ブログ

交際相手がなかなか別れを受け入れてくれないときの対処法

男性は気持ちの切り替えが下手

今交際している交際相手のことが嫌になった時は別れ話をする必要があります。ところがせっかく意を決してこちらが別れ話をしても相手がいっさい受け入れてくれないという事が多々あります。別れを受け入れてくれないのは実は女性よりも男性側の方が比率としては多いです。これは男性側と女性側の性格の違いによる部分が大きいと言われています。一般的に女性よりも男性の方が気持ちの整理が下手で、諦めるまでに時間がかかります。ですから女性は相手の男性との恋愛がおわればスパッとその人の事を忘れることが出来る場合が多いのに対し、男性はいつまでも未練が残ったままでずっと自分の事を好意を持ってくれていると思い込んでしまうのです。こちらが別れ話を切り出したときに受け入れてくれて綺麗の別れてくれる男性はそれだけで普通の男性よりも人間が出来た相手だったという事になります。ところが実際にはなかなかそうはいきません。女性側から交際相手に対して別れ話をするときは長期戦になることを覚悟して腹を据えて臨むことが大事です。そしてもう一つ、大事なことは別れると決心したら別れることに成功するまでは相手に一切の情けをかけてはいけません。これから紹介する対処法を実践してみましょう。

相手との距離を徹底的にとる

遠距離恋愛というのは成就しにくい恋愛という事はとても有名です。距離があるという事はお互いの気持ちを冷めさせる効果はとても高いです。ですから、相手の気持ちを冷めさせるための対処法としては徹底的に距離をとるというのがあります。とはいっても交際相手と近くに住んでいる場合はわざわざ引越しをする必要はありません。遠距離恋愛がうまくいかないことが多いのは相手となかなか会えないからです。距離が交際相手と近くても遠距離恋愛と同じような状況にすることは可能です。相手に会うと相手に期待させてしまうので、まずは会う回数を徹底的に減らすようにしましょう。実際に会う回数だけではなく、メールやLINE、電話など、とにかく連絡をする回数をどんどん減らしていきます。受け入れてくれない相手に対する対処法の基本方針としては、こちら側にもう気持ちが全くないという事を交際相手に実感してもらう事が重要です。もちろん実際に会ってエッチをするなんてことはもってのほかです、エッチをしたらますます相手はあなたと離れられなくなります。しかし、エッチを徹底的にしないというのは対処法としてはとても有効です。男性側にとって付き合う上でエッチというのは重要です。エッチを一切させてくれなくなった相手に対しては気持ちが冷めていくようになります。

恋人同士の場合は手続きは必要ない

結婚している夫婦が離婚をするときには離婚届に二人が同意して提出する必要があります。夫婦が離婚する場合に離婚届を提出することは法律で義務づけられているので、離婚届を提出しない限りは離婚は成立しません。片方が離婚に同意しない場合、裁判所でお互いに意見をぶつけなければいけない時もあります。ところがまだ結婚していない、恋人同士が離れ離れになるときには特に提出しなければいけない書類も法律上で定められた手続きもありません。ですから、片方が相手と離れたいと思ったら、特に取るべき対処法というのは実は存在しません。離れたいと思ったら相手の事は一切無視しても良いのです、連絡手段を他って全く連絡しないようにしたとしても法律違反ではありませんし、罰せられるようなこともありません。ですが、曲がりなりにも今まで交際相手として付き合ってきた相手に対して一方的に気持ちを絶つというのはあまりにも失礼ですから、せめてこちらの気持ちを受け入れてお互い納得した上で離れ離れになろうと皆考えているのです。しかし、中にはいくらこちらが言っても全く受け入れてくれない相手も居ます。そんな相手に対する対処法はありませんし、何か対処する必要もありません。こちらの気持ちはしっかり伝えたわけですから、それで十分です。それでも別れてくれなくて困っているのであれば最終的に別れさせ屋に相談してみる方が得策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る