ブログ

妻子持ちの彼を略奪できる可能性はどれくらい?

状況によって結果は大きく変わる

妻子持ちの男性を「略奪」する場合、成功する可能性は「状況次第」で大きく変わってきます。すでに関係が破たんしている男性であれば略奪が成功する可能性は高くなりますが、妻子との関係が良好な場合にはほとんど可能性はないと考えていた方が賢明です。そもそも、妻子持ちの男性にはいくつかのパターンがあります。そのパターンによってどれくらいの成功が見込めるのかが変わってきます。もしも自分が好きになった妻子持ち男性が期待度の高いパターンに当てはまっているのであれば、積極的なアプローチを掛けていけば十分に結果に繋がる期待が持てます。具体的にどれくらいの確率で略奪が成功するのかと言うことを事前にシミュレーションすることは簡単ではありません。妻子持ちである以上、男性にしてみれば「今ある環境を全て捨てる覚悟」が必要になります。仮に妻に関してはすでに候補者がいる状況かも知れませんが、「子供の存在は何物にも代えがたい」と言う考えの男性も少なくない為、そういったことを総合的に判断してどれくらい期待できるのかを検討しましょう。また、それに際して「他の人の体験談」を参考にすると非常に効果的です。リアルな意見であればあるほど参考になります。

妻子持ちでも簡単に略奪出来る男性

妻子があっても「簡単に略奪婚が成功する男性」にはパターンがあります。確率で表すことは出来ないものの、場合によってはほぼ確実に成功させることが出来ると考えられる状況もあり得ます。この手の男性の特徴としては、「自信家」・「マイペース」・「ナルシスト」・「エゴイスト」など様々なタイプが居ます。特にナルシストな男性の場合、「より良い女性を自分のものにしたい」と言う思いが強いことが非常に多く、結婚後も常に新しい女性に狙いをつけている可能性があります。この手の男性に対して略奪を決意したのであれば、その希望が叶う確率は非常に高いと言えるでしょう。ただし、こういった特徴を持っている男性が全て一様に当てはまると言う訳では無く、男性自身の本質部分・社会的立場・家庭環境などを総合的に判断していくことが必要です。例えば、すでに家庭が崩壊している状況ならば期待は大きくなります。しかし、男性が「離婚は世間体が気になるからしたくない」と考えていれば話は変わってきます。ただ、自分からは言い出すことが出来ないとしても、妻の方から言われれば離婚に応じると言うこともある為、「妻の方を説得する」と言う方法をとることで成功率がアップすることもあります。

「ちょっとしたきっかけ」で考えが変わる

頑なに離婚を拒んでいる男性だったとしても、何かの拍子に考え方が180度変わってしまう可能性もあります。例えば、世間体を気にして離婚を拒んでいた男性が、妻では無く子供に「おかあさんと離婚して」と言われれば素直に応じてしまうと言うのは典型的なパターンです。このような感じで、言い寄られた女性が「非常に理想に近い女性だった」と言う場合などは、それまでどのような考え方であったとしても結果が変わってくることもある訳です。特に、あまり女性にモテてこなかった男性はこのような傾向が強くあります。過去に女性にモテた経験がある男性の場合、「その判断がどういった結果に結びつくのか」をリアルな目線でシミュレーションすることが出来るため、リスク回避の目的で簡単には応じてくれないことが多くなります。とは言え、人間だれしも「ちょっとしたきかっけ」があれば全く違った考えになることは往々にしてあります。略奪を成功させたいと思うのであれば、ただ闇雲にアプローチしていくのではなく「合理的な手段に則ってアプローチしていく」と言うことが重要です。方法を間違うと、破たんしていた夫婦関係を修復する手助けをしてしまうこともあり得ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る