商品一覧

復縁工作 事例

復縁屋のM&Mが過去に行った復縁工作の事例

復縁工作 事例

事例① 依頼者の男性が元彼女と連絡が取れない状況での復縁工作を希望していた事例 事例② 喧嘩別れしてしまった恋人との復縁を望んでいた女性からの依頼による事例です。

復縁工作 事例集その①

埼玉県浦和市の男性、Cさん(28)からの依頼。
Cさんには1年半付き合っていた彼女(Rさん)がいたのですがCさんが出来心で浮気をしてしまい、その好意がRさんに発覚してしまい、別れてしまったとの事でした。猛烈に反省をし、後悔をしたCさんは心改めRさんに復縁を求め続けていたのですがまるで相手にされず、ついには連絡すら取れなくなってしまい弊社の復縁工作にご依頼したとの経緯でした。まず弊社が目標としますのはCさんがRさんと連絡を取り合える様にする事でした。
提案したものはRさんに女性工作員を接触させ、交友関係を築いてそこを口火にする方法です。2週間ほどRさんの行動調査を繰り返し、理想の接触ポイントと特定したのはRさんが週に1回通っている料理教室でした。
直ぐに弊社の女性工作員もその料理教室に通う事にしました。
幸いその料理教室は個人で運営されている規模の小さいものでしたので、Rさん含め他の方々全員と早い段階で仲良くなる事が出来、Rさんとの連絡先の交換にも至りました。

その後は普段からもRさんと頻繁に連絡を取り合い、買い物やランチなどに2人で出掛ける程仲良くなったのです。
それだけ一緒にいれば様々な会話をします。
その中から工作員が会話を操り元彼の話などをしていきます。
Rさんも自然に元彼(Cさん)の話をしてくれ、そこでもやはり「もう連絡も無視している」との発言がありましたので、そのRさんの行為を全否定するかのように「子供じゃないんだからちゃんと向き合ってあげて」などの助言を繰り返しました。

Rさんも工作員の姉御肌にはいつも素直に言う事を聞いてくれていましたので、その時もそれは素直に「分かった。むしろこっちから連絡して無視していた事を謝る。」と言ってくれたのです。

直ぐに弊社のCさんの担当員がCさんと連絡を取り、Rさんから連絡が来る事を伝えその時の対応の仕方を徹底的にアドバイスしました。
そしてその日の夜実際にCさんにRさんから連絡が来ましてアドバイス通りの対応をしてくれたそうでその電話中に食事に行く約束まで取り付けていたのです。

その報告を受けて、「それは出来過ぎです。」とCさんと喜んだのを鮮明に覚えています。

そこからは頻繁にとまではいきませんがたまに食事の席は設けられていたので、そこに工作員がRさんの友人として同席し、それ以降は3人で集まる様になっていき、そうすると頻度もたまにではなく3日に一回ぐらいのペースで集まる様になり、その過程の中でCさんは勿論頑張りましたが工作員の上手い話の持って行き方で2人の仲はどんどん元通り以上になっていったのです。

通常の恋愛ですと告白のタイミング、今回の場合は復縁を求愛するタイミングが難しいところなのですが、ここが復縁工作のメリットでもある工作員によって相手(Rさん)の気持ちが通通になってしまうんですね。
工作員の判断により、もういいだろうというタイミングでCさんが全力で復縁を迫ったところ、Rさんは非常に気持ちよくCさんとの復縁を受け入れてくれました。

この様にお一人の力ではどうしようもなかったケースでも上手に対象者の心に入り込み、上手にご依頼者様と対象者の関係をリード出来る工作員がいます。
そしてその工作員の能力をフルで発揮出来る様に事前に調査をしてくれる優秀な調査員がいます。
これが総合恋愛工作M&Mの「復縁工作」です。

【ご契約内容】
着手金:160万円
成功報酬金:30万円
工作期間:3ヵ月半
実働回数:28回
※着手金は契約時は100万円のご契約だったのですが、途中で60万円追加して頂く事となり、最終的な着手金と成功報酬金の額がアンバランスになっております。(着手金を追加されても成功報酬金は変わりません。)

復縁工作 事例集その②

神奈川県横須賀市の女性、Sさん(30)からの依頼。
3年ほど付き合っていた彼氏(Aさん)とケンカをして、別れることになったものの、時間が経つにつれ、後悔の念が強くなってきたそうです。その後、恋愛工作を扱っている色々な探偵・興信所等に連絡を取った結果、弊社の恋愛工作に決めて頂き復縁工作がスタート致しました。復縁工作は別れさせ屋工作以上に簡単なものではありません。
何故なら「別れるに至った原因」を根本的に解決しない限り、一時的に復縁したとしても結局、将来的にはまた別れることになってしまう可能性が高いからです。復縁工作にはご依頼者様ご本人のご協力と努力が大切なのです。
ご本人が「別れた理由」をハッキリと分かっていれば良いのですが、何が原因なのか分からないケースの場合は相手に接触して復縁工作を行う前に、相手から「別れた理由」を入手しなければ復縁工作を完全に開始することは出来ません。

今回のケースではAさんの仕事が忙しいにも関わらず、Sさんがほぼ毎週「会ってくれ」と言っていたことが別れるに至った原因であると分かりました。
こういった理由を解決せずに、その場しのぎの復縁工作を行うことも可能ではありますがそれでは将来的にまた同じ理由で別れてしまうことになるでしょう。

M&Mは、この復縁を成功させるためにはSさんも努力をする必要があるということを伝え、その「努力が無理であるならば、多大なお金を復縁工作に使うのはもったいない」とSさんにハッキリと伝えました。
Sさんはその言葉を受け入れ、努力をすると約束して下さいました。
その日からSさんとM&M、二人三脚の復縁工作が始まりました。
Sさんが頑張ってくれている…「何としても復縁工作を成功させて幸せになって頂きたい」その思いを胸に、弊社も全力で復縁工作に挑みました。

そして約2ヶ月後、SさんとAさんは復縁し、今ではご結婚されています。
この復縁工作が成功したのはM&Mの工作力ももちろんですが、Sさんの復縁したいという思いと、そのための努力を惜しまなかったことが大きな要因です。
本案件では依頼者のSさんと友達という設定の女性工作員を用意し、その女性工作員をAさんに接触させる事で友達になりました。交友関係の構築に成功した後に、女性工作員がAさんに対して依頼者Sさんの話を持ち掛けて復縁を斡旋するという手法にて工作を実施致しました。

【ご契約内容】
着手金:120万円
成功報酬金:30万円
工作期間:2ヵ月半
実働回数:20回

別れさせ屋のM&M お試しプラン
別れさせ屋のM&M お問い合せ
別れさせ屋の恋愛工作サーチ
ページ上部へ戻る