ブログ

奥さんと別れて自分だけのものにしたい!

不倫は1つの家庭を壊すということ

彼女がいる男性に好意を寄せるのと、結婚している男性に好意を寄せるのにはわけが違います。それは「家庭があるかないか」です。交際中というのはあくまで付き合っている2人だけの思いで一緒にいるだけにすぎません。そのため交際中に別れようが、他の人に目を向けようが周りには関係ありません。それとは反対に結婚をしている男性には奥さんや子どもがいます。つまり家庭があるのです。1つの家庭を築いているため、その付き合いは奥さんだけではなくお互いの親族や2人の子どもも関わってくるようになります。そのため不倫をしてしまっても簡単に別れることはできないのです。「別れよう」という一言で済めば簡単ですが、別れてしまうとなれば様々な手続き、子どもをどうするのか、また慰謝料など、どんどん面倒なことが増えてきます。不倫によって離婚となれば自分の家族はもちろん周りの友人からも反対されるでしょう。これは男性だけの問題ではなく、不倫相手である女性の問題でもあるのです。

そこを理解した上でそれでも別れてほしいのか、自分だけのものにしたいという欲求を貫くのかを考えなければなりません。また男性にもそれだけの覚悟をしてもらわなければなりません。

 今の家庭と別の家庭を想像させる

男性が不倫をしているということは大きく2つの理由に分かれます

1つは不倫相手を本気で好きになってしまったという理由です。そうであれば気持ちは完璧に不倫相手の方に向いているため、覚悟を決めて離婚に踏み切る男性もいるでしょう。

もう1つの理由は今の家庭に居場所がなかったり、奥さんを女性として見ることができなくなったという理由です。長く共同生活をすると夫婦でお互いを異性として見ることができなくなってきます。しかし人間ですから、何歳になってもドキドキしたい、ときめきたいという欲求が出てくることがあります。それを満たすためにいるのが不倫相手です。どちらかと言えば後者の理由で不倫をする男性が多い傾向にあります。そのため家庭を捨てるということは考えていないので、不倫相手である女性からすれば自分だけのものにしたいと願っても簡単には叶えることができません。焦らずまずは今の家庭と、もしも自分と結婚した場合の未来とどちらがいいのかを想像させます。もし離婚を考えるほど今の家庭に不満を持っているのであれば、別の家庭もあるという考えは非常に喜ばしいことです。別れても後悔しないような明るい未来を想像させてあげるのが男性にとって救いになることもあります。

 自分の幸せの為にも、奥さんや子どものことも考えよう

不倫相手の女性が「奥さんと別れて自分だけのものになってほしい」という気持ちをストレートに伝えてしまえば、ほぼ間違いなくこの不倫関係はなくなってしまうでしょう。それは男性にも家庭があるからです。罪悪感を抱いていながらも家庭が大切であることに変わりはないのです。本気で別れてほしいと願うのであれば、男性と一緒に今後のことを真剣に考えてあげることが大切です。もちろん今後というのは男性と不倫相手の女性2人の未来だけではなく、男性の家庭の今後のことです。自分のものにしたいのであれば、あとでもめないようにしっかり話し合っておく必要があるのです。まずは男性がこれからどうしていきたいのか、不倫相手である自分とはどういう関係でいたいのかをはっきりさせましょう。奥さんに気持ちがなく、自分にあるということがはっきりしているのであれば、今の家庭をどうするかを考えましょう。この時に気を付けなければならないのが「欲を出さない」ということです。一刻も早く自分のものにしたいと考える気持ちは分かりますが、そこは後腐れなく離婚できるためにどうすれば穏便に事を済ませることができるのかを考える方が先です。

男性と同じように奥さんや子どものことを大切に考えてあげましょう。それがあなたのこれからの幸せに繋がっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る