ブログ

彼女と旦那を離婚させたい!不倫関係に終止符を打ってもらう方法

家族の愚痴や不満を聞いて対策を

不倫相手を旦那と離婚させたいという場合には、敵の様子を知るという意味でも家族の話をきちんと聞いておくことが重要です

不倫相手はなかなか家族の話をしないものですが、嫉妬したり責めるのではなく、肯定的に聞いていくと、徐々に家族の愚痴や不満を話すようになります。
旦那と離婚させたいとき、不倫相手が結婚生活に不満を持っていると、離婚を促しやすくなります。

また、高収入であったり、きちんとしている男性と結婚している女性は、意外と家庭に不満を持っています。相手がきちんとしすぎているため、自分が劣等感を無意識に感じており、息苦しさから不倫に走るというケースが多いためです。

これ以外のタイプが夫になっている場合でも、何らかの不満があるときには、自分がその不満点を改善できることをアピールすれば、家庭よりもこちらとの関係を重視する方向で傾いてきます。
元々、不倫をする女性は家庭に何らかの不満を持っている人がほとんどです。そして、恋愛状態になると周囲を冷静に見ることができなくなりがちですので、離婚させたいときにはお互いの気持ちが燃え上がっているタイミングを選んだほうが良いでしょう。そのための情報収集です。

こちらに執着を持たせるようにする

家族に対して愚痴や不満などが出てこないときには、こちらがより魅力的に見えるように努力します。リップサービスやサプライズなどで、家庭よりも自分と過ごしているほうが楽しいと思わせるようにしたほうが良いでしょう。
また、抜け目のない女性は両方からいいとこどりをしようとしていますので、あまりいいなりにならないことも大切です。旦那と離婚させたいときには、離婚するまでは旅行にはいかないデートの時間を制限するなど、目の前にご褒美をちらつかせるのもよいでしょう。

いつでも相手の希望通りに行動していると、現状に満足して離婚まではなかなか思いつかないものです。特に、収入面で旦那が有利であったり、子供がいる場合などは離婚に踏み切るにもかなりの覚悟が必要ですので、こちらと別れられなくなるように、恋愛面で二人の結びつきを強くしておきましょう。また、離婚した後の生活などについても、ある程度の見通しを立てておくことで、離婚後の将来を予想しやすくなりますので、別れる方向に傾きます。女性の場合、生活面に関してはシビアな考えを持っている人が多いですが、恋愛に夢中になると離婚を後押ししやすくなります。

不倫相手が焦るような状況をつくる

離婚させたい相手がぐずぐず判断を保留している場合には、相手を焦らせることも大切です。期限を決めて、それまでに離婚しなければ別れると自分の気持ちに踏ん切りをつけるのもおすすめです。いつまでも別れる気がない人は、決断を先に保留しながら結局離婚まで踏み切ることができません。具体的な期限は伝えず、そろそろ身を固めたいので、将来が見えないのであれば別れようと伝えてみるとよいでしょう。
また、面と向かって離婚を迫ってみるのも場合によっては効果的です。二人の関係が盛り上がっているときに離婚を希望すると、相手は離婚後の再スタートによる幸せな生活をイメージしやすくなりますので、その実現のために急いで別れ話をすすめようとします。

いずれにおいても、結婚と同様に離婚もタイミングが重要です。相手との恋愛状態を維持しつつ、その関係の終わりをにおわせたり、逆に気持ちを盛り上げることで、離婚を後押しするタイミングも見つけやすくなります。もちろん、離婚には略奪愛が周囲に知られたり、慰謝料を請求される可能性などの大きなリスクが付きまといますので、これらについても準備をしたうえで話をすすめましょう。

当社のような別れさせ屋を使う事で自分にリスクを掛けずに対象となる夫婦を別れさせる事も可能になります。略奪愛の場合、周りの目を気にしてしまうこともあるでしょう。この様な場合には離婚原因を不倫相手の奥様にする事で世間体を気にする事なく離婚後に一緒になれます。別れさせ屋が別れさせる為に行う方法は当社まで直接お問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る