ブログ

不倫が不倫のままで終わってしまうパターン

相手が遊びとしか考えていなかった時

不倫が不倫のまま終わってしまう時に多いパターンとしては、相手が本気ではなく遊びだった時です。最初からそれを前提で付き合うかあるいは本気に見せかけるかは相手次第となりますが、遊びであった場合には当然相手は離婚をしてくれるわけもなく不倫のまま終わってしまうのは避けられません。このような場合、自分自身も遊びと割り切っていれば特に問題もありませんがいつかは一緒になることができると思っていると傷ついてしまうことが多いので注意が必要です。そして、不倫をしている時にどれだけ相手が本気だと言ってきても、現実的には離婚をしてまで一緒になってくれるというパターンはそれほど多くありませんから、不倫をする時には遊びであるという可能性を常に頭の片隅に入れておかなければなりません。期待しすぎれば泥沼にハマり込んでしまう可能性は高いので、不倫のまま終わってしまう可能性は高いということを理解しておけば実際にそのような状況になってもショックが少なくなりますから相手を信用し過ぎないことも大切です。実際にそのような状況に置かれると盲目状態となってしまうものではありますが、不倫のまま終わってしまうことは多いのです。

 

不倫が発覚した時はそのまま終わることが多い

不倫が発覚した時というのは、不倫のまま終わってしまうことが多いものとなります。このような状況の場合、夫婦間の関係が悪化して離婚をして一緒になることができるというケースも有りますが、その逆に不倫相手と関係を切ることで今回の件は不問とするというパターンが有りこれに当てはまってしまうとそのまま関係が終わることになってしまいます。慰謝料などが発生しなければまだましな自体とは言えるのですが、その後も関係を続けていくのは非常に難しく叶わぬ恋となってしまうのはこのパターンが多いものとなっています。そのため、なかなか上手く行かない時に関係を暴露して強引に別れさせようと考える人もいるかも知れませんが、そのようなことをすると逆の目が出た挙句に慰謝料などが発生する恐れもあるので早まってはいけません。不倫が発覚したことによって、自分にとっては最良の結果なるということはない話ではありませんが最悪の結果になってしまうというのも多い話なので焦って暴走をするような真似は慎むようにしましょう。冷静さを失ってしまうと多くの人が不幸になってしまう結末が待っている可能性があるので秘密にすることが大切す。

 

夫婦の関係が修復されてしまった場合

不倫をするときは配偶者に対して何かしらの不満を持っていることが多いのですが、その問題が解決したことによって心の拠り所を求める必要がなくなりそこで別れを切り出されてしまうということは有り得る話です。遊びであった一時的な気の迷いであったというパターンはこれに当てはまりやすいもので夫婦間の仲がそれほど悪いものではないというようなケースでは不倫のまま終わってしまいやすいものです。このようなパターンで傷つきたくないと考えるのであれば、相手の本気度がどのぐらいあるのかということを事前に確認をしておき配偶者との関係がそれほど悪いようなものではなければ、別れてまで自分のところに来てくれないかもしれないということを頭に入れておくようにしましょう。完全に冷えきっている状態であればともかくとして、そうでないのであれば二人の仲は再び良くなって他人が付け入る隙がなくなってしまうということは珍しい話ではないため結果的に遊ばれてしまった形になってしまうのは多いものです。

不倫というのは余程のことを除いてはかなり不利なものとなってしまいますから、不倫のままで終わらせたくない!不倫相手を本気にさせたい。奥さんとわかれてほしい。と願う方は是非別れさせ屋M&Mへご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る