ブログ

もう二番手の恋なんてしたくない!仲良しカップルを別れさせるにはどうしたらいい?

相思相愛のカップルは時間をかけ

相思相愛のカップルがいて、一方が自分とも付き合っているという場合に二人を別れさせるには、こちらの関係を良好に保ちつつ、時間をかけて双方の気持ちを話していく必要があります。こちらの関係が良好なことで、相手は次があるという安心感がありますし、長く様子を見てみると、どのような仲良しカップルでもけんかをしたり、相手に不満を感じることがあります。二人を別れさせるには、こういった仲が悪くなっているタイミングで、相談に乗る形で別れたい気持ちを後押しするのがおすすめです。といっても、相手をストレートに罵倒したり、別れるようにすすめるのは逆効果であり、同じようなカップルが破局した例などを出しながら、相手から答えを引き出させるのが良いでしょう。普段から嫌がらずに愚痴の聞き役になっていると、相手に対する不満も相手が頻繁に訴えてくるようになります。ただ、あくまでも自分は中立やカップルの維持を目指しているというスタンスで、不安をあおるような言い方をするのが最も効果的です。基本的には意見を言わず、聞き役に徹しておいた方が良いでしょう。何度か繰り返すうち、相手への不満が募り、自然と別れます。

二人が別れた後のつながりを極力断つ

カップルを完全に別れさせるには、二人が破局してからもしばらく様子をうかがっておくことをお勧めします。そもそも、別れさせるにはかなりの時間がかかりますので、ここで第一段階をクリアして気が楽になり、急にアプローチをする人がいます。しかし、これは失恋したばかりの相手に警戒心を抱かせることがあるため、慰める態で愚痴を聞いたり、遊びなどに付き合うのが良いでしょう。別れた相手から連絡があった時などは、いきなり反対するのではなく、このまま連絡を取り続けるといつまでも別れられないのではないかなど、軽く意見を言う程度にとどめましょう。反対がある恋は燃え上がりやすいため、確実に別れさせるには自分が敵にならず、相手のことを思ってのアドバイスの形でやんわりと防ぐ方がおすすめです。また、深夜の電話などの実根気良く付き合い、相手への未練を早く解消できるように努力しましょう。連絡が途絶えてからある程度期間が経過すると、女性の場合にはあまり復縁を望まなくなります。そのタイミングで、徐々に親しくなれるように会う時間を増やしていくようにすると、失恋の痛手が消えてこちらへの気持ちが大きくなりやすいです。

いっそこちらから身を引いてみる

別れさせたい人が自分と恋人を両てんびんにかけている場合、いっそのことこちらは潔く身を引いてみるというのも一つの方法です。二人の間で迷っている場合、別れを切り出されたり疎遠にされることで、逃げるものを追いたくなる人がほとんどです。別れを切り出して本当に縁が切れるのが不安という人は、これまでのようにメールに頻繁に返事をしたり、相手に合わせたデートなどをやめてみるだけでもよいでしょう。こちらにも気持ちがあれば、向こうから様子をうかがうような連絡が来ることがほとんどです。なお、こちらがあまり連絡を取らなくなってもどちらかを選んだりせずにまだ二人の間で迷っていたり、他の方法を試しても思うようにならなかった場合などは、別れさせ屋を雇ってみるのもよいでしょう。気になる相手の恋人にアプローチして二人を別れさせたり、お互いに対する不満や不信をあおったりしてくれます。自分でも動いてカップルの関係が崩れかけている場合などは、短期間で決着がついて意外と安い費用で済む場合もありますし、様々な方向から働きかけることで、別れさせる期間を短縮したり、確実に別れさせる可能性が高くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る