ブログ

もう昔みたいには愛せない!同棲中の彼と上手に別れる方法

AJG_waretachokotohana_TP_V

事前にしっかりと計画を立てる!

同棲中の彼氏と別れたい場合、まずは新しい住まいを確保しておくことが大切です。これが準備できていないと、いつまでも情に流されて別れを切り出すことができず、時間だけを浪費してしまいます。新しい物件を契約しておけば、家賃がもったいないので引越の思い切りがつきやすくなります。また、彼氏が別れを拒否した場合でも新しい家があればとりあえずそちらへ移動して冷却期間を置くこともできるでしょう。もともと自分が借りていた部屋であっても、彼氏が別れを拒否して居座るのであれば自分が部屋を出て、しばらく距離を置くことも必要です。最初から同棲するために二人で借りた部屋であればどちらが出ていくべきか悩むところですが、一般的には別れを告げた方が出ていくケースが多くなります。賃貸物件を新たに借りる場合、ある程度まとまった資金や保証人、各種書類などが必要となるため思った以上に時間がかかることもあります。いざ別れることになったけど住む家が無いとなると、彼氏とかなり気まずい思いをしながらしばらく一緒に暮らさなければなりません。このようなことを避けるためにも、感情的に別れるのではなく事前にしっかりと計画だてて進めるようにしましょう。

別れを告げる方法やタイミングは重要!

同棲中の彼氏と別れる場合、別れを告げる方法やタイミングは最も気を使うポイントです。もし感情的なケンカの末に別れることになった場合は仕方ありませんが、そうでない場合はこのポイントに注意しておかなければ余計なトラブルに発展する可能性もあります。まずタイミングですが、最も良いのは休日の前の日がおすすめです。仕事をしている人でも休日を使って引っ越しをすることができますし、別れを告げられた彼氏も休日を挟むことで気持ちを切り替え、仕事や学校に行くことができます。どんなに嫌気が指している彼氏であっても、最後くらいは気を使ってあげましょう。また、別れ話の方法ですが、同棲している家の中は避けるようにします。2人きりではお互い感情的になってしまいますし、話を切り上げるタイミングも掴めないため、人目の多いほうが適しています。この時、別れを告げられて彼氏が落ち込んだとしても同情してはいけません。同棲している恋人同士はどうしても愛とは別に情も生まれるため、同情してしまうとそのまま別れられなくなるケースが多いのです。別れを考えた時の気持ちを思い出し、心を鬼にしてキッパリと別れるようにしましょう。

金銭関係もきっちり清算してからお別れする

別れを考えている場合、一番注意しておきたいのが金銭関係です。同棲中は財布が同じになっているカップルも多いのですが、中には自分の財布から彼氏に諸々の費用を貸していたというケースもあります。愛情深い時期はお互いのために気前よく貸し借りをしていても、いざ別れるとなると返す返さないで問題となるのです。また、同棲を始めるにあたって新しく購入した電化製品や家具がある場合、それらをどちらが引き取るかという問題も起こります。海外では、結婚する時に離婚した場合の財産分与などを予め決めておくという国も多く非常に合理的ですが、日本ではやはり最初から別れを想定して取り決めをする人は多くありません。貯金や家具類を分ける際には、友人を間に入れるなど冷静に話し合いできるよう工夫しましょう。また、生活費を口座引き落としにしている場合も要チェックです。引き落としされている場合は、同棲を解消しても光熱費などの請求がそのまま自分の口座に来てしまうため、うっかりしていると彼氏の生活費をいつまでも自分が支払ってしまうことになります。自分の口座から自動で引き落とされているものは無いか、別れる際にはきちんと確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る