ブログ

不倫相手を奥さんから奪うための下準備

PAK88_unadarekabedon20140301_TP_V

不倫相手を自分のものにしたくなった時

最初から相手に奥さんがいることを知っていて付き合ったとすると、その時はもしかしたら軽い気持ちだったって方も多いのでは?自分も彼氏がいなくて年上だったり包容力があったりすると魅力を感じてしまうものです。さらに既婚者の男性ということは生活もきちんとできていたり、魅力があるからその奥さんとも結婚ができたということになりますし、男性としての魅力安定感というのもあるでしょう。そのカップルによって、最初から男性側から家庭を壊すつもりはないと言われていてそれを納得して付き合う場合もあれば、男性側が女性側に惚れてしまい、家庭を壊すことになったとしても付き合いたいという気持ちがある場合もあります。この場合には、離婚というのは後からということにはなりますが、女性も比較的優位になって付き合ったり、ある程度文句をいったりもできるかもしれません。しかしもし離婚するつもりはないと最初から言われているのに、自分がはまってしまったときには困ります。自分は将来的なことを考えても今のままでは何も進展しませんし、ただその時が楽しければよいということだけでは気持ちの整理も付かなくなってしまうこともあるでしょう。これがオトナの恋愛の難しいところです。

とにかく奥さんから奪うなら余裕が必要

不倫相手の奥さんから彼を奪うためには、男性側にも色々な準備がありますし流れもあります。まず2人の関係が奥さんにバレているのといないとでは話が違います。もしバレていないようでしたら、自分には慰謝料なども発生することもありませんし、あとは見守るだけです。しかし相手にバレてしまっているとなると、慰謝料や裁判に発展してしまうこともありますので、場合によっては弁護士を立てるなどの準備が必要となることもあります。奥さんから奪うということはかなり大変なことで精神的にも負担となってしまうこともたくさんあるでしょうし、焦りもでてきたりして相手にあたってしまうこともあるかもしれません。しかしそう行ったときに男性がなかなか動き出してくれなかったり、もどかし気持ちが後押ししてしまい男性を急かしたりいつ離婚できるのか、奥さんとはどうなっているのかとしつこく行ってしまいますと男性的にはかなり追い詰められることになってしまいますし、それが原因で破綻してしまうこともありますので要注意です。付き合う時よりも慎重になる部分は必ずありますし、相手に子供がいるとなればなおさらです。余裕を持って構えるという気持ちの方がよいでしょう。

プロに依頼をして別れさせるということもできる

今話題になっているものとして、弊社のような別れさせ屋というものがあります。それぞれのケースによってその方法アプローチの方法も変わってきますし、シナリオもそれぞれ異なります。プロの別れさせ屋に間に入ってもらうことで、ターゲットとなる人を別れさせる様に工作をかけます。準備も必要となることもありますが、基本的には奥さんから奪うということでもその別れさせ屋のシナリオに自分が登場することはほぼありません。ハニートラップのようにしてくれるときもありますし、その方法は相談しながら準備していくことができます。その際男性と協力して行う場合と、男性には相談をせずにこちら側で操作をして奥さんから奪うという方法と色々あります。それぞれのケースによってアプローチ方法も変わってきますし、まずは相談することから始めていきましょう。こういった手を使うのは卑怯だと思う方もいるかもしれませんが、やはり既婚者に別れてもらうというのは至難の技とも言えますし、自分ではどうすることもできない場合も多いのです。男性側にも慰謝料が発生しない形で離婚してもらうことができればなおよいでしょう。もし奥さんにバレていないようでしたらそれができる可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る