ブログ

だらしない彼氏と別れたい…相手を傷つけない別れ方

わざとだらしなく振舞う

だらしないのが嫌だ」という気持ちを相手にも味わってもらうという方法です。なぜ彼氏がだらしなさを改めないのか、それは自分がだらしないという自覚がないかしっかり者の彼女のおかげです。自分が動かなくてもきちんとやってくれる人がいればだらしないことに関して罪悪感もなくなってしまいます。それでは彼女の方がストレスを感じてしまっても仕方がありません。そんな彼氏を傷つけないように別れたいのであれば日頃感じている彼女の気持ちを彼氏にも体験してもらいます。お出かけをする際にはオシャレをするのをやめてすっぴんで外を歩くようにしてみたり、お家デートのときには何もせずにごろごろと寝転がってお菓子を食べたりというだらしなさをわざと見せるのです。最終的には「友達と遊びに行く予定があるからお金を貸してほしい」など金銭的なだらしなさを見せると男性は不安を感じ、たとえ大好きな彼女であってもガッカリしてしまうでしょう。そうやって振舞うことで自然と彼氏に嫌われるようにし、気持ちが離れていくのを待つのです。彼女からすれば本来の自分とは違う自分を演じて嫌われるというのは不本意かもしれませんが、彼氏を傷つけないようにしたいのであれば自分が嫌われ役になることも必要です。

仕事を理由に会う時間を減らす

仕事がうまくいっているときはプライベートがうまくいかず、プライベートがうまくいくときは仕事がうまくいかないというようにこの2つをバランスよく両立させることは実はとても大変なのことです。それを人は無意識にも理解しているので、それを理由に彼氏と会う時間を少しずつ減らしていくようにします。突然会う時間が減った上に態度も冷たいというような状態では浮気を疑われて喧嘩になってしまう恐れがあるので、あまり別れたいというオーラを表に出すのではなく「ただ仕事が忙しいだけ」というスタイルを貫くことが大切です。そんな彼女の様子を見ればだらしない彼氏でも「しっかりしなければ」という気持ちが芽生える可能性もありますし、それがなければどんどん会う時間を減らしていって最終的には別れるという流れにもっていけば自然です。会う時間が少しずつ減っていけば彼氏の気持ちも自然と離れて行ってくれる可能性もありますし、彼氏のだらしなさを理由に別れるわけではないので相手を傷つけずにスムーズに別れることができるでしょう。少しずるいと思われるかもしれませんが、仕事を理由にするというのはもっとも相手を傷つけない別れ方だと言っても良いでしょう。

本当の理由を言わずに別れ話をする

「あなたがだらしないから嫌になった」とストレートに言ってしまうと本人は傷ついていしまいます。もちろん本当に別れたとしてこの先彼が誰かと付き合うことを考えれば「だらしないのが原因で嫌われるかもしれない」という危機感を持ってもらうことは良いことなのかもしれませんが、もし彼自身が自分のだらしなさに気付いていない場合には一種のトラウマになってしまう恐れもあります。それを避けて彼氏を傷つけないように別れるには本当の理由は伏せた上で相手が「そういった理由なら別れても仕方がない」と思ってもらえるような理由を言うのが得策です。そういった別れた方が相手を傷つけずに済むでしょう。たとえば仕事関係の理由です。やりがいを感じているから今は恋愛をする気になれない、仕事に集中したいなどの気持ちを伝えるとだらしない彼には何も言い返せないでしょう。嘘をつくのは心苦しいかもしれませんが、相手を傷つけないように穏便に済ませたいのであれば時には嘘も必要です。自然消滅などは面と向かって話す必要がないので気が楽かもしれませんが場合によってはストーカー行為につながったり後々のトラブルを招く恐れがあるのできちんと話し合ってお互いに別れることに納得することが大切です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ

ページ上部へ戻る