導し、別れた後はそばで慰めます。別れを決意した相手とであっても、一人に戻った時は孤独感が強くなりがちです。その時に親切にしておくことで、相手の気持ちは一気にこちらに傾いていく可能性が高いです。もちろん、自分から誘導するときだけでなく、別れさせ屋に依頼する場合でも、別れさせたい相手のスケジュールや詳しい情報を収集しやすくなりますので、より短時間で決着がつけられるようになります。まずは下心を隠して、少しだけ親しい間柄というポジションを得られるように努力してみましょう。また、相手が恋人や配偶者との関係を解消した後も、すぐに気持ちを押し付けるとストレスを与えてしまいます。しばらくは友人として相談に乗ったり慰めたりして、できれば相手から友人以上の好意を感じられるようになってから、告白したり、正式にデートに誘ってみるのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る