ブログ

恋愛相談を受けていた相手を好きになってしまった場合

男女間の友情関係は有り得るのか?

異性の友達関係というのは同性とは違った角度から関係を築くことができるので、好んで作る人も多いでしょう。同性同士でいるよりも気軽な関係だと言い切る人もいるぐらいです。しかし、その反面男女間の友情は成立するのかという議題は常にあるでしょう。これは人によって様々で本当に友情としてしか捉えていない関係がある場合もありますし、どちらかが淡い恋心を抱えていることもあります。後者の場合は、縁を切りたくないが為に友達というポジションをキープしている人も多いでしょう。恋愛関係においては別れは付き物ですから、別れてしまって以後会うことも許されない関係に怯えているという人もいるようです。男女間の友情においてはお互いに恋愛とは違う好意というものがすでに存在しているのは間違いがなく、転び方一つで恋愛に発展する可能性は常に秘めているのです。そこを乗り越えるか乗り越えないかで男女間の友情になるのか、恋愛として発展するのかが変わってくるように思います。

女性側があまり意識しないで付き合っている場合も多く、男性側がどうしようか悩んでいる状況は多々あるようですね。女性と男性の間で恋愛関係に発展するかは女性次第の部分も大きいのかもしれません。

 恋愛相談には魔物が住んでいる?

男女間の友情が成り立っている場合、お互いの恋愛相談をする機会も多いでしょう。悩みを共有し、解決策も模索しつつ、一緒に悩んであげるという構図はよくある話です。しかし、お互いの恋愛観を聞いていくうちに、相手に対して好意を抱いてしまうパターンもあるようです。恋愛相談を受けていた時、その人が悩んでいる内容に「自分ならそうさせないのに」というもどかしさが出てきてしまったり、アドバイスしているつもりでも、どこかで自分を選んでほしいという気持ちが湧き出てしまうことがあります。相手は純粋に恋愛相談をしているのに、自分が不純な気持ちで接していることに気付いたら、それ以降の相談には積極的に応じることができなくなり、結果相手の関係に歪が生まれてしまうこともあるでしょう。男女間の中で恋愛相談を受けていたのに関わらず、その相手を好きになってしまうパターンはよくあるのです。少女漫画の世界では定番ではありますが、現実世界の中でもよくある話です。元々お互いに一緒にいて心地の良い関係であるが故に、転び方一つで恋愛になってしまうのです。ただし、相手が同じように感じているか別問題で、純粋に相談をしている場合もあるので難しいところでしょう。

 恋愛相談を受けていた相手と恋愛するには?

恋愛相談を受けていた相手に対して恋心を自覚しても、自分ではない他の誰かを好きでいる事実は変えることができません。しかし、自分の中で芽生えてしまった恋心を自覚してしまった以上、相談を受け続けるのはとても苦しいでしょう。ましてや、恋愛相談を受けていた人を好きになってしまったいうのを本人に伝えるのにも勇気がいることです。男女間での友情は成立するのかと言われれば、このパターンに関してはNOと言えるでしょう。どちらかに恋心が発生した時点でこの関係には終止符を打つべきです。素直に「もう相談にのることはできない」伝えることが正解です。いきなりそれを伝えられてしまう異性は戸惑うことが多いかもしれませんが、あなたの恋心に気付いてくれる切っ掛けになるでしょう。それ以降の付き合いに関してどうするのかを決めるのは、あなたではなく相手ですから、様子をみるぐらいしかできることはないと思います。偽りの状態を続けていくことが良しと思えるのであれば、最後まで相談を聞いてあげることも良いでしょうが、自分の気持ちに素直になることで関係性が変わったとしても、スッキリすることができると思いますよ。どちらを選んでも後悔しないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る