ブログ

「結局奥さんのところに戻る…」を回避するには ?

男の本質を知れば視界が開けます

奥さんに不満で不倫をしている男性は世の中にたくさんいます。不倫に走るものの、結局最終的には奥さんのところに戻るケースも多く、遊ばれてしまった女性は非常に悲しい思いをするといった例も少なくないのですが、そういった悲しい思いを回避する必殺技もあるのです。男という生き物の本質を知れば、その作戦も見えてくるようになります。基本的に男というのは自分を立ててくれる女性に好感を抱きます。たとえ自分が間違った発言をしてもこの女だけは自分の味方だという信頼感があれば、その女性を決して離しません。

そもそも、結婚生活において、家で奥さんが旦那さんに対してそのような態度をとっていれば、旦那さんは外に女を作ろうなどとは考えなかったはずです。しかし現に浮気をしてしまっているということは、自宅で旦那さんは非常に窮屈な思いで過ごしていたと考えられます。不倫も最初のうちは不倫相手の女性と過ごし、そこで活力を得て現実の世界に戻っていくものですが、不倫相手と過ごす時間が非常にリラックスできる時間ともなれば、男は奥さんと別れて不倫相手と一緒になることも考えるものです。

要は「居心地の良さ」次第で先の展開がかわってくるとも言えます。

 

夜の生活の不満も不倫の大きな原因

結婚して夜の夫婦生活があるのは当たり前だというふうに考える方も多いですが、現実はそうではありません。現に性の不一致で不倫に走っていった。という相談者様も少なくありません。性の不一致で悩む男性も多く存在し、風俗に通って不満を解消している男性や、出会い系サイトでこっそり遊び相手を見つけている男性も非常に多いです。「床上手」という言葉がありますが、これを実践することにより、「浮気しても男は最終的には結局奥さんのところに戻る」という理論を崩すことが出来ます。素敵なセックスを提供してくれる女性を悪く思う男性はほとんどいません。生理的に受け付けない女性ならともかく、少なくとも不倫をしている女性に関しては女性的な魅力を感じるから付き合っている訳です。

そんな女性から、奥さんとのセックスで味わったことのない幸福感充実感を得られれば、男は奥さんよりも不倫相手と一緒になろう。と考えるかもしれません。自分にとってどちらが幸せかをじっくり考えた際、奥さんの所に戻ってします可能性も高いとも言えますが、毎日家に帰って満足の出来るセックスを提供してくれる女性がいた方がいいと考える男性もいます。

結局男というのは単純なものなのです。ただし、単純なところも物事の本質があるとも、そういったことを頭に入れておけば、不倫で遊ばれ捨てられて終わりという状況も回避できる可能性が出てきます。

 

束縛も男が嫌がることの1つです

「束縛」というキーワードも、男が女に対して嫌うことの一つです。奥さんの束縛に耐えられずに不倫に走る男性も多いですので、この「束縛」を一切しないことを頭において既婚男性と付き合えば、「既婚者は最後は結局奥さんのところに戻る」ということを回避できる可能性も出てきます。人間というのは禁止されればされるほどその物事をしたくなるのです。未成年者のタバコや飲酒もいい例ですが、家で奥さんが旦那さんにいろんな束縛をすると、かえって旦那さんは束縛の窮屈感で他の女性に走ろうとするのです。浮気していないか携帯を見せろと言われれば隠れて他の女性とメール交換もするようになります。見つからないかどうかというスリルを楽しむ男性すらいますので、「束縛」して男性がその状態の中に収まるということは極めて少ないと言えます。従って男性を自分のものにしたい場合、一切の「束縛」をやめることが得策です。こうすることにより、男性はその女性といて窮屈さを感じなくなります。その結果、本妻と分かれて不倫相手の方に来てくれる可能性が出てくるのです。

結局、男性にとって居心地のいい女になることで勝負が分かれるとも言えます。本妻よりポイントが上回れば、不倫相手から本妻に昇格できる可能性も出てきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る