ブログ

愛人で終わりたくなければ期間を決める!!

好きな人に既に配偶者がいた場合

好きになった人に、既に配偶者がいるという事は珍しい事ではありません。その場合、諦めなければ、好きになった人にも配偶者にも迷惑をかけてしまう可能性が出てきます。ですが、好きな気持ちというのは簡単には抑える事が出来ないものです。その為、相手に配偶者がいても、それでも付き合いたいと考えてしまう人もいます。この時に、相手が拒絶をしてくれれば、諦める事も可能になりますが、相手によっては愛人という形の関係を提案してくる可能性があります。完全に拒絶されるよりも、相手に配偶者がいるままでも、付き合えるのならば良いと、その関係を受け入れてしまう人も少なくありませんが、この時にしっかりと決めておきたいのが期間です。例えば、1年経っても関係が変わらないのであれば、別れも考える等、最初に今後の事も考えておく事がおすすめです。特に、都合の良い関係で終わりたくなければ、最初にしっかりと考えておく事が重要になってきます。提案された関係をただ受け入れ、そのまま関係を続けていくと、いつまで経っても、都合の良い相手で終わっていく事になります。その間にも、時間は流れる事を考えると、最初に期間を決める事がおすすめです。

 

都合のいい関係が続いてしまう理由

愛人関係で終わりたくなければ、ただ都合の良い関係を続けていくという事はおすすめできません。愛人という形であっても、相手が好意を抱いてくれているのであれば、それで良いと考える人は少なくありませんが、相手に離婚をするという意思がない場合、その先には進む事が出来ません。良い関係が続いていれば、いつか相手が配偶者と別れてくれると考える人は少なくありませんが、都合の良い関係を提案した時点で、相手には別れる気がない考えておく事が重要になってきます。ここから、関係を変えていく事は簡単ではありませんが、都合の良い関係で終わりたくなければ、努力をしていく事も重要になってきます。その為には、好きな人に選ばれるだけの魅力を身につけていく事が重要です。愛人という関係が始まると、相手に家庭があっても、ただ一緒にいれるという関係に満足してしまう人は少なくありません。ですが、それではいつまで経ってもこの関係が続くだけという状態になってしまいます。愛人という関係で終わりたくなければ、期間を決めて、その間に関係が変わるように努力をする、関係が変わらなければ関係をやめる事を考えておく事がおすすめです。

 

先の事を考えておく事が重要な理由

愛人という関係が始まったら、まず自身の中で期間を決める事が重要になります。この関係は、一緒にいる間は楽しくても、最終的に結婚という形にたどり着かない事が殆どです。更に、関係が続く中、相手の配偶者とのトラブルも起きる可能性があります。そして何より、先がない関係を続けている間にも、年齢を重ねていく事になります。若い間であれば、それだけ新しい恋人を探しやすい状態になります。ですが、関係が長くなり、年齢が上がれば、理想通りの恋人が見つかりにくい状態になってしまう可能性もあります。それだけに、愛人という関係で終わりたくなければ、最初に期限を決める事が重要になってきます。それにより、だらだらとした関係を続けず、適度なところで、気持ちを切り替え先に進む事が出来るようになります。もしくは、期限をしっかりと決めておく事で、相手との関係を先に進めやすい状態に変えていく事が出来る可能性もあります。好きになった人に配偶者がいた場合、愛人という関係でも良いと考えてしまう人は珍しくありません。ですが、この関係はだらだらと続いてしまう事も多い為、しっかりと期限を決めておくようにする事がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る