ブログ

復縁したい相手が「返事をしやすいメール」を送ろう!

ookawajengaIMGL1681_TP_V4

復縁したい相手に連絡をする事

カップルの別れにはそれぞれ理由があります。しかし、別れてしまっても忘れられない、出来る事なら復縁したいと思う事があります。ただ、願うだけでは現状は変わりませんから別れた相手との距離を詰める事が必要です。相手と全く連絡を取っていないとか、学校や会社で顔を合わせないのであれば距離を詰めるにも詰めようがありませんから、連絡を取りあう事が必要になります。そこで一番良い連絡方法はメールです。なぜかというと、もう付き合っているわけではないので、相手の都合や生活に配慮をしなければならないので、相手のタイミングで見れるメールが良いのです。そこで注意しなければならないのが、距離を縮める事なのでやり取り出来る内容のものを送らないといけないという事です。例えば、一方的に気持ちを伝える、相手が自分をどう思っているのか核心に迫るなどは逆効果になる場合があります。例えば、気持ちの無い人から重たいメールが来たらどう思うでしょうか。たとえ一度お付き合いをした仲だったとしても、別れたのだから一からやり直しの気持ちでスタートする決意をしてください。自分がまだ未練があるからといっても、相手が同じ気持ちかはわからないのですから。

送るメールは、相手に負担の無い内容にすべき

もし自分が何とも思っていない方から、いきなり「好き」という告白とか、自分の事をどう思ってるか聞かれたら困りますよね。困った挙句に返事をしないという選択肢を選ぶかもしれませんし、もしくははっきりと断られてしまう可能性だってあります。そういった場合には、まう自分から連絡ができなくなって距離は縮まるどころか離れてしまいますね。こういった事態を避けるためには、相手に負担の無い内容が望ましいです。また、やり取りが続くようにその内容に対して返事がしやすい内容にしましょう。そして、送るタイミングも重要になります。望ましいタイミングとは、別れてからある程度期間が空く事が基本です。別れてすぐでないと相手の気持ちが離れると思われがちですが、そうではないこともあるのです。例えば、一人暮らしを始めたとしましょう。最初は自由で快適かもしれませんが、毎日顔を合わせていた家族がいない事に徐々に寂しさを感じて来ます。また、家の事や自分の事を全て自分でやらなけらばならないので不便さも感じて来ます。恋愛もそれと同様に、そばにいつもいるのが当たり前だった相手がいない事に寂しさや違和感を感じてくるのです。つまり、その寂しさを感じやすいタイミングを狙うのが有効なのです。

復縁を目指してメールを送ろう

別れた相手との連絡をある程度絶ってからメールを送るのが有効なのですが、その内容はどんなものが良いのでしょうか。多くの人は、聞かれた事に対して応える習慣がついています。したがって、メールは「ハテナ」で終わる文章の方が返事が来る可能性を高めます。では、「ハテナ」で終わる内容ですが、久しぶりだからといって「元気?」「どうしてる?」という内容では「元気だよ」などで終わってしまう可能性が高いです。距離を詰めるためには、まだ好きである事ををほのめかすようなものが良いです。例えば、相手の好きな事や知りたがっていた事を使って「貴方が好きだった美味しいお店ができてたの、行った?」など、相手の好きなものを気にかけている事をほのめかします。また、相手の好きなものの情報なので喜ぶ可能性も高いし、もっと知りたいとその事について質問して来るかもしれません。また、内容は軽めなので返事をしやすいのです。それからは、相手の出方を見てやり取りを続けていき、チャンスがあれば「今度一緒に行ってみよう」と誘ってみるのもアリです。ただ、もう付き合っているわけではないので、毎日のように連絡を取り合あるとは思わない事、返事を催促しない事、付き合う前の感覚を思い出して少しずつ焦らない事がポイントです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る