ブログ

別れさせ屋を使ってストーカー被害を未然に防ぐ方法

別れさせ屋のストーカー対策とは?

別れさせ屋のストーカー対策は、警察に行ってもストーカーに対しての相談だけで実際には行動してくれなかったり、当事者を警告はしてくれても、ストーカー行為をつづけている当事者を追放してくれません。やられている本人は、恐怖と不安な毎日が続き最悪、事件になってしまうことも起こりえます。
その不安なお気持ちや恐怖を変化させるのが「別れさせ屋のストーカー対策」です。工作によって、当事者に違った興味を向けさせご依頼人の気持ちを徐々に遠ざけていきます。ストーカーへと変貌した方は、非常に危険な人物です。ご自身で行動するのは、身に危険が伴います。おひとりで不安や恐怖に悩まずに、別れさせ屋に頼ることも大切な選択です。

1.ストーカ化した元妻を引き離せた事例

彼女とは、半年前まで夫婦の関係でした。夫婦のときから、仕事のことや覚えもない女性とのことを疑ったりすることが多くなっていました。その行動や言動に嫌気がさし彼女と離婚決意。お互いに納得したうえで離婚したのにも関わらず、離婚の原因は何なのか?と毎日しつこく連絡をしてきました。仕事中はもちろん、プライベートの時間にも電話やLINEなどあらゆる連絡手段でコンタクトを取ろうとしてきました。最悪なことにわたしの住んでいるところまでおしかけてきたのです。
1度や2度は、注意程度でそのまま帰ってもらいましたが、その頻度は次第に多くなり、さすがに彼女の行動に恐怖を感じるようになりました。当時、交際していた人は居ませんでしたが、好意を抱く相手がいたこともあり今後のことも考え、別れさせ屋に彼女のことを相談することにしました。最初は、彼女とわたしの距離を離すことを目標にさまざまな工作が組まれました。彼女とは夫婦関係だったということもあり、彼女の行動範囲はおおよそわかっていました。その情報を先方へ伝え、ストーカーのようになってしまった彼女に十分に注意しながら、調査と工作が始動しました。彼女は、私の予想どおりで自宅にいるか週2回のパートに出かけるか買い物に行くか、そして私の家に訪ねるかがパターン化していました。その他の趣味などはなく、友人たちとも疎遠になっていることがわかりました。この状況から彼女は、私に執着したのでは?と考えられ、彼女に他の標的を見つけてもらうたように、男の工作員と女の工作員がペアになり工作を実施してくれました。その工作は、彼女の注意を引くことに成功し、見事に男の工作員へと標的が向けられ、私のところには次第に来なくなりました。以前のようなストーカー行為もぱったりなくなりました。それからは、私も悠々自適な暮らしと恋愛をできるようになり、別の新しい彼女と来月婚約することになっています。この被害を止めていなければ彼女を作るということすらできなかったので、今は感謝でいっぱいです。

2.ストーカーを引き離せた事例

彼とは、学校が一緒というだけの共通点のなく、話したことすらない人でした。在学中の時から、彼から好意を抱かれていると友人たちに聞いていたのですが、当時も付き合ってきた彼氏がいたこともあり、そこまで気に留めていませんでした。学校を卒業し社会人になった私は、就職し当時から付き合っていた彼氏とそのまま婚約する事に話が進んでいました。
その時頃から、大学の時に好意をいだかれていた彼からの嫌がらせが始まりました。最初は近所の子供のイタズラ程度に思っていましたが、日に日に彼の嫌がらせはエスカレートしていき、私の職場や友人たちへ作り上げたうそを流されたり、帰宅中や外出する時にあとをつけられていたり、とその行動は恐怖そのものでした。毎日続くストーカー行為をどうにかできないかと思い、今住んでいるところを引っ越しをしました。やっと彼から逃れられる!と思って安心をしていましたが、彼はどんな方法を使ったのか、わかりませんが私の新しい居どころをつかみ、再び嫌がらせをするようになっていました。
さすがに、私も怖くなり警察に届けをしましたが、
警察は、証拠や痕跡といった事実がないと動くことはできないといわれてしまい、私は行き場のない思いと不安感から精神的にも参ってしまっていました。結婚も控えてることもあるし、こんな状況が毎日続いていたら殺される!と真剣に思い、状況に応じて対応してくれる別れさせ屋にお願いする事にしました。工作が始まる前に嫌がらせをする彼のことから調査が開始されました。調査を進めていくと、彼がなぜ私の居どころが分かった理由や、当時から私のことを監視していたということも分かりました。それを聞いた時は、本当に気持ちが悪いと思ったし生きた心地がしないようでした。
すぐにでも彼と離れたくて、早めに工作を実施してもらうようにお願いをしました。粘着質な彼の注意をどうやって引くかを検討され工作が始まりました。はじめの方は、彼からの嫌がらせやストーカー行為がありましたが、3カ月を過ぎたころから嫌がらせがおさまり、ストーキングも無くなっていました。そして、私自身も工作がうまくいってる最中に、さらに引っ越しと付き合っていた彼との結婚を決め、ストーカーをする彼からと遠ざかるように存在を消していきました。
しかし彼の性格上、いつ豹変するかわからなかったのでこの時点では確実に安心はできませんでした。それから工作を開始して1年がたち、ストーカー行為や監視といった行為やいやがらせは無くなっていました。私は、彼がまたストーカー行為をしないかがとても気になり、彼の現在の所在やいま何をやっているのかを聞くと、ストーカー行為をしていたことが勤めていた会社に見つかり、左遷となっだそうです。左遷先も私たちの住む地域とは全く真逆の街で現在は、静かに暮らしているとのことでした。その話を聞いて、初めて安心した生活ができると思いました。最初は、恐怖と不安で毎日誰かに見られているのではないかという恐怖と戦っていましたが、
別れさせ屋を利用したおかげで、今後は幸せな生活がおくれそうです。

別れさせ屋のストーカー被害を防ぐには?

ストーカーの多くは嫉妬深く、コミュニティが狭く相手に依存してしまう事があるようです。
自分の感情をコントロールできずに相手に強く要求して被害者に恐怖や不安感を与えます。しかし、当の本人はそれを理解していません。愛情だと思っているのです。
昨今では、ストーカー被害により死亡事件なども多発し、現在も警察が未対応の案件が300件以上存在します。ストーカーはニュースなどでみるよりも実際はとても怖いものです。警察へ行き相談することや事前に防げる対策をご自身で行うことはもちろん重要です。
しかしご自身でできる範囲は限られていますし、警察も対策までしか行動に移してはくれません。最悪なことに事件にいたらなければ警察は当事者を追放してもくれません。別れさせ屋は、ストーカー被害を食い止める工作を実施します。少しでも不安があるときは、相談をするだけでも少しは、不安な日々が変わるのかもしれません。
お問い合わせフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ

ページ上部へ戻る