ブログ

奥さんとの離婚は我慢の連続です!本気か遊びかはっきりしよう!

あなたは不倫相手の彼のことを、本気で愛しているでしょうか? それとも、お互いが大人の男女ですから、ちょっとした火遊びのつもりでしょうか? そのどちらともつかずに恋愛をしていると、苦しい思いをすることもありますよね。自分が彼に“本気”だと気づいたら、彼の離婚を意識して少しずつ行動を変えていきましょう。今回は、本気で不倫をしている方のために、奥さんとの離婚についてお伝えします。

本気or遊び、自分の気持ちははっきりしてますか?

valentinePAKU2847_TP_V

一口に不倫と言っても、そこにはさまざまな男女関係があります。中には、“体の関係”と割り切ってドライに大人の火遊びを楽しんでいるカップルもいるでしょう。しかしその一方で、不倫相手の男性に、これまでの恋愛で感じたことのないような燃え上がる気持ちを抱いている女性も少なくありません。中には「もし彼が今の奥さんと離婚してくれたら……」という強い思いを人知れず抱いている方もいらっしゃるでしょう。

あなたが今まさに渦中にいる恋愛は、本気遊びかはっきりしていますか? 「彼は私のために離婚してくれるのかな?」なんて気持ちがわいてきたら、自分の本音を無視してはいけません。実は本気なのに、気持ちを誤魔化して現在のような曖昧な関係を続けることは、他でもないあなた自身の心の負担になります。どうせ不倫だからと諦める前に、本気の恋愛を成就させるための行動に移してみてはいかがでしょうか?

自分が不倫相手に“本気”であることがわかったときにやるべき行動

ELL92_yorunotakibi_TP_V

もしも自分の気持ちが“本気”であるとわかったら、これまでと同じような関係を続けているだけでは、それ以上の進展は期待できません。不倫相手に本気である――そんなときにやるべき行動といえば、彼の離婚を促すことです。彼が既婚者である以上、あなたは世間から見たとき彼の愛人という位置づけになります。どれだけ彼を愛していても、またどれだけ彼があなたのことを想っていても、法律の上ではまだ定義できない関係なのです。

こちらが本気である以上、彼の離婚を期待している旨を一度は伝えておく必要があるでしょう。あなたが何も言わなければ、彼はあなたが“体の関係”と割り切っているものと勘違いしてしまう可能性もあります。こちらの気持ちが本気であり、決して大人の火遊びではないことを、あなた自身の言葉で彼に伝えてみてください。

奥さんとの離婚を待つときに必要になる“我慢”とは

AJG_waretachokotohana_TP_V (1)

いざ彼が離婚を決意したとしても、実際に離婚届を提出するまでにはそれなりの時間がかかります。もちろん、離婚のために奥さんと話し合いの時間を設ける必要もありますし、そう簡単に相手が納得するとも限りません。中には「離婚自体は了承するが、×年後までは離婚届に判を押さない」といった条件をつけられてしまうこともあります。子供のいる家庭では親権や今後の養育費などの問題も絡んできますから、そのあたりでも時間がかかるでしょう。

彼に奥さんと別れてほしいと思ったら、あらかじめ離婚を待つときに必要な“我慢”の時間についても理解しておきましょう。彼が奥さんと離婚するのには、時間がかかります。そして、子供がいる場合にはさまざまなハードルが存在します。あなたや彼が慰謝料を請求されることもあるでしょう。本気の不倫の末に待ち構えているのは、あなたと彼に極度の我慢を強いる離婚までの苦しい時間――それでも彼と一緒に困難を乗り越えられたら、晴れて2人は結ばれることとなるわけです。

“我慢をしている自分”は不倫相手に伝えるべき?伝えないべき?

TAKEBE160224430I9A0359_TP_V

さて、そんな我慢の連続となる奥さんとの離婚ですが、ここで気になる問題が出てきます。それは、不倫相手である彼に“我慢をしている自分”の気持ちを伝えるかどうかです。大人の事情である不倫は、周囲に相談できる相手がまったくいないこともあるでしょう。誰にも打ち明けられずに、ただひたすらに彼の離婚を待つ寂しさは、たったひとりで抱え切れるものではありません。そんなとき、ふと彼に弱音を吐いてしまいたくなることもありますよね。

彼に“我慢をしている自分”を伝えるべきかどうかですが、ある程度であれば打ち明けておいた方が2人の関係がより良くなることがあります。いくら仲の良い人間同士であっても、きちんと言葉で伝えなければ、心の中を知ってもらうことはできません。「彼ならきっと、私のつらい心の内を察してくれるでしょう」と黙っていても、大抵は伝わらないのです。

「どうして私が我慢しているのにわかってくれないの?!」というモヤモヤが怒りにつながる前に、彼に素直な気持ちを伝えましょう。その際は、相手を攻めるような言葉は決して使ってはいけません。あくまで主語を自分にするのが大切です。「私は我慢していることを誰にも打ち明けられなくて、つらいの」と、あなたの気持ちを素直に言葉にしてみてください。そうすることで彼が“我慢をしている自分”に気づいてくれます。ただし、あまりに度を超えてしつこく訴えるのは禁物です。加減が難しいところですが、上手に自分の気持ちを伝えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る