ブログ

好きな人とその交際相手を別れさせたい

女性ならば男性と肉体関係を持ってしまう

好きな人に交際相手が居る場合、自分がその人と交際する為には「現状の交際相手と別れさせる」と言うことが必要になります。いわゆる「略奪」が必要になってくるわけですが、その方法には色々なものがあります。社会通念上、こういった行為自体は是とされることは非常に稀ですが、現実的に言って「多くが同様の状況にある」と言う事実もある為、それ自体は十分に可能なことです。女性が「好きな人(男性)と交際相手を別れさせたい」と思うのであれば、「肉体関係を持つ」と言うのも一つの方法です。別れさせたい相手に対して自分の意思(好意)をアピールするしないに関係なく、何らかのタイミングで関係を持つ事により好きな人が自分に好意を向け始めるきっかけになる可能性が高くなります。日常生活の中で好きな人に対して「関係を持ちたい」と迫っても良いですが、良心ある人間であれば「交際している女性に申し訳ない」と言う理由で断られてしまう可能性は十分にあるでしょう。どうしても別れさせたいとおもうのであれば、批判覚悟で実行してみる価値はあります。

 

「相談相手になる」ことで可能性が高まる

良くある話にはなるのですが、「恋愛相談をしていた相手とくっついてしまう」と言うことは非常に多くあります。その時点での恋人をどれ程好きであっても、「自分の悩み・ストレスを理解して共感してくれる、自分自身を励ましてくれる」という異性が現れて来れば、一定程度の好意を抱いてしまうことに何ら不思議はありません。親身になって相談に乗ってくれることが信用・信頼に変わり、「より自分を理解してくれる人と付き合いたい」という思いを抱くことが少なくない為、すでに恋人が居る人を好きになってしまった場合の方法としては非常に効果的です。相談相手になる為には、事前にある程度の信頼関係を築いておく必要があります。以前から友人関係であったとか、会社・学校などで一定の交流があるという条件が必要となってはしまうものの、首尾よく相談相手になることさえ出来れば別れさせて自分と付き合ってもらえる可能性が非常に高くなります。ただし、相談に対する対応が不十分だった場合、「この人との将来性はない」と思われてしまう可能性がある為、「諸刃の剣」になる可能性も覚悟しておくことが大切です。必ずしも適切な回答が出来なくとも良いのですが、最低限度「私は常にあなたの味方である」という理解を示すことは必要です。

 

「好き」と言い続けてみるのも効果的

人間は誰しも、「自分に対して好意を持ってくれる人を好きになる」という心理があります。心理学の分野でも有名な話にはなるのですが、この効果を活用するのであれば「とにかく好きと言う気持ちをアピールし続ける」と言う方法も効果があります。「私はあなたのことが好きです。出来れば付き合いたい」という気持ちを直接伝え、しっかりと自分の存在を意識してもらうことが出来れば、どこかのタイミングで自分に好意が向けられる時が来る可能性があります。もし、「今すぐに付き合いたい」と言うことであれば他の方法も併用していくことが必要になります。待つことを辞さないと言うことであれば、最終的に一定の効果が上げられる期待は非常に大きくなります。ただし、その場合には「自分の好意を重荷にさせない」と言うことと、「自分の魅力をしっかりとアピールする」と言うことが重要になってきます。自分が好きだという気持ちを持っている以上、あいてにも自分の事を好きになってもらいたいという希望があるのは仕方がありません。好意を受け取った側もそのことは理解できるので、「重い、面倒、ありえない」と思われてしまっては効果が無くなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る